イギリス・グラスミア

2013/06/20 (5日目) 続き

14:00 ロマン派詩人ワーズワースゆかりの村、グラスミアに到着です。村の入り口にある駐車場でバスを降り、歩いて村の中心へと向かいます。周囲は小高い山々に囲まれ緑一色。天気は崩れる一方、今にも雨が降り出しそうです。

湖水地方の景色


14:40までのフリータイム散策になりますが、村の中心の見所まで添乗員が案内してくれます。石造りの素敵な家並みが続きます。観光客が立ち寄りそうなお店も多く、ちょっと高原リゾートっぽい雰囲気です。

グラスミアの町並み


村の真ん中あたりを川が流れます。川沿いのカフェでのんびりするのは時間がないと無理なので、ちょっとうらやましく感じたりします。

グラスミアを流れる川


橋のたもとに位置するセント・オズワルド教会の墓地にやってきました。ワーズワースのお墓です。一族のお墓があり、同名の親族がいるためどれがワーズワースのお墓かわからずにいたら、後から来たグループの添乗員さんの説明でわかりました。好きな詩人ってわけでもないし、生年月日や没年を覚えているわけじゃないですからね。

ウィリアム・ワーズワースのお墓


自分たちのグループを追いかけると、教会の裏にあるジンジャーブレッド・ショップにいました。有名なお店で、1854年創業、秘伝レシピのジンジャーブレッドを売っていて小さなお店の前に大行列です。味見に買った人が一口分けてくれましたが、うーん、私の口には合いませんでした。

ジンジャーブレッド・ショップ


添乗員の案内はここまでということで、ジンジャーブレッド・ショップの横にあったWordsworth Daffodil Gardenという庭へぶらりと入りました。小さな庭で、奥ににはワーズワースの詩が刻んだ石碑があります。有名なスイセンの詩らしいですが、うとい私は知らないのでふーん、で終わりです。さきほど渡った石橋が奥に見えて素敵な場所です。

Wordsworth Daffodil Garden  ワーズワースのスイセンの庭


さらに村の奥の方へ足を伸ばします。同じような石造りの家が並んでいますが、多くはホテルやレストランとして使われているようです。

グラスミアの町並み


ぶらぶらあてもなく歩いているとどうやら村を突き抜けてしまったようです。すぐにこんな牧草地帯に突き当たってしまいました。あちこちにフットパスが設けられているようです。そういえば、ハイキングスタイルの観光客も多いですね。

グラスミアの村の端


戻る途中で、セント・オズワルド教会へ立ち寄ります。7世紀からの歴史ある教会だそうですが、現在の建物は14世紀以降のものだそうです。

セント・オズワルド教会


中はこんな感じ、シンプルで、意外と広いです。

セント・オズワルド教会内部


駐車場へ戻ります。雨が降ってきました。牧草地帯に囲まれた小さな村、村も素敵でしたが、村から見える周辺の景色が気に入りました。天気が悪くどんよりしていてもなんだか幻想的で素敵な風景です。

グラスミア周辺の景色


14:45 グラスミアの駐車場からバスでちょこっと移動し、ダブコテージにやってきました。ワーズワースが約10年間過ごした家です。思っていたより小さい家で、庭も狭めです。観光ポイントとしてはちょっと地味な印象です。ツアーでは外観のみでした。

ダブコテージ外観


ダブコテージは幹線道路から一本入った道にありますが、道沿いはほとんどが石造りの家が並んでいて静かな佇まいです。手前の白壁の家がダブコテージです。

ダブコテージ前の道


バスに戻る途中に見たこちらのお宅。すっごく素敵です。ホテルとして使われているようです。こんな所に泊まって、昼間は周辺のフットパスを歩く、なんて旅が湖水地方にはお似合いです。ツアーで通り過ぎるだけみたいな旅だと情緒にかけますよね。

ダブコテージ近くの素敵なホテル


15:00 バスで今度はダブコテージの後に晩年ワーズワースが住んだ家ライダル・マウントへ移動です。道沿いには湖が見えます。これからお庭散策の予定なのに雨が降っていて残念な気分です。

ダブコテージからライダルマウントの間にある湖


次回はライダル・マウントをレポートします♪
(カザフスタンのシムケントからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんな曇り空も、いかにもイギリスらしくて、広々した丘の眺めや街並とマッチしているように見えます。
川沿いのカフェ、素敵だな〜。のんびりお茶したいところですね。

カザフスタンからの更新なのですね!
引き続き、楽しんで旅を続けてくださいね。

No title

無事到着のご様子

こけたり、怪我しちゃダメよ(笑)

同じですね

グラスミアは小さな街だから、行ったところは同じですね。
写真のアングルまで一緒でした!
私も、湖水地方のフットパスを歩いてみたいと思いました。
私はライダル・マウントには行かなかったので、次回のレポートを楽しみにしてます。

No title

う~ん、いつもながら旅先から過去の旅行記を書いて、たくさんあるだろう写真も選んで編集して更新するって、スゴイなぁ。
私なんか、次の旅行に行く前までには書き終えなきゃって焦りながら登録しているので、情報量が比較にならないほど豊富なのに、どうやったら頭の切り替えが出来るんだろうと感心して読んでいます。

それにしても、カザフスタンとキルギスって、素晴らしい選択ですね。
その好奇心旺盛なところを見習わなくちゃって思うのですが、楽な行き先ばかり選んでしまいます。

ツアーの概要を見てみたのですが、意外と安いんですね。
マイナーな場所へのツアーって割高だと思っていました。
仏伊独西全州走破終えたら、こういったツアーに参加してみようかな。(まずは南米でしょう。)

今週末の3連休は、ハンガリーに行きます。

Re: No title

里花りんさん

イギリスの風景っぽいですよね!天気も傘をさすようなのは困りますけど
晴れればいいってもんじゃなですものね。せめてお茶する時間があったらなぁと
思うような村でした。

カザフスタンからキルギスへ入りました。いやぁ、正直久しぶりに楽しいとは
無縁の旅という感じです。うん、レポートすべき見どころがないというか(笑)
この先に期待しています・・・。

Re: No title

tookueさん

思った以上に暑くて、かけったりする気も起きません(笑)
熱中症や車酔い、胃腸炎とかの心配をに切り替えようかなって感じです!

Re: 同じですね

あっけままさん

私も湖水地方でフットパス歩いてみたかったです。かなり時間も必要層ですよね~。
ライダル・マウント行くなら、フットパスの方がいいかも??
でも行ってないところが気になるのは私も同じです♪

Re: No title

Rさん

実のところ、写真は数回分選んで旅行前にアップロードしてあります。写真選ぶのが一番時間かかるし。
ここまでやっておくと、あとは結構楽です。

もっとも、旅行中にするどいつっこみのコメントがはいたりすると、資料もないので、困ってしまう
こともありますけどね。

カザフスタン、キルギスは素晴らしい選択、とは言えないと思いました。
人から聞いてはいたものの、本当に、何もない感じです。
想像以上にトイレ事情も劣悪ですし。
おっしゃる通り、マイナーな割りにはツアー料金は安いので、行く気になったというのが本音ですあね。
でも。確かに南米とかアフリカとか遠いところを先に行くことをオススメします。
中央アジアは最後でいい気がします。

ハンガリー、いいですね。よだれが出そうです。お気をつけて!!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR