キルギス・イシククル湖

2013/10/07 (4日目) 続き

15:25 イシク・クル湖に向かう途中、トイレ休憩を取ります。南は山脈と渓谷が続く壮大な光景です。深呼吸をすると気分が良くなってきました。

ブラナの塔からイシク・クル湖へ向かう道にある休憩スポット


このトイレ休憩はキルギス旅行中で一番まともなトイレ休憩です。要するに、ドライブインといいましょうか、この国で初めて見るものでした。トイレは有料で5ソム(約10円)。もちろん洋式ではありませんが、ちゃんとした囲いがあるので安心です。

キルギスで滅多に見ることのないドライブイン


レストランと飲み物などを買える売店があります。こういう施設が、観光客が必ず通る主要な幹線道路にもっと設置してあれば観光客も少しは増えると思うのですけどね。できれば観光地の横とかにも・・・。

レストラン併設


15:40 再びイシク・クル湖に向かいバスを走らせます。
道路沿いには線路が見えます。今は夏に観光列車を走らせているそうです。

日本人抑留者によって築かれたて鉄道


この線路は、第二次世界大戦で抑留者となった日本人88人とドイツ人抑留者が作ったものだそうで、88人のうち10人だけが生き残り日本に帰国しました。現地の人から食べ物をもらったことで生き残れたと、生き残った一人が90歳でこの地を再訪したのだそうです。
恐らく当時と変わらない景色がそこにあったことでしょう。

キルギスの風景


17:15 イシク・クル湖クルーズ乗り場に到着です。要人も訪れる観光地だからか、まともなトイレがありました。
17:25 貸切のクルーズに出発です。

イシク・クル湖船着場


イシク・クル湖はソ連時代には外国人が立ち入ることができなかった幻の湖ですが、実際とても神秘的な雰囲気を醸し出しています。
山と紅葉した木々、湖面の深いブルーがとてもきれいです。

イシク・クル湖クルーズへ


湖は琵琶湖の9倍もあり、キルギスの海とも呼ばれています。118の川から水が流れ込んでいるのに、流れ出る川は一本もないとか。透明度も20mと抜群で、浅いところでは確かに湖底が見えるほどです。水中には集落の跡があるそうですし、いろんな伝説が語り継がれています。

クルーズ船とイシク・クル湖湖岸景色


あまりに大きな湖なので、対岸はうっすら、山並みがかすかに見えるだけです。あちら側が天山山脈なのですね。

イシク・クル湖とかすむ天山山脈


北側の山脈はクンゲイ・アラ・トー、高いところには氷河も見られます。湖の水源です。

クンゲイ・アラ・トー山脈


ちょうどサンセットの時間になりました。本当はクルーズは翌朝の予定だったのですが、変更して正解だったかもしれません。

イシク・クル湖クルーズで見たサンセット


日が出ている間はそんなに寒くなかったのですが、急激に寒くなってきました。
湖上から見るサンセットはとても神秘的で素晴らしい景色でした。誰もがしばし無言になりました。

サンセットクルーズ


18:30 一時間ほどのクルーズから帰着します。こんな船でのクルーズでした。もちろん船にはトイレはありません。波や風がほとんどないし、想像したより寒くないので、快適なクルーズでした。

イシク・クル湖遊覧船


19:10 ポルチョン・アタ近くの船着場から少し道を戻ってホテル、ロイヤル・ビーチに到着。部屋は広め、バスタブなし、お湯はタンク式でスイッチを入れて使います。Wi-Fi無料(id/pw等なし)。コンセント多め。電話なし。

ロイヤル・ビーチの部屋


夕食はホテルででしたが、まだ怖くて何も食べられないので、部屋に帰って持ち込みの食料を食べました。夜、床暖房が壊れていてとても寒かったのですが、毛布をもらおうと思っても電話がないので、持っている上着を全部着込んで寝ました。

深夜に窓の外を見たら、星がびっしり、でした。

翌朝撮ったホテルの概観です。本館の他に、レストランのある棟、宿泊コテージもいっぱいあり敷地が広いです。部屋は湖側山側とありますが、湖側の部屋でも実際はほとんど湖は見えないので、どっちでも同じという感じです。

ロイヤル・ビーチ本館概観


次回はチョルポン・アタの岩絵野外博物館などをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

キルギスの海

グーグル・マップで見てみましたが
確かに水が流れ出そうなとこはないですね?

何処へ?
蒸発してるのかな?地下水へ?
摩訶不思議です

サンセットの見過ぎで目がつかれませんでしたか(笑)

Re: No title

不思議な湖でしょ。静かでぴんと張り詰める何かを感じます。
深さが700m近くもあって、ほとんど海、ですね。

サンセットと気持ちのいい空気で、吐き気がかなり治まりました♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR