グアテマラ・ペテンシート

2013/04/08(8日目) 続き

16:30 ティカル遺跡から70分、爆睡している間にサンタエレナのホテルに帰ってきました。と思いきや、荷物を部屋においてまた観光に出かけます。遺跡観光で疲れてパスした人も何人かいて参加は9名に留まりましたが、16:45 徒歩にてホテルを出て、ショッピングセンター脇にある小さな船着場にやってきました。

サンタエレナのショッピングセンター裏にあるボート乗り場


17:00 ボートに乗りペテン・イッツア湖にある小さな島「ペテンシート」へ向かいます。
暑さも薄れ、風をきって進むボートに乗るのは疲れていてもなかなか気持がいいです。

ペテン・イッツァ湖をボートで進む


ボートからはフローレス島もよく見えます。フローレス島はあまり大きな島ではないので、建物ひとつひとつが数えられるような規模です。写真だと、裏に対岸が写ってしまっていて見分けにくいですが・・・。

ペテン・イッツァ湖から見るフローレス島


ボートで15分弱、本当に小さな島に到着です。ここは自然動物園になっているということですが、まさに自然がそのまま残る島です。

ペテン・イッツァ湖に浮かぶ小さな島ペテンシート


ボートを降りるとすぐ、自然動物園の入り口です。残念ながら人気だったジャガーは死んでしまって、今はいないのだそうです。

ペテンシート自然動物園


入ってすぐは、イノシシに囲まれます。群れの間を人間が通り抜けなければなりません。檻というより広い囲いの中を、見物人が通らせてもらうという感じです。

子連れのイノシシの群れの間を通る


この小さな島にはあまり動物はいませんが、鳥が結構いるようです。この子は人に慣れているのか、自分から寄ってきました。あんまり寄ってくるとちょっと怖いですね。

人によってくる大きなインコ


ここでもコンゴウインコは放し飼いです。デカイのでそれこそ怖いです。さっきのオウムみたいのだと思いますが、怒っているのか、ガーガーけたたましく鳴いているので、コンゴウインコが興奮して人に襲い掛かろうとして、さらに怖さが増しました。

おとなしくないコンゴウインコ


あっという間にだいぶ日が傾いてきました。帰る頃には夕日が見れそうです。湖では漁をしているのか小さなボートが浮いているのが見えます。なんだかほっとする光景です。湖の水もとてもきれいです。

ペテン・イッツァの夕暮れ


小さな島からつり橋で対岸に渡ります。つり橋と聞いて腰が引けましたが、高さがまったくないので、思ったほど怖くありませんでした。湖の深いところでは水深100メートルもあるとのことですが、岸辺ではたとえ落ちてもおぼれることもなさそうです。こうして振り返ると、めちゃくちゃ島が小さいことがわかります。

つり橋でつながったペテンシート


渡った先も動物園が広がっています。こちらはTucan、オオハシです。50cmくらいの鳥ですが、顔とクチバシの色がなんともきれいです。また、とてもかわいい表情をしていて、まるでおもちゃのようにも見えます。

Tucan、オオハシ


いろんな鳥類や動物がいますが、この周辺に生息しているものばかりで珍しいものが結構多いです。中には微妙なのも少なくありません。
こちらはMicoleon(ミコレオン)、キンカジュー、猿の一種。なんというか、あられもない格好です。

Micoleon(ミコレオン)、キンカジュー


こちらはOcelote、オセロ、豹ですね。やっぱりかっこいいです。

Ocelote、オセロ、豹


いろんな動物を見た後は、サンセットに合わせ、18:00 ボートに乗って戻ります。フローレス島をバックに夕日が沈む姿を眺めます。残念ながら最後は雲に隠れてしまいましたが、一日の疲れを癒すかのような光景でした。

ペテン・イッツァ湖で見るフローレス島に沈む夕日


ホテルへ戻ると、携帯電話の電池があっという間になくなっていたのに気付きました。ティカル遺跡を中心として、グアテマラでは圏外のエリアが多かったように感じます。

19:30 DNR@HTL
ホテルで夕食ですが、ユーラシア旅行社と言えば噂に聞いていたそーめんがここで登場。食事の代わりではなくて、食事の前に出てきました。タイミングとしては絶妙ですね。旅も後半だし、一日歩き回った後なので皆よろこんでいました。添乗員が日本から持ってきて現地で厨房を借りて作るので、私の中でも賛否両論です。大変だし、2,3口で十分という気もします。

ユーラシア旅行社のそーめんパーティ


次回は最後の国ベリーズに入りカハル・ペッチ遺跡をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんなカラフルな鳥、そしていろんな動物がいる自然動物園、
面白そうですが、怖そうでもありますね。

そうめんは、こういうところで食べたら美味しいだろうなー。
私は海外に行くとすぐ日本食が恋しくなってしまうので、
きっとあったら感激です。

Re: No title

ほのぼのとした動物園でした。
普通の動物園とはかなり違いますけどね。

海外行ってまで無理して日本食食べなくても、と思いますが
体調を保つためには必要かなとも思いますね。健康じゃなきゃ異国料理も
楽しめませんものね。
恋しくなるという点では、やっぱりダシの味です。
海外の食べものは日本食ほどダシがきいていないものが多いですから。
ということで、海外へはカップ麺をよく持って行きます。日本では
カップ麺を食べたとしてもスープまでは飲みませんが、海外だと勿体無くて
体に悪そうだけど全部飲んじゃいます(笑)

No title

今でも出るんですね’そうめん’。
嬉しいな、変わらないユーラシア旅行社。
湾岸戦争の時、潰れないで応援した甲斐があったものです^^
今でもユーザーです、ツアーじゃないけど。。

Re: No title

私は今回ユーラシアの利用は初めてだったのですが、そうめんの噂は
前から聞いていて、旅でユーラシア旅行社の名前が出るたびに、あーそうめんの
会社ね、って思ってたんです。
今ではヨーロッパなどのツアーでは出ないらしいですが、好評のようですね。
リピーター曰く、その他の点でいろいろ昔よりグレード落ちたという話ですが
私は十分だと思いましたけどね。もっとも催行決まるのが一か月前というのが
致命的で、あまり積極的に使えないのが残念です。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR