プエルトリコ・夜のオールドサンファン

2013/11/19 (5日目) 続き

フォタレサ通りを歩き始め、ピニャコラーダ発祥の店バラキーナ(Barrachina)の前にきたら日本人が続々出てきました。クラブツーリズムのオプショナルツアー(8000円)に参加した人たち、カクテル一杯付きで、ショッピングフリータイムになった所のようです。丁度喉が渇いていたので、一杯飲もうかと思いましたが、ピニャコラーダは好きなカクテルではないので、スルーすることにしました。

ピニャコラーダ発祥の店バラキーナの脇には記念プレート


次の角を曲がり、アルマス広場の手前で、添乗員に遭遇しました。目の前のコーヒーショップがオススメというので、ここで喉を潤すことにしました。Cafe Poetico、お土産にコーヒー豆もオススメだというので、1つ買います。店員の感じもいいし飲み物は3ドル台でした。

Cafe PoeticoとSuperMax


落ち着いたカフェはカウンターからソファまであり、広くはないものの落ち着けます。嬉しいことにWi-Fi付きです。船のInternet接続は高くて遅いので、こうして寄港地で休憩がてら使うのがよさそうです。

Cafe Poetico店内


気が付いたら、18:40。45分カフェにいたようです。疲れも取れたし、と外へ出てみるとびっくり。あれほどカラフルだった街がセピアに染まっているではありませんか。たくさんいた観光客も激減し、違う街に来てしまったかのようです。

夜のオールドサンファン


カフェの隣にSuperMaxというスーパーマーケットがあったので、ちょっと覗いて見ます。ビール売り場には、素敵な瓶がずらり。瓶が主流のようですが、缶(300ml弱)もあったので、お菓子と一緒に購入しました。

プエルトリコの瓶ビール


あたりはもう真っ暗になり、静かな道になりましたが、フォタレサ通りをコロン広場まで歩きます。街灯が少ないせいか、横道などは何とも言えない雰囲気です。

セピア色の街


19時を過ぎて、ほとんどのお店が閉まっています。そんな中、一軒のお土産屋が開いていたので、Tシャツを購入しました。

サンファンのお土産屋


コロン広場までやって来ました。この広場にはコロンブス像が建っています。この裏側にはサン・クリストバル要塞があるので、オールドサンファンをくまなく見て回った感じです。

コロン広場のコロンブス


港はすぐそこですが、最終の乗船時間は20:30なので、少し遠回りしながら港に戻ります。港に近い大通りは少し明かりが多く、港に戻る観光客目当てにまだ開いている店もあり、建物の色が飛ばずに残っているのが印象的でした。

オールドサンファン港近く


20:00、桟橋に戻ります。桟橋の入り口で、クルーズカードとパスポートチェックがあります。また、乗船時にセキュリティチェックもありますが、形式的で、アルコールや食料持込禁止とかいっても申告制みたいなもののようです。先ほど買ったビールはお土産用だったので、見つかれば船に預けるつもりでしたが、そのまま持ち込みました。

ノルウェージャン・ジェムの夜景


20:20 今日は初めてマジャンタというレストランで夕食を取ることにしました。実はメニューはメインダイニングのグランドパシフィックと同じです。接客が少し慣れている気がします。写真はメインのリブステーキ。ワインはパッケージから選んだ赤、1本飲めないので、ボトルキープしてもらいます。

ノルウェージャン・ジェムのリブステーキ


困ったことにこの船、デザートがおいしいのです。レモンケーキとニューヨークチーズケーキ。大きさ、甘さはそれほどでもないのですが、毎日のこの誘惑は逃れられません。ま、今日はたくさん、歩いたことだし、と自分に言い訳をします。

レモンケーキとニューヨークチーズケーキ


2013/11/20 (6日目)

カリブ海まで来たら揺れは収まると思っていましたが、相変わらず揺れています。次の寄港地、セントマーチンのフィリップスバーグが見えて来ました。私がこの旅行で一番楽しみにしている寄港地なので、8:00の下船開始時間にスタートダッシュの予定です。

セントマーチンのフィリップスバーグ


港は大渋滞、というか、ラッシュです。なんと大型客船が6艘も順番に停泊します。これは壮観。世界最大客船オアシスオブザシーズや、セレブリティ・リフレクションなどすごい顔ぶれです。小さな島が大変なことになっていそうな予感です。

名だたる大型客船が集合


次回はアンギラをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

夜の街は、灯が柔らかい感じで、素敵ですね♪
時空を超えて、どこかに迷い込んだかのようです。

Re: No title

ちょこっと休憩している間に別の街になっちゃった。
色が消えてたことにびっくり。夜も昼もどっちも素敵な街でした~。
また行きたいなぁ・・・

No title

毎回旅のレポートを楽しみに読んでいます。

クルーズ船での旅行とても素敵ですね。
荷物をほどいて移動せずにゆったりできるのがいいですね。
大きい声じゃ言えませんが私もトイレから離れられない非常事態の時にもっと小さいクルーズでしたが船室でおとなしくしていられて助かった時がありました。

セレブリティ・リフレクションはイスタンブールで見ました。その大きさに圧倒されました。
こんな大きな船が幾艘もいたら島はきっと大変なことになっているでしょうね。想像できます。ドブロクニクに行った時がそうでした(笑)

雪のカッパドキアを見てみたかったですね。でもカッパドキアは雪が降ると滑って歩くのが大変だとガイドが言っていたのを思い出しました。それもまたいい思い出話になったとおもいます。

次の記事も楽しみです。

Re: No title

こんにちは!

クルーズは体調さえ問題なければ、病み付きになる旅ですね♪
船酔いにもっと気をつけて早めに薬のめばなんとかなるかも、って今は思ってます(笑)

この日、小さな島に6艘もの大型客船が勢ぞろいしているのは圧巻でした。
なかなかここまで集まることはないですからねーー。島が沈まないかとか
交通事故起きないか心配になったほどです!

そうそう雪のカッパドキア、私も見そこねました。おかげでたくさん歩けましたけど。
次はあまり知られてないアンギラです~って期待を裏切る記事ですが(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR