イスラエル・大雪のエルサレム観光

2013/12/12 (6日目) 続き

13:55 聖墳墓教会を出て、旧市街をユダヤ人地区へと歩き、嘆きの壁トンネルツアーから旅の道連れになった大学生とお別れします。ベツレヘムを見てからヨーロッパ入りしたいと言っていた彼の旅はその後どうなったでしょうか。

14:10 バートンハウス近くのHAROVAというレストランで遅めのLunchを取ります。神殿の丘を見渡せる見晴らしのいいレストランですが、皆さん暖を取るのが優先で、もう雪景色なんて見たくないという感じです。

エルサレム旧市街神殿の丘を見渡せる絶景レストラン


15:05 シオン門よりバスにのりハダサ病院へ向かいます。日程上は明日に組み込まれていましたが、明日金曜は閉館日なので入れ替えるとのことです。午前中から開いてるか電話をしても出ない、ものの本によると16時までと書いてあるから行ってみましょうと現地ガイドは言いました。

ハダサ病院にはシャガールが寄贈したステンドグラスがあるので、それを見に行くのですが、病院は旧市街からはかなり離れており、新市街を通り西の方へと向かいます。新市街はいかにも近代的な建物や、変わった建物が多く見られます。

エルサレム新市街


雪山のような所に差し掛かり、眼下に目立つ教会が見えました。聖ヨハネ生誕教会です。ここは明日来る予定ということでスルーです。(結局は行けませんでした・・・。)

聖ヨハネ生誕教会


15:40 ハダサ病院に到着です。近代的な病院で、医療水準も高そうなことがすぐにわかります。ですが、ステンドグラスのあるシナゴークまで行くとドアが閉まっています。
雪のため係員が出勤しなかったようです。

ハダサ病院


しかし、ドアには「開館時間は日曜から木曜の8:00-15:30」と書かれた案内が張ってありました。帰国後私はユーラシア旅行社に、行程のミスであり雪が降って無くても時間を過ぎて見れなかった、と旅程保障を求めましたが、「事前に16:00までと交渉してあった」などと言い訳をされました。現地の案内とは違うし、旅行会社に対しまた不信感が増える結果になりました。

さて、せっかく他の予定と入れ替えてまで遠くまで来たのに見れないなんて、と思って、建物の外側からだけでもと、そのシャガールのステンドグラスを見に行きました。3枚ずつが4方にあるもので、裏からは鉛線が見えるだけです。ハンダ付けは丁寧にされていましたが、色も柄もわからずさっぱりその美しさがわからずとても残念です。

ハダサ病院シナゴークにあるシャガールのステンドグラス


16:30 皆さんの要望もありホテルへ帰る前にスーパーマーケットへ立ち寄ることになりました。改めて物価の高さを思い知ります。日本より高いものがほとんどです。例えば板チョコが1枚200-300円くらいします。私はワインなどをクレジットカードで購入、6000円ほどでした。私が海外でする買い物としてはかなり高いです。

エルサレムのスーパーマーケットでお買い物


17:05 連泊のプリマ・ロイヤルホテルに到着。
ホテルで夕食後、ロビーでネットしてたら停電が起きました。なんかもう慣れてきました。原因は明らかに雪のせいなので、復旧にはしばらく時間がかかりました。

2013/12/13 (7日目)

朝、窓の外を見ると、さらに雪が積もっています。ざっと30cmはありそう。アンテナが折れたとかで、TVまで見れなくなりました。

8:00 観光のためホテルを出発する予定でしたが、大雪のため、バスを動かせないし、警察からも止められているとのこと・・・。本日観光はキャンセル、希望者のみ徒歩にてできる所まで観光と変更になりました。ホテルの目の前にも大木が倒れ、道も何もない状態です。(写真:T添乗員提供)

ホテルの前で雪の倒れた大木


8:40 希望者で歩いて観光へ向かいます。大通りを歩き、おしゃれなショッピングモールまでやってきました。雪がなければ気軽にホテルから歩ける距離で、夜12:00とかまで開いてますが、スーパーなどはありません。通りにはアートがいっぱい並んでいて、買うこともできるようになってるそうです。(写真:S氏提供)

エルサレム新市街のショッピングモール


9:20 やっと旧市街の入口、ヤッフォ門の前へたどり着きました。どこもかしこも一面雪だらけで人影もまばらです。

ヤッフォ門前


皮肉なことに晴れてきました。旧市街の城壁の内側に見えるのはダビデの塔です。
紀元前20年にヘロデ王が要塞として建てたものが、各時代に増改築され今に至っています。

雪のエルサレム旧市街ダビデの塔


アルメニア地区を歩き、途中セントジェームズ教会でアルメニア人虐殺の話をガイドさんに聞きます。その後、シオン門をくぐりシオンの丘へと向かいます。

10:20 マリア永眠教会にて20分休憩の後、教会を見学します。最後の晩餐もこのあたりのどこかだったと思われていますが、はっきりとはわかっていないようです。(写真:T添乗員提供)

マリア永眠教会


教会の地下には、マリア永眠の像が静かに横たわっていました。このマリアの上には、めずらしく女性の系図が描かれています。(写真:T添乗員提供)

マリア永眠の像


マリア永眠教会から奥にある、最後の晩餐の部屋と言われている所へ行ってみますが、ドアが閉まっていました。

さらに奥、ダビデ王の墓へとやってきました。ここはダビデの時代のシオンではないので、場所としては間違っている、とガイドは説明します。ダビデの時代にはシオンはもっと谷の下の方にあったらしいです。要するに宗教的な存在で、現在シナゴークなので、男女別、石棺の左右半分のところでエリアが分けられています。(写真:T添乗員提供)

ダビデ王の墓


ダビデ王の墓のシナゴークの2階に最後の晩餐の部屋があるのですが、開いていないので、屋上へあがって景色を眺めました。オリーブ山やヨルダンの山並みなどが見えました。今回、どうやらオリーブ山の観光はできないことになりそうです。

最後の晩餐の部屋屋上から見たオリーブ山


シオン門前を通り、鶏鳴教会を目指しましたが、やはり開いていませんでした。城壁沿いには遺跡っぽいものが残っていますがこの辺りがダビデの町でしょうか。道の反対側の谷の下が昔のシオンだそうです。この辺りで、アラブ人の雪合戦にまた怒ってしまったガイドと一触即発ムードが漂いました。ガイドさんも現地暮らしが長すぎて血の気が少し多くなってしまったようです。

糞門から再び旧市街に入ります。神殿南の壁の所はそのまま考古学公園として残されているようです。南の壁考古学公園は見学の予定が入っていましたが、昨日の行程変更の影響もあり、結局またのお楽しみ、ということになりました。

南の壁考古学公園


再び嘆きの壁へ。無事にこの旅が終わることを祈り、壁を後にします。なんだか滅茶苦茶な観光になり、雪のせいなので誰を恨むこともできません。

雪のエルサレム嘆きの壁広場


嘆きの壁からはひたすら西に歩きヤッフォ門を目指します。足元は滝の様に水が流れ、上からも解けた雪が落ちて来ます。皆さん靴の中までびしょびしょで、凍傷状態らしいですが、私の合皮ブーツは全然しみないし、全身ヒートテックで、まだまだ観光したい気満々でした。

ヤッフォ門から来た道を引き返し、12:45 ホテルに到着、ホテルで昼食を食べます。

次回はイスラエル旅レポートのラストレポート、ベツレヘムへのチャレンジと大雪のエルサレム脱出、テルアビブまでをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

面白いお話に感謝☆

イスラエルの物価って何で高いん?
周囲からボイコットされてて、物資を欧米から輸入してたりするから?
……俺にわかる程度に教えて下さいw

Re: 面白いお話に感謝☆

イスラエルは中東だし、私の写真とか見てると旧市街とかのものが多いけど先進国、なんですよね。
私はIT関連の仕事をしていたことがありますけど、ハイテク分野の最先端はイスラエルですよ。

私なりの理解では、まずこの国は軍事費などに莫大な金がかかるので、税金がとっても高い!
そして、自国の生産品が少なくて輸入品が多いってのが物価が高い大きな理由じゃないかと思います。

こんにちは!

遠いところまで出かけての手違いは痛いですよね~

やはり 自然現象には勝てませんからね
旅ににはつきものかな~


私が写真で見る限りでは
雪景色もいいよな~とおもうけど(^O^)

現地だとね~?ないかと・・晴れがいいですよね

Re: こんにちは!

寒さと防水対策ができていたので、私も雪もいいねーって思ったんですけど、
予定していた観光がほとんどできなくなってしまったのが手痛かったです。
主日観光三昧の予定が、予定通り行けたのは、ダビデ王の墓、だけですから!あ、それも実は前日の分だったっけ。本来の工程のものは何一つ行けなくて、雪の中の散歩になっちゃって。

やっぱり晴れが一番ですね!雪のエルサレムが見たいなんて皆言ってたのですが
言ったことを後悔した人は多かったようです(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR