イギリス・ヒースロー~ロンドン市内観光

2013/06/21 (6日目) 続き

16:30 ブレナム宮殿を出て、バスでヒースローへ向かいます。今日の天気もイマイチでしたが雨に降られなくてよかったです。イギリスをバスで周っていると、道路沿いに心和む景色が見られ、カメラをすぐ手の届くところに出しておく癖がついてきました。

ロンドン郊外の車窓風景


18:20 DNR@RST
途中の町で、夕食です。バスはレストランのすぐ近くで停めましたが、町の真ん中の小さな池でも、こんなほほえましい景色を見ることができました。ちょっと見にくいのですが、親鳥がヒナたちを見守っています。

町の池に住む水鳥の親子


18:00過ぎとはいえ、この季節はまだまだ明るいのですが、レストランの店先では地元の人たちがビール片手にあちこちで談笑していました。金曜日ですからね。

ロンドン郊外のレストラン


19:50 Arr HTL
ヒースローのホテルに到着です。一見、ここがホテルかしらと思う2階建てのモダんな建物でした。車寄せの植え込みに咲くバラが、今まで見たどのバラよりも大きく美しく咲いていたのが印象的でした。この花20cm以上もあるんですよ。

ヒースローのホテル前の大輪のバラ


シスルロンドンヒースローというこのホテル、まさにヒースロー空港のすぐ横にあります。
滑走路もすぐ目の前にあり、轟音が響き渡ります。こんなで寝れるのかと思いましたが、夜間はこの滑走路は使用されていなかったようです。

ロンドンヒースロー空港


フロントが近代的だったのに、部屋に行くには何度も曲がらされ、廊下がギシギシという古い建物を増改築したホテルでした。しかも部屋がものすごく狭いので、スーツケースを開けるのは一苦労です。ドライヤー、バスタブ有り。コンセント多め。冷蔵庫なし。Wi-Fi無料(id/pwなし)。ここに2連泊します。

シスルロンドンヒースロー


2013/06/22 (7日目)

さて、朝から雨です。朝食のメニューは基本的にどのホテルも同じですが、質の点でこのホテルはなかなかよかったと思います。雨の空港を見ながら、朝食をとります。

シスルロンドンヒースローのレストラン


8:15 ホテルを出発し、ロンドン市内観光へ向かいます。といっても、予定は、大英博物館入場と、ロンドン塔、バッキンガム宮殿の車窓見学という簡素なものです。車窓見学というのは、バスの座っている場所によって、必ず見れるってものでもないので、わざわざ通る意味あるのかなとまで思うものです。徐行もできないことが多いですしね。で、バッキンガム宮殿、走る観光バスからの車窓写真としてはかなりいい方ではないでしょうか。

車窓から見るバッキンガム宮殿


ウエストミンスター寺院、にいたっては、入場に並ぶ人の列が見えるのがやっと。もともと、車窓見学にも入ってないから別にいいんですが、初めて来る人にとっては、フリータイムに来ようかどうか決めるにも、もうちょっとどんな感じか見えるといいですよね。

車窓から見るウエストミンスター寺院


ロンドンの顔とも言うべきタワーブリッジは、遠くにちらっと見える程度。まぁ、半分くらいの人には見えなかったかも。

車窓から見るタワーブリッジ


で、ロンドン塔。市内をぐるっと回って、勘のいい人は地図見ながら位置関係が把握できたかも知れませんが・・・。要するにツアーに入っている市内観光っていうのはこんなもので、車窓観光というのは、観光したとは言えない内容がほとんどです。

車窓から見るロンドン塔


9:55 唯一入場観光する大英博物館にやってきました。ここは入場料が無料というか寄付なんです。寄付といいながら、5ポンドって書いてありますけど、入れている人の割合はそう多くないようです。まずトイレ&ショップ休憩、ここまでで20分、ツアーだとありがちな無駄な時間です。

大英博物館外観


見学はまずはロゼッタストーン。言わずと知れた古代エジプトのヒエログリフを解読するきっかけとなった石版です。すごい人だかりで、石全体を目にするのは難しいほどです。いつかエジプトに返してあげたい一品です。文字は意外と小さくて細かいんですよ。

ロゼッタストーンのヒエログリフの部分


次に案内されたのは、ギリシャのパルテノン神殿の彫刻のコーナー。保存のことを考えると、発見されてから今までここにあるのは仕方ないですが、これも現地に返してあげたいものの一つです。よく見ると馬や人の筋肉の表現とか凄いです。

躍動感溢れるギリシャ彫刻


ラムセス2世の胸像を見つつ、2階に上がり、古代エジプト関連の場所でミイラなどの説明をします。こちらは有名なジンジャー。5000年以上前の自然にできたミイラです。この後、少しばかりの自由見学時間がありましたが、全体を通し、実際の見学時間はほとんどなく、人も多いので落ち着いて何かを見たという気にはなれませんでした。

ジンジャー


ツアーで1時間大英博物館に行きますよといっても、解説付きで見れるのは、有名なものから5つくらい。後は通ったときに目に入る、くらいの内容になると覚悟が必要ですね。
私は翌日のフリータイムにゆっくり見ようと決めました。

次回は、クイーンマリーローズガーデンをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こーんな空港の近くにホテルがあるんですね!
それも、時には楽しそうです。

大英博物館は私もずーっと前に行き、無料なので驚きました。
ロゼッタストーンは何となく覚えてます。
くたびれて、中のカフェでお茶したところ、マフィンがとても美味しかったなんてことの方が印象深いです。

Re: No title

部屋の窓から見た景色ですよ~。すごい間近です。
機種によって離陸ポイントが違ったりするのがよく見えました!

大英博物館では、その昔私もお昼代わりにお茶した思い出があります。
へたに食事するより、ここで軽食にするのが一番いいと当時は思いました(笑)

ホテル

先般、カナダからの帰りに、自分の車を運転して直帰するのが辛いので、日航HTL成田に一泊しましたら、同じ様に目の前が飛行場。
デッカイ飛行の着陸が手に取るように見えました。

写真見て、「なるほど英国だな~」と、感じました。
次回も、楽しみにしてますよ!

DEN

Re: ホテル

空港隣接のホテルに泊まるって、ド迫力で飛行機見れてなかなか楽しいですよね!
何かあったら、命ないなーなんてちょっと怖くもありましたけどね~。

次回はやっとありついたバラです♪

No title

aya1103さん  こんにちは

ロンドン市内観光って こんな感じなんですね
私も 先日パリ・ロンドンから帰ってきたばかりで・・・

aya1103さんのイギリスを見ていて
5月にもロンドン行くので 地方にも日帰りツアー探して
行ってみようかと思いました
こらから 調べていきますので ちょくちょく勉強させてくださいね

さとちんでした♪


Re: No title

さとちんさん、こんにちは!

私はロンドンは好きじゃ街じゃないんですが、地方はいいですね~。
日帰りであれば、あまり遠くにへ行けないと思うので、ツアーじゃなくても
列車などで行けるところがいいかも知れませんよ♪
ライやカンタベリーはオススメです!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR