イギリス・ストラットフォードアポンエイボン

2013/06/19 (4日目) 続き

9:45 いったんバスに乗り、町の中心にある駐車場へ移動します。町に着いたときに地図をチェックしていたので、どこを走っているのかわかります。車窓からシェイクスピアの生家を庭側から撮影することができました。我ながら絶妙のタイミング。バスの車窓の高さからならではのアングルです。

シェイクスピアの生家の庭


9:55 町の駐車場で降りて、シェイクスピアの生家へ向かいます。庭側から見たときにそれほど大きく見えませんでしたが、実は結構大きな家です。シェイクスピアはそこそこいい家の生まれだったんですね。

シェイクスピアの生家


この後フリータイムになるので、内部見学したい人は各自で入場となります。入場料は14ポンドくらいだったかと。
こちらシェイクスピアの生家があるヘンリー・ストリート、素敵な町並みです。

ストラットフォード・アポン・エイボンのヘンリー・ストリート


町中にある昼食のレストランまで行って、11:00レストラン集合でフリータイムとなりました。町歩きを楽しみたいので、生家などの入場はやめて、まずは町の真ん中を貫くハイ・ストリート、チャペル・ストリートを進みます。テューダー朝の家並みが見事です。

ストラットフォード・アポン・エイボンのテューダー朝の家並み


しばらく行くと道沿いにナッシュの家とニュー・プレイスがあります。ナッシュというのはシェイクスピアの孫娘の夫だそうで、どこまでもシェイクスピアネタで稼ぐつもりなのと思うほどです。ニュー・プレイスはシェイクスピアの晩年の家の跡地だそうですが、塀沿いに覗く限りその面影はまったく残っていないと言えそうです。

ナッシュの家とニュー・プレイス


さらにまっすぐ進んで次の通りを曲がったところに、もうひとつシェイクスピアゆかりの場所があります。ホールズ・クロフト、シェイクスピアの長女が最初の夫と暮らした家だそうです。なんだかな、こじつけがいやらしいと思いつつも、17世紀の家がほぼそのまま保存されているという点で見ればいいのかも知れません。

ホールズ・クロフト


古い家の内部に興味がないわけでもありませんが、何しろ入場料が結構高いので、短時間で見るのはもったいないし、そのまま町歩きを続けます。町の中心の方へ戻りがてら違う道を来ると、ロイヤル・シェイクスピア・シアターに出てきました。この町に泊まるのであればここでシェイクスピア劇を見れば完璧って感じでしょうね。

ロイヤル・シェイクスピア・シアター


後はまだ歩いていない中心部の道をできるだけ歩こうと試みます。特に何かを目的としていなくても、その町並みだけ見ていてもワクワクする、そんな町です。古いゆがんだような家並みが何ともいえません。

ストラットフォード・アポン・エイボンの町並み


ですが、ブリッジストリートを歩いている際に、1ポンドスーパーを見かけたのでふらりと入ってみました。お土産になりそうなお菓子などが安く手に入ります。お得だったので、ついついチョコレートなどをたくさん買い込んでしまいました。

1ポンドスーパー


残り時間も通ってない道を歩き、町並みを楽しみます。ホーリー・トリニティ教会をフリータイムの前に見ているので、1時間で十分町中の道を歩きつくせます。天気もいいですが、道にゴミなども落ちていなくてとてもきれいにされていて気持いい散策になりました。

ストラットフォード・アポン・エイボンの町並み


ちょっと素敵なかわいらしい時計塔です。どの地図にも何も書いていなかったので、特に重要な由来があるというわけではないようですが、この町にはどこを向いてもそんなもので溢れているような要素があります。天気がよく半袖でも暑い散策となりました。

ストラットフォード・アポン・エイボンの町中にある時計塔


11:00 昼食のレストランへ帰ってきました。マーロウズ(MARLOWE'S)という古い建物を使った老舗っぽいレストランです。

マーロウズ


外見だけでなく中も古いです。私たちは3階の部屋を使いましたが、入り組んだ店内を縫うように奥へと入っていく感じでした。

マーロウズ店内


雰囲気はばっちりですが、食事はイマイチでした。いえ、まずいとかいうのではなく、ちょっと貧相というか・・・。こちらメインのチキン。いくら日本人が少食とはいえ、ちょっと小盛りすぎじゃないでしょうか。

マーロウズのチキン料理


雰囲気は悪くないのに、どうも居心地が悪いレストランで、何でかというと、とにかく建物すべてがゆがんでいるんです。あがってきた階段、廊下や部屋の床もすべてゆがんでいます。床がゆがんでいると椅子もテーブルも水平じゃないので、なんとなく気持が悪いのです。そんなときは素敵な窓の外の景色をみて深呼吸、です。

マーロウズの窓


次回はハワースをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

あまり関係ない話かもですが
前回から思ってたんだけど

赤い車ですよね
二階建てバスとかも
なんか目だぢますね
(あたりまえのような、でも目立ちすぎるような^^)

Re: こんにちは!

こんにちは!

赤い車、ですか・・・。一般の乗用車は赤の割合は低かったと思います。
たぶん、日本と同じくらい。
赤い二階建てバスはロンドンの代名詞みたいなものですけど、ここで写っていたのは
たぶんシティーサイトシーイングのツアーバスだと思います。
観光地でおなじみの乗り降り自由の巡回バスですね。この町は小さいので
バスを利用する必要はあまりなさそうですが、アン・ハサウェイの家などへ
行く人が利用するみたいです。木組みの家とか多く、町に茶系の色合いもあるからか
赤い色はそれほど気になりませんでしたよ!

No title

街並がほんとに素敵ですねえ♪
電線とか、高いビルとかもなくて、
落ち着いて歩き回れそうです。

「ゆがんでる」こと、ありますよね〜。
私もずっと以前ヨーロッパ旅行したとき、
イタリアの宿で、ドアの下の隙間が
三角形になってて、うーん、と思いました。

Re: No title

生活するにもよさそうな町でしたよ、観光と生活が共存できる
いい町でした。

このレストランのゆがみは半端なかったです。
傾いているとかそういう次元じゃなくて、床がぐにゃぐにゃしている
感じです。なんか、まっすぐ歩けない、みたな(笑)
床が抜けるんじゃないかと心配になりました!きっといつか抜ける
んでしょうね・・・

こんばんは

イギリス、本当はこの秋に行く予定だったんです。
思いがけない病気で残念ながらキャンセルしました。
病気をすると、行ける時に行かなくっちゃ・・・・と切実に思いました。
近いうちに行けると良いけれど。

No title

もぉ---!!!行きたい!!!

Re: こんばんは

seabreezeさん、こんばんは!

残念でしたね・・・。旅行というのはいろんな条件が揃わないと
行けないので、本当に行けるときに行かなくちゃ、と思います。
きっと近いうち行けるようになることを祈ってます!

Re: No title

ROLETTAさん

行きたい!ってコメントはなんだかとっても嬉しくなります!
行ってきたばかりですが、私までまた行きたいって思っちゃいました(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR