イギリス・L&H鉄道蒸気機関車乗車体験

2013/06/20 (5日目) 続き

11:15 遊覧船はウィンダミア湖の南端レイクサイドに到着です。町があるのかと思っていたらどうやら停泊所があるだけのようです。ここからL&H鉄道の蒸気機関車に乗りますが、駅のホームは船の停泊所と一体化していて、列車が停まっているのが見えます。

レイクサイド停泊所


下船したら、そのまま流れるように機関車の前に移動し、予約されている車両に乗り込みます。車内はレトロなボックスタイプの客席で、雰囲気たっぷり。シートの座り心地が思いのほかよかったです。

L&H鉄道レトロな車内


11:25 レイクサイドを蒸気機関車が発車します。発車まで時間がなかったし、最後尾の車両だったので、蒸気機関車かどうかは乗ってる側にはわかりません。ハバースウェイトまでの15分くらいの乗車になります。車窓からは最初は湖もちょっと見えます。

蒸気機関車に乗車し車窓を楽しむ


そのうち山というか森の中へと入っていきます。緑がいっぱいで、空気がいい感じです。

列車で森林浴


途中には駅もあります。ほとんど乗降客はいません。
ウィンダミア湖のクルーズとセットになっていて、団体観光客が利用者のほとんどを占めているようです。

途中駅


緑の切れ間から見えるのも緑ばかり。線路脇にはわらびと思われるシダ植物で埋め尽くされた状態です。なんだかおいしそうに見えてきました。

わらびだらけの車窓


後半では小さな町も通ります。カーブになって初めて蒸気機関車に乗っている確証が得られました。こういう時は列車最後尾に乗ると、乗っている列車そのものを撮ることができるのでいいですね。

かわいい町を通るL&H鉄道


11:40 終点ハバースウェイトに到着です。ここの駅舎にはトイレやお土産屋などもあります。

終点ハバースウェイト


列車を降りたら、バス出発まで20分フリータイム、さっそく蒸気機関車の顔を見なくちゃとホームの端まで行きます。いました、機関車トーマス!
終点なので、折り返すために切り離し作業を行っていました。

機関車トーマス


実はわざわざ先頭車両まで行かなくても、折り返し運転のため、待っていれば先ほどの最後部に連結されるのでした。そして、新しいお客さんを乗せて機関車トーマスはレイクサイドへと出発していきました。みんな写真取りまくりで記念撮影は順番待ちっぽい感じでしたが、十分時間があるので、最後にはきれいな写真が撮れます。

レイクサイドへ出発


12:00 トーマスを見送って、私たちも待ち構えていたバスに乗り、移動します。この駅も周辺は特になにもありません。要するに、今回は湖のクルーズと蒸気機関車は観光のために乗ったのであって、移動はまったく兼ねていないものでした。でも乗り物乗るのはテンションあがりますよね!景色もいいし、満足度高い観光です。

ハバースウェイト駅


湖水地方の美しい景色、湖や、牧草地を眺めながら、ウィンダミア、アンブルサイド、グラスミアとときどきすごく素敵な町並みを通っての移動となって、この周辺は車窓観光がばかにできません。

湖水地方の美しい牧草地


12:50 グラスミアの外れにあるTravellers RestにてLunchです。牧草地の中を走る道にぽつんとある素敵なレストランです。

Travellers rest


イギリスではレストランで、飲み物はバーカウンターへ行って注文し、その場で支払って、席へ持っていくのが一般的です(席で頼んでも可)。カウンターで頼んだ方が早いしチップもいりません。ビールが得意じゃない私はここでストロングボウを注文。シードルに似たアップルサイダーですが、シードルよりすっきりで好きです。

バーカウンター


ここの食事、メインはマス料理でおいしかったのですが、それより印象的だったのは、最初の皿、マッシュルームガーリッククリームがけトーストといった所でしょうか。写真的には地味な料理ですが、すごくおいしくて気に入りました。

絶品ガーリッククリームがけトースト

次回はグラスミアをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

蒸気機関車は、私は乗ったことがありません。
なかなか乗る機会がないけど、こんなふうに
外国で乗ったらいっそう楽しそうですね。

「わらび」きっとイギリスの人は食べないだろうなあ。
森鴎外さんがドイツ留学中に、ワラビを見つけたそうです。
下宿のおばさんにそんなもの、と呆れられながら
調理して、貴重な醤油を手に入れて
部屋で一人食べたという話を読んだことがあります。

マッシュルームいっぱいのトースト、確かに
美味しそうです♪

Re: No title

蒸気機関車は今では観光用ばかりですが、乗ろうと思えば
いろんなところで運行しているから乗れるんでしょうけど
なかなかそのためだけにどこかへ行くほど鉄道マニアって
ほどじゃないので、私もこういう機会じゃないとなかなか(笑)
めったにあることじゃないので、すごく楽しかったです♪

わらびに見えるやつ、ものすごい広範囲で群生してたので、
食べる習慣はないんだと思いますよ。収穫して水煮とかに
して輸出すれば儲かるかななんて考えちゃいました!

No title

あれー

トーマスくん

目がないですね(笑)

本物 横幅が狭いんですね~

Re: No title

そうそう、私も「あれー目とか口とか書いてないのー」って
言っちゃいました(笑)

そういえば、スマートな感じ?

No title

蒸気機関車、昨年出かけた際に乗るつもりだったのですが、雨天で断念したことから、この記事で乗った気分になりました。
来年の夏にもマンチェスター空港からスコットランドに行く途中に晴れたら寄るつもりですが、今度はスカイ島がお目当てなので時間的余裕が無いため、迂回してドライブを楽しむだけになりそうです。

ところで、イギリスもフランスと同様にチップは不要だと思いますよ。
払っている人を見ませんでしたし、私も一度も払った事がありません。
西欧ではユーロのおかげで、どんどんチップの習慣が消滅しているようで、嬉しい限りです。

No title

いつも読ませていただいているのですが、特に今回のイギリスの旅、20年以上も前に行った自分の旅を思い出してしまいました。写真が本当に綺麗でウットリしちゃうほど。本当に楽しみに読ませていただいています。私が旅に出られるようになるのは何時かしら~~~???それまではこちらのブログで目と心の保養をさせていただきますね。私もストロングボウ大好きです!!!!

Re: No title

Rさん

次々回お出かけの際は是非ご乗車下さい♪
ちょっと時間が短いのですが、お弁当を食べながら乗ると楽しそうです。

チップは確かに必須じゃない場面がふえていますね。
わざわざ頼みごとしたり、持ってきてもらうなんてときはやっぱり出すの
常識って感じですが。こういった習慣も年々変わりつつあり、判断が逆に
難しいと思うこともありますね(笑)

Re: No title

Nobuko Ramirezさん

コメントありがとうございます♪懐かしい景色は多いですか?
今回はベタなツアーを選んだので、きっと思い出の風景もあるんじゃないかと思います。
写真は素人なので、何のテクニックも使ってませんから、このままの風景なんですよ。
ストロングボウ、何本か買ってきましたが、とっくになくなってしまいました(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR