イギリス・ウェッジウッドビジターセンター

(中央アジアからは無事帰国しました)

2013/06/21 (6日目) 続き

8:30 ホテルを出発し、ストーク・オン・トレントへとバスで南下します。
ストーック・オン・トレントは英国を代表する陶磁器の町ですが、周辺はかなりの田舎です。だからか、こんな豪邸、いや小さなお城みたいなのがあったりするような所です。

ストーク・オン・トレント近郊の豪邸


あたりは長閑なところです。自然だけじゃなくて、ただの空き地に見える広い土地もあったりします。

ストーク・オン・トレント近郊の景色


10:15 ウェッジウッドビジターセンターに到着です。新しい建物がいくつも並び、羽振りのよさを感じます。日本からのツアーはよくここを訪れますが、湖水地方とロンドンの間のほどよい立地が立ち寄りポイントとして丁度いいのでしょう。

ウェッジウッドビジターセンター


建物を囲むように作られた広場の真ん中にはウェッジウッド創設者のジョサイア・ウェッジウッドの銅像が建っています。意外な繋がりですが、進化論のダーウィンの祖父にあたる人です。ウェッジウッドも窯の中の温度を測るパイロメーター(高温測定計)を発明するなど科学者としての遺伝子を持っていたみたいですね。

ジョサイア・ウェッジウッドの銅像


さて、ここでの見学&ショッピングは11:30までのフリータイム形式となりました。まずは20分のムービーを見て、ウェッジウッドの歴史を学びます。今では高級食器などの代名詞のような存在ですが、初めは安価で陶器を提供することを志してやっていたようです。

ウェッジウッドの歴史を紹介するビデオ上映


ビデオを見た後は奥の方にある体験コーナーを覗いてみました。各コーナーで実演をしています。また、陶器の製作、絵付けなどの体験が各10ポンドでできるそうです(日本へ後日送ってもらうならさらに10ポンド)。ツアーだとそこまでは時間ないですね。

ウェッジウッドビジターセンターの実演&体験コーナー


体験コーナーからの通路では、製作過程が分かるような展示が行われています。ウェッジウッドって有名だけどよくわからないのよね、という人でも、このジャスパーウェアだけはウェッジウッドってわかるのではないでしょうか。私の家にも頂き物の花瓶があります。

ジャスパーウェア


通路の先は最新作が並んだショップへと続きます。今では高級品なので、飾られているフルセットを揃えるには相当のお金が飛びます。私は高級品に興味がないので、目の保養だけして、早々に通り過ぎます。

ウェッジウッドビジターセンターの製品の展示販売


ビジターセンター入り口付近には、ミュージアムがありますが、別料金で、2.5ポンドの追加が必要です。そこで、正面にあるアウトレットへと足を向けます。あまりいいものは置いていません。

ウェッジウッドビジターセンターのアウトレット


11:30 ウェッジウッドビジターセンターに併設されているレストランでLunchです。飲みものなどはカフェテリア形式で支払い、席に持ち込みます。ついうっかりフルーツスコーンも一緒に買ってしまいました。

ウェッジウッドビジターセンターのレストラン


メインはこの後、ポークでした。もちろん使われている食器類はすべてウェッジウッドです。料理の方は普通ですが、ちょっぴり贅沢な感じがしますね。

食器類はすべてウェッジウッド製品


12:20 ウッドストックへと更に南下します。約200kmの移動です。ここで、久しぶりのピンチに襲われました。そう、トイレに行きたくなったのです。かなり以前にスペインで高速道路を降りてガソリンスタンドに緊急停車してもらった記憶がよみがえります。長閑な風景を見ながら自分と戦い続け、もうダメだ、と次のサービスエリアで停まって下さいと申し出ました。

ストーク・オン・トレントからウッドストックへの車窓景色


13:35 トイレ休憩に寄ってくれたサービスエリアで猛ダッシュ。あぶないところでした。ちなみにイギリスのサービスエリアは、日本と同じような感じでトイレの個室もたくさんあるし、売店や簡単なレストランなんかもあったりして、特にツアー旅行者には大助かりな存在です。写真は案山子のような人形です。案山子じゃなくて何かの習慣に使われるのかな?

サービスエリアで見た人形


次回はブレナム宮殿をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

>豪邸、いや小さなお城

家の前の道がロータリーになってますね
右回りでしょうか
真ん中の芝生の中にゴルフのカップがありそうです(笑)

Re: こんにちは!

こんにちは!

敷地も広大そうでしたよ。門から玄関先だけでも結構あるしね。
他にもこんな感じの豪邸があったのに驚きました。もし人が住んでいるなら
いったいどういう生活しているのかなぁ・・。

No title

こんばんは(*^_^*)

いつも楽しみに拝見しています(*^_^*)
自分でも一緒にツアーで巡っているような気持ちになれて とっても楽しいです(*^_^*) リポート上手でいらっしゃるからですね(^^♪

そしてこんな記事も興味深かったです。

>意外な繋がりですが、進化論のダーウィンの祖父にあたる人で>す。ウェッジウッドも窯の中の温度を測るパイロメーター(高温測>定計)を発明するなど科学者としての遺伝子を持っていたみたい>ですね。


Re: No title

一緒に巡ってる気持ちになってもらえて、すごーく嬉しいです♪
ダラダラ書いていて、面白味はないんですが、できるだけそのままの方が良いかなと思って。

旅行行くときは、いろいろ調べ物をしていくと、やっぱりおやと心動かされることが出てきたりします。
すると、より行ったときに興味を持って見れますしね!

またまた感動です♪

こんにちはv-290
趣味で西洋食器の絵付けを習っていたので、ウエッジウッドの工房が拝見できワクワクですv-10
都内のデパートに時々、絵付師がデモをして販売をすることがあるのですが、時間が合う時は駆けつけ、絵付けをじーっと見つめておりました!いつか自分の足で本場を訪れたいですv-10
案山子も可愛いv-238
素敵な旅ですね♪

No title

おかえりなさい、中央アジアの旅、楽しまれましたか?

今はウェッジウッドのこんなセンターがあるのですね。
ウェッジウッッドも身近に感じられそうな施設ですね。

Re: またまた感動です♪

ベスパ・マンダリニアさん、こんにちは!

すごい趣味をお持ちですね~。私はステンドグラスやってたことがあるので、同じく割れ物作品がどんどん
溜まっていくのは、それでそれで困りものですよね!
実演もいいですが、それじゃミュージアムが良かったかもしれませんね!
足を運んだ際には、のぞいてみて下さい~。きっと芸術品がいっぱいだと思います♪

あれ、案山子でいいのかなぁ・・・

Re: No title

里花さん、ただいま!

中央アジアに関しては・・・、残念あがら結論から言うと珍しくも楽しめませんでした。
いろいろあったので・・・。それは、おいおい。

ウェッジウッド、お値段は身近じゃないですけどね(笑)
休憩がてら見たビデオが最後まで寝ずに見れるほど、なかなかよくできていました!

こんにちは♪

こんにちは♪

ホテルの朝食で青物野菜(サラダボウル等)が提供されていないため
肉系とチーズばかり食べていた印象しかない当方です。

欧米人はサラダを食べないのかと思ったりしました(苦笑)

Re: こんにちは♪

こんばんは!

ヨーロッパでは、特に朝に生野菜を食べないのが習慣です。
生で野菜を食べるにはいろいろリスクがあるからです。農薬、食中毒、体が冷えるとか
理由はいろいろあるようです。
日本も、生で野菜を食べるようになったのって、近年になってからですよ。

海外行くと、よくサラダないって文句言っている日本人見かけますが、
ケチで出さないんじゃなくて、そういう習慣だから!なんですね。
あ、もちろん高級ホテルに行けば、温野菜のほか、新鮮で安心なサラダ類も
おいてありますけどね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR