台湾・台中

今回から、7月に行った台湾の旅レポートスタートです。阪急交通社の65周年記念商品「まる特台湾10都市周遊5日間」2名で6万5千円(燃油サーチャージ等別)、現地係員対応ツアー利用です。

2013/07/26 (1日目)

15:50 CX-451成田発台北桃園行きで出発、1時間の時差の台湾には18:20到着しました。空港で現地係員とミート、31PAXでした。他社便を利用したと思われるPAXは別バスにしているらしく、格安ツアーとしてはまずまずの人数です。覚悟はしていましたが、空港を出ると蒸し暑さに迎えられました。

まずは両替情報。成田空港での両替レートは3.82、台北空港では3.37、現地係員が用意していた1万円パックは2800元だったので3.57、でした。台北空港で両替するのがいいという結論ですが、ツアーの場合は2人で1万円あれば十分ということと、空港で両替の時間はわざわざ取ってくれないので係員の用意したものを利用するのでOK、日本で両替準備する必要はないということです。

19:30 空港すぐ横にあるホテルでまずは夕食です。台湾料理は味付け加減が日本人には合っているので食事に困ることはないでしょう。面白いのは、ツアーでは3テーブルを使うので、ツアー中は毎回同じ面子でテーブルを囲んでくださいとテーブルを指定されたことです。なるほど、こうしておけばテーブルの割り振りでモタモタする必要はないわけですね。

台湾料理


こちらはデザート。マンゴーです。マンゴーと言えば、オレンジのやつしか頭に浮かばなかったので、ちょっとびっくり。瓜系の味がするのかなと思いきや、甘酸っぱくてとてもおいしかったです。氷のシャリシャリとマンゴーのシャキシャキの食感も絶妙です。

マンゴー


22:50 台中のホテル、富王大飯店に到着です。古い建物で、シリンダーキーだったので期待していませんでしたが、内装はリフォームしたのか、とてもきれいでした。スリッパ、ドライヤー、バスタブ、冷蔵庫、湯沸しポット、水ボトル2本あり。Wi-Fiは無料でパスワードはフロントにて。コンセントが部屋に1個しかないのが難点でした。

台中の富王大飯店の部屋


2013/07/27 (2日目)

6:30 ホテルの朝食は割りと種類がありました。日本からの団体だけで数団体入っているようで、とても海外旅行に来ているという実感が持てませんでした。

台中の富王大飯店の朝食


7:40 ホテルを出発し、台中観光へ向かいます。と言っても観光は1箇所だけですが・・・。
夕べの天気予報によれば降水確率70-90%とのことでしたが、うんざりするくらいのいい天気。8:05 宝覚寺に到着です。本堂の建物に更に建物が被さっています。酸性雨から守るためなのだそうです。

宝覚寺の本堂


こちらが、本堂。台湾では仏も神様も参拝の仕方は同じなのだそうです。お線香がない場合は、名前、生年月日、住所、そして願い事をいって、三礼。郷に入っては郷に従えで、旅の安全をお願いします。

宝覚寺の本堂


本堂の中はこんな感じ。2重の建物で守られている割には、どこにでもありそうなといっては失礼かも知れないけど、そんな規模のお寺です。

宝覚寺の本堂の中


もっともこの宝覚寺が観光スポットとして人気なのは、寺の本堂よりもこちら、大きなかわいらしい布袋大仏のお陰のようです。中は民族博物館になっているそうですが、9時からなのでまだやっていませんでした。黄金色の大きな大仏は、愛嬌ある姿で気に入りました。常に笑っていると幸せがついてくる、思わず笑顔を呼ぶ大仏です。

宝覚寺の黄金の大仏


大仏の少し手前には、小さめの石の布袋大仏もいます。ポーズは違いますが、同じように愛嬌があります。頭をなでるとボケ防止、お腹なでるとお金貯まるなどといわれているので、そこら中撫で回してきました。

宝覚寺の願いを叶えてくれる石の布袋様


さらにこの宝覚寺には、第二次世界大戦前に亡くなった日本人の遺骨を集めて祀っている場所があります。本堂の左手にある、写真左の建物です。

戦前の日本人の遺骨も祀られている


その日本人の遺骨を祀っている建物の横には、第二次世界大戦に徴兵された台湾人の慰霊碑があります。彼らの遺骨自体は日本の靖国にあり、政治的にも台湾に戻すことがいまだできないため、せめて慰霊碑だけを建てたのだそうです。

帰れない台湾人徴兵の魂を慰霊する


8:30 早くも台中を発ち、次の目的地、彰化へと向かいます。本当は春水堂でタピオカミルクティーの予定だったのですが、傷みやすく、朝から飲めないだろうということで、夜に配りますと言うことになりました。台中は台湾でも第三の都市ですが、車窓からは大都市な風景はあまり見られませんでした。

台中の街


彰化に向け南下している途中、台湾新幹線を見かけました。日本の輸出品とも言えるものだから、いつか一度乗ってみたいものです。

台湾新幹線


次回は彰化をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お邪魔します
靖国には遺骨はありませんよ~
支那の連中もも遺骨があると誤解しているみたいですが、、、。
神社ですもの
念の為

李登輝元統帥は兄の英霊が靖国にいるからと、参拝を切望してますね

No title

タピオカミルクティー、今年の春に違法食品添加物混入が露呈し台湾で大問題、日本でも報道されましたが、、、今どうなんでしょうかね?
連投すみません

Re: No title

遺骨を納める、祀る、慰霊する、あまり区別なく使っている人が多いということですね・・・。
遺族の元に遺骨が帰らなかった場合、どこかにあると思いたい、そして、代表的な存在で
ある靖国にあると考えるのでしょうか。
亡くなった方の扱いというのは人によって何が大事か違いますけど、葬られたまたは祀られている
場所とか形式のことで、生きている人同士が争うことは、とても残念なことに思います。

タピオカ、今では日本でもすっかり定着している感じですね。若者の多い町にはクレープと
並んでおいてありますし。私もそうですが、違法食品添加物のことは知らない、または
すっかり忘れて口に入れている人が大多数じゃないでしょうか。

No title

連投すみませんと書きつつ、、、
台湾新幹線、複雑な気持ちです。あれ、台湾で大地震があった事も日本の新幹線技術が取り入れられた一因と聞きました。(日本のユレダスが重要)

当初は仏独の予定が(戦闘機の売買がらみで仏のを買わざるを得なかった、とか)、独で新幹線大惨事(もう10年前?)!これも一因らしいです。

まぁ、日本の物が一部使われている、っていうのはいいですよね。

ところで、JR東海は支那に新幹線を輸出するのは国を売る事になる、って頑なに反対しましたが、JR東日本は包み隠さず、なんてやってぱくられた挙句、新幹線は俺達支那が開発した!特許申請!なんて阿呆な事がありまたね。

まぁ、あんな馬鹿な事故を起こすんだから、支那産だな!と石原都知事が言ってたのが印象的です。あれ、いつもの支那の事故の様に死者数30人台に抑えられて発表ですが、どう見たって200人以上亡くなってますよね、ひょっとしたら300にんだったり?狂産唐って凄いですね!

話それすみません。これ最後の投稿にします。

Re: No title

その大地震の時、台北にいた私としては、ユレダスが重要だと思ったのはよくわかりますね・・・
ホテルにいた私でさえ、地震と思えないほど揺れたのを今でも思い出します。日本ほど建物などが
耐震、免震でできていなかったから、崩れるんじゃないかと恐怖を感じました。
乗り物は安全第一、政治絡みはほどほどにしてほしいものですね。

No title

台湾は、食事がおいしそうで、いつか行ってみたいところです!
CNNの「トラベル&リビング」を海外で見たとき、「Fun Taiwan」という番組があり、台湾ってこんないろんなとこあって面白いんだ、と驚きました。
ツアーも安くていいですね〜。ここまで安ければ、多少のことはいいかって思えますね。
また続きも楽しみにしています。

Re: No title

なんといっても近いし安い!物理的な距離だけじゃなく日本に一番近い
国、正確には地域?じゃないでしょうか。
台北周辺だけならフリーに近いツアーを選べばいいでしょうし、ぐるっと
一周すると、それなりに忙しいので、ちょっとずつつまみ食いみたいな観光
になってしまいますが、このお値段なら納得の内容ですよ。
ぜひご検討を~♪

台北

こんにちわ!
台湾レポート楽しみです(^^)

私も一昨年の12月に台北だけの4日間で29,800円のH.I.S.格安ツアーに参加して来ました。
2日目は市内観光だったのですが3日目がフリーだったので電車とバス、タクシーを利用して九分、十分に行って来ました。

初めての台湾だったのですが、食事と交通費(タクシー、バス、電車)が安いのに驚きました。
両替は台北空港で1万円だけ両替したのですが、aya1103さんのレポートによりますと台北空港で両替して正解だったようですね!

Re: 台北

こんにちは!

取引量の少ない外貨は、現地についてからの方がレートがいいことが多いですね。
ドル、ユーロは日本で両替、それ以外は、小額なら現地でが基本かな?

台湾は近くて安くて楽しい旅先、私もまた行きたいです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR