イギリス・カッスルクーム

2013/06/18 (3日目) 続き

14:55 バースからバスで40分、コッツウォルズの南端に位置する「イギリスで最も古い家並みを残している集落」に選ばれたカッスルクームに到着、村の北東アッパー・カッスル・クーム地区にある駐車場でバスを降りて、1時間の自由散策です。駐車場から緑のトンネルのような道を下り、村の中心へと向かいます。

カッスルクームの村の中心hと続く道


駐車場から下りてきて最初の分岐点の近く、とても素敵なお宅があります。絵本の中からそのまま出てきたような家で、誰もがカメラを向ける存在です。それをわかってかとてもきれいにしていますね。この印象的なお宅のおかげで、皆駐車場へ戻れることでしょう。

駐車場からカッスルクームの村の中心の途中にある家


なだらかな下り坂を、まだかなー、これ帰りは上りかと思いながら歩いていると、見えてきました、村の入り口、もとい中心です。やわらかい蜂蜜色のコッツウォルズ・ストーンとも呼ばれるライムストーン(石灰岩)の家々が緑の中から沸いてきたようです。

駐車場からきたときに最初に見るカッスルクームの村の景色


こちらが村の中心ちょっとしたY字路になっています。駐車場は右奥、手前がメインストリートです。真ん中にあるのは、14世紀に建てられたというマーケット・クロス(十字標)。中世にはこの風景のそのままの中、ここで市場が開かれていたのでしょう。

カッスルクームの中心マーケットクロス


マーケットクロスからまず村のメインストリート、ザ・ストリートを進みます。せいぜい500メートルほどしかない狭い道の両側には15世紀からほぼ変わらない家並みが続きます。道が舗装された点を除けば、見た目は何も変わっていないのかもしれません。

カッスルクームのメインストリート、ザ・ストリート


ザ・ストリートの終わりにはバイブルック川が流れ古い石橋がかかっています。振り返って撮ったこの風景はよくガイドブックなどで見かけるものです。正面に修復中?のお宅があるのが残念。バックホース橋、15世紀の石橋とザ・ストリートの家並みは大人気で、このとき幸運にも他に大きな団体がいなかったので、村は空いていて観光客の入らない写真を撮ることができました。

バックホース橋


バックホース橋から少し行ったところに村の公衆トイレ(無料)があり、このあたりから皆引き返しながら村の散策を楽しむようです。私たちは少しだけ何もなさそうに見える道を進みました。そこにはマイナーなガイドブックに書いてあったローマ橋が静かにたたずんでいます。名前からするとローマ時代くらい古いということなのでしょうか。片側だけ手すりのついた古い石橋でした。

カッスルクームの奥にあるローマ橋


小さな村なので、ゆっくりと来た道を戻ります。ザ・ストリートの家並みは、遠めに見ても素敵ですが、間近で見るのもいいです。家々は連なり一体となっていますが、一軒一軒に個性があります。特に玄関扉は、扉の材質や取っ手などまちまちでおもしろいです。

カッスルクームのザ・ストリートの家並み


マーケットクロスのすぐ前にあるセントアンドリュー教会です。かわいらしい教会ですが、この村の規模から考えるととても立派にも見えます。教会の入り口付近にある郵便ポスト、懐かしいものを見た感じです。

セントアンドリュー教会と赤い郵便ポスト


教会の小さなお庭は墓標でいっぱいです。小さな村で生涯を終えて眠っている方たち、遠い知らない国の人たちがわんさか訪れることにとまどっているようにも見えます。

セントアンドリュー教会の庭の墓地


小さな教会の内部は意外とモダンに見えました。13世紀創設の教会とのことで、長く大切に使われてきているのがよくわかります。

セントアンドリュー教会内部


まだ時間があるので、ブラブラしますが、これといってお店などは開いていません。有名な観光地なのに、あまり観光地化されていないのが、この雰囲気を保っている理由のひとつかも知れません。教会の近くの家の軒先では、ひっそりとホームメイドのお菓子を売っています。売り子は見当たらず、買いたければ中に声かけてね、という受身の雰囲気です。

ザ・ストリートにある家で売られているお菓子


とても小さい村なので、他に行くところもなく、かといってわき道すらなく同じところをうろうろしていると、マーケットクロスから奥の方に素敵な道を発見しました。この先にマナーハウスがあり、そのゲートがある向こうです。

カッスルクームのマナーハウスに繋がる道にある家並み


とはいえフットパスにもなっているようので入ってもよさそうです。どうです、この家並み、とても現役のものとは思えないでしょう。村の中心からは見えない位置にあって、観光客も見落としがちな一角ですが、ザ・ストリートに負けない風情です。

カッスルクームの家並み


この素敵な村には1分でも多く滞在しようと、皆が帰路につく中、一人もう一度メインストリートを下ってバックホース橋に向かいました。この村は緑に囲まれているからこそ素敵なのでしょう。空が青かったらなぁとちょっと残念に思いました。

カッスルクームのバックホース橋手前の景色


橋の先のトイレを使わせて頂き、1ポンドも使うことなくこの村を後にします。トイレから村を縦断し駐車場までほぼすべて上り坂、かなりしんどかったです。最後は駆け足、トイレから15分ではギリギリで冷や汗ものでした。

次回はバイブリーをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この家並みは無敵ですね。
何もしなくても人気でますよ。
早足の人もスローになるでしょう。

Re: No title

押し寄せる観光客から巻き上げようという気がまったくないのが
スゴイです。トイレも無料だし。
シーズンがよかった割に、団体客がウヨウヨいなくてよかったです。
バースで会った日本人団体がごっそり着てたら日本のテーマパークに
なっちゃいますものね(笑)

No title

こんにちは。

素敵な町ですね。
村と言うべきかな(笑)

今までTVなんかの番組でも見たことがないですよね。
でもTVで報道されると変に観光地化されてしまうかもしれませんね。

このままが一番いいのでしょうね。

Re: No title

こんにちは!コメントあありがとうございます♪

すっごい小っちゃい村です。家の数が数えられそうなくらい。

この村、とっても有名なんですよ。日本の旅番組などではあまり
見ないかもしれませんが、映画のロケとかにも使われていますしね。
毎日大量の観光客が押し寄せるだろうに、この雰囲気を保ち続けて
いるってのが奇跡です!

No title

そこだけが何世紀もタイムスリップしたような、街並みですね。是非行ってみたいです。

Re: No title

コッツウォルズにはこんな感じの村が点在しているみたいで、渡り歩くのも
楽しそうです。すごく素敵な村なので、ぜひイギリス行きのときは足をのばして
くださいね!オススメです♪

No title

カッスルクームの街並、なんて素敵なんでしょう。
時が止まったみたいだけど、遺跡ではなくて
人が住んでいる温かさもあるのですね。
家々の屋根が特に素敵と思いました。

お土産屋さんなんかないところが
ますます良いですね☆

Re: No title

カッスルクーム、気に入りましたか♪
お土産屋さんもあるらしいのですが、目に入らなかったし
本当に時が止まったように見えますよね。
軒先の花とかちょっとしたものまで、まるで作ったように
美しかったです♪

No title

なつかしい!

イギリスをドライブした時、立ち寄りました。
三叉路の真ん中に柱のようなものがあるところで
撮った記念写真があります。

この地方が一番美しいと思いました。

Re: No title

いつもドライブなんですね~。うらやましい。
気ままにいろんな村に立ち寄ってみたいです。
あれだけ長閑なところなら私でも運転できるかなぁ(笑)

いつも面白いお話ありがとうございます。

静寂感が凄いなーと思います。
日本の俺だったら土産屋作ってハッピ着て「ヘイらっしゃいらっしゃい」とか連呼しちゃうと思う。

No title

うわぁ  素敵な村ですね

ひっそり静かに時が流れてるッて感じ!
曇っているのが・・・似合っているようですね

Re: いつも面白いお話ありがとうございます。

オレガノフ44号さん

コメントありがとうございます♪
静かな村で呼び込みなんてしたら村中に響いちゃうかも(笑)
静かなのが誇りなんでしょうねー。
でも観光客からお金巻き上げないのももったいないですね!

Re: No title

みみごんさん

コメントありがとうございます♪
曇っているのはうらめしく感じましたけど、なるほどそれもあって
静かさが増していたかもしれませんね!
実際ここは時計が進むのがゆっくりに感じました♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR