イスラエル・ハイファ

2013/12/08 (2日目) 続き

16:20 アッコーを発ってイスラエル第3の都市ハイファへ向かいます。イスラエルと言えば私の印象はハイテクに強い先進国、車窓風景もそんな町に見えます。

ハイファの北にある町


ハイファの中心に来た頃には季節柄もう暗くなっていました。本来ユダヤ教が多いイスラエルではクリスマスはやらないのが普通ですが、最近は商業的には少しずつ増えてきているそうで、宗教的にオープンなハイファの町はきれいなクリスマスイルミネーションで飾られています。

17:05 この後、展望台にあがる予定ですが、中心部のベン・グリオン通りを通っている時、展望台よりここで写真撮りたいって前方に座っていた私がテンション高めに言っていたら、ここでも停まりましょう、と写真ストップしてくれることになりました。山の中腹にライトアップしているのはバハイ寺院のバーブ廟です。

ハイファのベン・グリオン通りとバハイ寺院


近くのロータリー交差点は真ん中に大きなクリスマスツリーが立っています。
このベン・グリオン通りはヨーロッパの町と同じような、おしゃれで洗練された通りという感じで、各お店などの飾りつけもとても素敵でした。

ベン・グリオン通りのクリスマスツリー


17:20 高台のカルメル地区の展望台にて写真ストップです。このツアーの企画者は夜景鑑賞のつもりではなかったと思いますが、クリスマス前ということもあり、むしろ夜の方が良かったかも知れません。ハイファ港とハイファの街が宝石のように見え、遠くにはアッコーの町の明かりも見えます。

カルメル地区の展望台から見たハイファの夜景


ちょうどバハイ寺院の上にあたる場所です。斜面に作られた広大なバハイ庭園の中心に廟があり、このカルメル山の施設が本部です。バハイ教は、誰もが知っている他の宗教全てを包含するような宗教ということで個人的に共感を感じました。

ハイファのカルメル地区展望台から見たバハイ寺院とハイファの夜景


展望台の所には門があり、昼間は庭園を見学するツアーが出ているらしいです。もう真っ暗なので、庭がどんなかまったく見えませんが、代わりに素敵な夜景が見れたので満足です。

カルメル地区の展望台から見たバハイ庭園への階段


17:55 ハイファのホテル、アート・ギャラリーに到着です。初めて使うホテルらしく、道に迷ったのか、最後は近所でホテルの人を乗せて向かいました。古そうな建物で見るからに中級クラスのホテルです。

アート・ギャラリー


エレベータは小さく、外ドアを自分で開閉するタイプ。部屋によって広さがだいぶ違ったようですが、私の部屋はかなり狭めでした。このベッドの右もすぐ壁です。カーテンの向こうにはベランダがありますが、ベランダへの扉には隙間があり、冷気が入ってきます。

アート・ギャラリーの部屋


部屋にはポットがあります。そして、冷蔵庫(中は空)だけなぜかとても新しいのが印象的でした。リネンも古く、ツアーで使うにはランクの低いホテルという印象です。Wi-Fiは無料ですが、とても遅くタイムアウトの連続でした。

電気製品だけ新しいアート・ギャラリー


18:20 ホテルの周辺は商店街のようなので、部屋に入ってすぐに外を散歩してみることにしました。そこそこ大通りなので、一人で出歩いても大丈夫そうです。

アート・ギャラリー前の商店街


商店街は個人商店で、ホテルの目の前はお菓子屋さんです。現地通貨を持たないので、個人商店ではお買い物もできないだろうと、ウィンドーショッピングに終始します。

アートギャラリー前の御菓子屋と公衆電話


スーパーマーケットのようなお店は見当たらず、個人商店ばかりです。しかも、いかにも安物を売っている微妙なお店が多いです。(他の町で見たものより遥かに価格も安いし、品質も悪いものを売っている)

安物を売る商店街


わき道に入り、他の道も歩いて見ましたが、怪しげなお店も多く、一人じゃちょっとなと思う雰囲気が漂っていました。道の真ん中に泡ブクブクの噴水とか、ちょっと変でしょう。

裏道の噴水


30分弱プラプラ歩いてホテルに戻り、19:30 ホテルで夕食です。ビールは小ビンが5ドル、グラスワイン7ドル、ソフトドリンク5ドルといった値段でした。

夕食後、部屋に戻ったら、食事中に部屋に入られた形跡がありました。ゴミ袋が交換されていたのですが、パソコンや鞄をいじられた跡があったので被害がないかあわてて確認しました。貴重品を出しっぱなしにした私も油断しましたが、鞄の中まで開けて触った形跡があったのです。被害は特になかったようですが、添乗員さんに翌日報告しておきました。

2013/12/09 (3日目)

朝、小腹が空いたのでお湯を沸かして、カップ麺を食べました。食べ終わって、湯沸しを片付けようとした時、突然停電に見舞われました。びっくりして、湯沸しのキャップを落とし、ベッドの下にコロコロと転がってしまいました。後で拾うのに苦労しました。

真っ暗なので、カーテンを引くと、外は雨が降っていました。外の薄明かりと懐中電灯を頼りにパッキングなど準備をします。真っ暗な中で手探りで顔を洗うのは結構大変。すぐ復旧すると思っていた電気はつく気配もありません。

7:00 レストランへ行くとやっぱり電気がついていません。雨のせいで付近の区画ごと停電しているそうです。ハイテクなのに、雨には弱い国、なのでしょうか。そういえば雨はあまり降らないから貴重だって言ってたっけ・・・。小さなキャンドルで朝食です。それも電気が必要なものは出せないということで、ありもの、という感じです。なんだか朝から妙な雰囲気です。カップ麺食べておいて助かりました。

ろうそくの明かりで朝食


7:50頃、出発の10分前になってようやく電気が復旧しました。1時間半も停電してたのですね。こんなこともあるので、やっぱりミニ懐中電灯はいつでも出せる場所に持っていないといけませんね。

次回はナザレをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ウィンドーショッピング
いいですよ~私は好きです

ayaさん噴水じゃなくて、折角 露天泡のお風呂があるのに頂かないと(笑)

Re: No title

こんにちは!

アジアの主要都市っぽい商店街でしたね~。

噴水、ただならぬ雰囲気でしたよ。近くには過激な夜の商売のお店もあったし
ここでお風呂してたら、いくら?とか聞かれちゃうかも~(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR