プエルトリコ・サンファン入港~エルモロ要塞

(昨夜トルコから無事帰国しました)

2013/11/19 (5日目) 続き

14:00 3日に渡る長い航海の末にたどり着いたのは、プエルトリコのサンファンです。大西洋からサンファン湾に入り、旧市街オールド・サンファンの港にこれから接岸です。左舷側のバルコニー客室だったので、自室から入港を楽しみます。右からエル・モロ要塞、旧市街、新市街と街が広がっています。

サン・ファン入港


港の出入口にあるエル・モロ要塞がどんどん迫ってきました。周りこむように港に入っていきます。海から見る姿は、いかにも要塞という堅固な作りでかっこい建造物です。私たちはサンファンでは完全自由行動なので、まずモロ要塞を目指す予定です。

海から見るエル・モロ要塞


サンファン湾に入りました。素敵なヨットの方たちと手を振り合います。奥に見える旧市街の水色の建物はラ・フォルタレサ、ウェッジウッド風で、まるでおとぎの国の宮殿のよう。1540年の完成の要塞の上にたつ、要塞という意味の歴史的建造物です。

サンファン湾とラ・フォルタレサ


入港予定は15:00、最終乗船時刻は20:30と滞在時間があまりないし、観光箇所は16:00や17:00にしまってしまう所が多いので接岸が始まると同時に、4Fに降り、ギャングウェイ(下船口)に並びます。米ドルとパスポート、キャビンカードが必携です。出入国の手続きは特にありません。プエルトリコは米自治領です。

15:00 予定通りの時間に下船が開始されたので早速サンファンに足をつけます。久しぶりの陸地です。下りると観光タクシーとかの勧誘がすごいですが、港の前がオールドサンファンで、そう広くもないので徒歩で観光します。観光用無料トロリーバスもありますが、時間があてにできないですし、街歩きが楽しい所なので徒歩がオススメです。

オールドサンファンの港の下船風景


港の前の海岸通りには早速素敵な建物が。シェラトンです。街の雰囲気に合わせた淡いクリーム色、ただのホテルでさえも素敵に見えます。ちょっと目立つ大きさなので、港への帰り道の目印になりそうです。

サンファンの港に立つシェラトン


予定通り、オールド・サンファンを突っ切るような形でエル・モロ要塞を目指します。
ですが、あまりにも素晴らしい街並みに目を奪われ、あちこりで足を止め、四方八方写真を撮りまくります。

サンファンの街並み


この雰囲気、ただ事じゃありません。スペインによって入植されて作られた街なので、まさにリトルスペインという感じです。いえ、本家スペインより素敵じゃないかと・・・。
どの道もくまなく歩いてみたくなるそんな誘惑を振り切って、当初の予定を思い出し足を早めます。

パステルカラーの街並み


途中、16:00に閉まってしまうサンファン大聖堂に寄るつもりでしたが、理由はわからないものの閉まっていて、内部は見学できませんでした。16世紀のゴシック様式の教会で周囲のパステルカラーの建物から浮き立つような白っぽい建物です。

サン・ファン大聖堂


こちらは近くにあるサン・ホセ教会。こちらも修復中の模様で、内部には入れそうになかったので、早々に諦めます。

サン・ホセ教会


下船して歩くこと30分、やっとサン・モロ要塞が見えてきました。突き出るような地形の先に要塞が手を広げ、一直線に道が伸びています。1539から50年かけて作られた重厚感たっぷりの要塞で、世界遺産に登録され、サンファンを訪れる人を引き寄せる観光地となっています。

エル・モロ要塞への最後の一本道


入場料は3ドル。サン・クリストバル要塞にも行きたいと相談したら、ここからあっちへ歩いて30分、ここのレシートを見せれば2ドルで入れると教えてくれました。話それますが、2世代前の古い米ドル旧紙幣の100ドル札を持っていたのですが、ここで問題なく使えました。米以外ではもはや紙屑みたいなお金ですが、米領ですから使えるの当たり前ですね。
要塞内の情報から見たオールド・サンファンの景色、左手は大西洋です。

エル・モロ要塞から見た大西洋とオールドサンファン


要塞内は何層にもなっていて、階段などが急です。こちらの広めの急な階段で下層の方へも降りてみます。順路が特にないようで、探検気分です。

多層化された要塞内をつなぐ急な階段


下の方から見上げた要塞です。もっと下層もまだあります。がっちりした建物以外、何が残るというわけでもない要塞ですが、ところどころに大砲などが置いてあったりして、なかなかに面白いです。

堅牢なつくりのエルモロ要塞


気に入ったのはこの景色。要塞の先に見える小島が逆光で光って神々しく見えるのです。写真では比較的きっちり写ったものを選んでいますが、実際はまぶしい楽園を見るような感じでした。

エル・モロ要塞から沖に浮かぶ小島を眺める


かなり狭い階段も上り下りできたりとおもしろい要塞を短時間で切り上げ、もうひとつの要塞サン・クリストバル要塞が閉まる前に移動します。大西洋側の城壁に沿って歩きます。城壁と大西洋の間には墓地が。こんな明るい雰囲気の墓地はなかなかないです。

大西洋沿いにある墓地


次回はサン・クリストバル要塞とオールド・サンファン散策をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カリブの国

スペインやポルトガルの植民地であった国の建物は、趣があって良いですね!
いまは、米国の自治領ですか。

DEN

Re: カリブの国

この街、すごく気に入りました♪
色合いが濃すぎず、穏やか、そして坂があるので素晴らしい趣です。
ちょっと駐車の列が残念な感じですけどね・・・。

No title

トルコから、お帰りなさ〜い。
サンファンの街って、街並がきれいですね。
それに大西洋の色がすごい!

Re: No title

ただいまー♪
サンファン、想像以上に素敵な街で気に入りました!
旧市街は狭いながらも、どこを見ても絵になる風景でしたよ~。
大西洋はきれいで豪快でした♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR