イギリス・ブレナム宮殿

2013/06/21 (6日目) 続き

15:20 オックスフォードの北西、ウッドストックにあるブレナム宮殿(世界遺産)に到着です。チャーチル首相の生まれたチャーチル家の居城でした。ツアーでは庭園のみ入場で、16:30までフリータイムでの観光となります。観光客の入り口はこのFlagstaff Gateの右です。

ブレナム宮殿入り口


まず、入り口を入る前に、右手に見えるのがヴァンブラの大橋です。この川か湖に見えるのは、人口の広大な池クイーンプールの一部です。

ブレナム宮殿ヴァンブラの大橋


入場してまっすぐ進むと、宮殿の中庭です。宮殿内には9ポンドの追加で入れますが、1時間ちょっとしかないので、庭園を目いっぱい楽しむことにします。それにしても公爵家の居城としては、想像以上に大きな宮殿です。これが国王の居城ではないことがびっくりです。

ブレナム宮殿


庭園への入り口は見逃しそうなくらい小さいもので、狭い門をくぐります。まずはウォーターテラス、大小さまざまな噴水や池が配置されていて、宮殿との間にはテラスカフェがあります。長距離歩くの苦手な人はカフェでのんびり、も気持よさそうです。

ウォーターテラスとテラスカフェ


さらに先へ進むんだ先は、イタリアンガーデン。こちらは宮殿のフォーマルガーデンで、花壇が、迷路のような模様を作り出しています。この庭は入ることはできないので、外側から背伸びして見る感じになります。

ブレナム宮殿イタリアンガーデン


早くもこのあたりで踵を返す人もいますが、イタリアンガーデンから右前方にはうっそうとする森に見える木々の中にシークレットガーデンがあります。巨大な木々の間に、どこがどこと通じているかわからないような道と、草花や自然ぽい池が配置され、どこかほっとする素敵なお庭です。なんだか日本にもこんな庭園ありそうだな、と感じる部分もあります。

ブレナム宮殿シークレットガーデン


さて、来た道を少し戻って広大な宮殿の庭を眺めつつ、ローズガーデンを目指します。それにしてもこの庭園、いったいどこまで続いているのか、私の抜群の視力を持っても庭園の端はまったく見えません。遠くにかすかに砦ようなものが見えるのがやっとです。8.09立方キロメートルとあるので、東京ドームで数えるのも馬鹿らしい大きさです。

ブレナム宮殿の広大な庭


芝生の庭は歩いてもいいようだったので、上記の写真を斜め横断するのがショートカットの秘訣だったと後で思いましたが、通常はこんな道を歩きます。

ブレナム宮殿の庭の歩道


さて、ローズガーデンにたどり着きました。あれ、6月も下旬にかかろうというのに、バラがほとんど咲いていません!今年は開花が全体的に遅いとは聞いていましたが、ここまで咲いていないとは・・・。シーズンを合わせて来たつもりだったのに、がっかりです。

ブレナム宮殿ローズガーデン


まったく咲いていないわけではないので、気に入ったお花を撮影。なんとなく気品を感じます。

ブレナム宮殿ローズガーデンのバラ


ここから戻ろうかと思ったところ、小さな標識を見るとまだ先にCASCADEって案内があります。ん?滝があるの?手持ちの資料にはどれにも載ってないけど・・・。こうなるとちょっと行ってみないと気がすみません。でも、かなり歩かされ諦めかけた時にかすかに水の音が聞こえました。

ブレナム宮殿カスケードへの道


おお、一応滝です。そんなに大きくありませんが、ちょっと段々になっている感じといい、確かにCASCADEです。やれやれ、見れてよかった。とはいえ、残り時間は後20分。かなり奥まで来ているので、早足で戻らないと危ないです。

ブレナム宮殿カスケード


来た道を帰る方が確実だと思いましたが、できればそれは避けたいし、この水はウォーターテラスの近くに見えていたクイーンプールと繋がっているはずなので、水辺の道を歩いて帰ることにしました。もう既に汗だくです。

ブレナム宮殿クイーンプール


途中で、この道がレイクサイドウォークと呼ばれる部分で、想定した通り、ウォーターテラスに出られる道で、最短コースだったことがわかり、ほっとします。もし道を間違えていたら、この広い庭園で迷子になり皆さんに迷惑かけるばかりか、もっと大変なことになりそうです。

ブレナム宮殿レイクサイドウォーク


めでたくウォーターテラスの下に出てきました。下段の方では、さきほどのローズガーデンよりもバラが咲いていました。70分、徒競走並みに張り切って歩いて、庭の見所をほぼ隅々まで見たと満足感でいっぱいになりました。

ブレナム宮殿ウォーターテラス下段のバラ


次回はヒースロー~ロンドンをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

ひろ~いひろ~い宮殿の庭ですね

日本なら野菜・穀物植えたくなるほど^^

発想が貧困><

Re: こんにちは!

いやー、途方もなく広すぎて、いっそ森とか山にしたくなりましたね~。
芝生の手入れだけでも大変そう。もしかくれんぼしたら、この庭園で何日も
発見されずに過ごせそうです(笑)

No title

凄い名前の財閥系じゃなかったですかね。
そうなると、お家ではなくお城になるということなんですかね。

No title

シークレットガーデンは、ほんと日本庭園みたいですね。
何だか植物も見たことあるような感じのばかりだし。
ひょっとすると、ほんとに「東洋趣味」的な感じに
作られた庭なのかもしれませんね。

最後にたくさんのバラに出会えて良かったですね。

Re: No title

チャーチルは、初代が戦功を建てたことで、爵位やこのブレナム宮殿を賜った
マールバラ公爵の子孫、あのダイアナ妃とも血のつながりのある貴族ですね。

宮殿(パレス)と名がついているので、ただの家でないことは確かですね。
それでも王族が住むんじゃないのだから、本来は宮殿とも言わず、大邸宅と言わなくちゃ
いけないのかな・・・?(笑)

Re: No title

里花さん

シークレットガーデンは池に小さな橋とかもありましたよ。
大木の合間に隠すように作られていましたが、大木がなければもっと日本庭園に
近いと思ったかもしれません。詳しくはないのですが、ナチュラルガーデンに分類される
のじゃないかと思います。

バラは、特にそれが目的のひとつではなかったのですが、せっかくの季節に
やっぱりあまり見られないというのはがっかりでしたね。この先、ロンドンで
もうちょっと見られたので、よかったですが。

No title

ブレナム宮殿は私も行きましたが、歩いた道が違いますね。
ローズガーデンの薔薇は、9月のほうが咲いていました。
宮殿の中も見ごたえありましたよ。でも1時間じゃ絶対に無理ですね。
私たちは1時間半だったので、9ポンド払って中も見ましたが、庭園は急ぎ足になりました。
本当に広い! 庭園も中も見ごたえのある素敵な宮殿でした。

Re: No title

今年はバラの開化がかなり遅かったみたいですね。ここのローズガーデンでは
花を見つけるほうが難しいくらいでした。
それにしてもあまりに広い敷地にびっくりしました。
この日は、入口手前でも、大きなイベントをやっていて、そちらも
覗いてみたかったのですが、まったく時間が足りませんでした。
滝まで行ったのが、無茶だったかもしれません(笑)
次に行く機会があったら、宮殿の中に入ってみます♪(いつのことやらー)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR