ホンジュラス・コパン遺跡アクロポリス東広場

2013/04/06(6日目) 続き

まだまだコパン遺跡見学は続きます。かなり暑いですが、旅の初日の蒸し暑さを思えばまだ耐えられるという気温です。

アクロポリスと呼ばれる区域の南端を神殿16を回りこむ形で歩きます。するとさらに南側、一段下がったところにたくさんの構造物が見えました。エル・セメンテリオと呼ばれる場所です。墓地という意味だそうですが、墓だけでなく王侯貴族の住居があった場所です。一般の観光客は訪れることもなく、静かなひっそりとした空気が流れていました。

コパン遺跡エル・セメンテリオ


次の見学場所は神殿16の東側にある神殿18です。ここは王朝の末期、最後の16代王ヤシュ・パサフが神殿16の完成後に建てた唯一の建造物と思われています。比較的小さな神殿ですが、見学用に造られた階段を屋根に保護されたてっぺんまで上ります。

コパン遺跡神殿18


その階段の途中に、16代王ヤシュ・パサフのお墓があります。地下へと降りる数段の階段から中を覗いてみましたが、内部の空間は大きめで、ただ墓があっただけでなく地下トンネルなどもあったみたいです。

第16代王ヤシュ・パサフの墓


神殿18の上には崩れた建物があり、無理やりのようにつなぎ合わされた石には、王の像や碑文が刻まれているということですが、未完成のパズルのようで、素人目にはなんだかさっぱりわかりませんでした。

神殿18上部


神殿18の上からは、先ほど見てきた神殿16の裏側が見えます。裏側はまったく修復されておらず、おそらく発見時に近い状態です。巨大な神殿には木が生い茂り、注意していなければのみ込まれてしまいそうです。

神殿16の裏側


神殿18の上付近からはもうひとつ素晴らしい眺めを楽しめます。コパン遺跡を囲む景色です。遺跡の東側にはコパン川があり、川は見えないくらい切り立った崖の下ですが、対岸の自然の景色を眺めることができます。暑さを忘れるくらい爽快な景色です。

アクロポリスで見るコパン遺跡周辺の景色


神殿18から続く構造物17の端まで来ると、東広場の南東の角にでます。広場をいくつかの構造物が連なって囲んでいるので、ちょっと大きめの空のプールのようです。コパン遺跡にいる観光客のほとんどがここに集まっているという感じでにぎわっていました。対角線上に見える屋根付きの建物は、ポポル・ナフ(会議場)、最盛期以降エリート達の合議で政治が行われた場所です。なお、写真右手前はコパン川に面した絶壁になっています。

コパン遺跡アクロポリスの東広場


東広場に下りて、しばし木陰で腰を休めます。それでなくても怪我人で傷が痛むのに、この上常連である熱中症患者になるわけにはいきません。遺跡に対する興味が勝っているようで、思っていたより体調がいいのは自分でも驚きました。上り下りには辛い段差の石に腰掛けてガイドの話を聞きながらあちこち目だけ向けます。奥に見えるのは神殿16、ロサリラ神殿見学のトンネルの入り口はこちらが正しい入り口のようです。

東広場から見る神殿16とロサリラ神殿見学トンネル入り口


腰掛けていた石のすぐ上には踊るジャガーと呼ばれる彫り物があります。ジャガーというよりはクマに見ますが、近くに2つほどありました。この東広場でも生贄などの儀式が行われたようです。

コパン遺跡東広場の踊るジャガー


ゆっくり休んだ後、ポポル・ナフ(会議場)、とその右の、最盛期18ウサギ王の雨の神チャックの神殿22へと向かいます。石段をまた這い上がるので体力を使います。写真は神殿前の階段ですが、階段にもマヤ文字が刻まれています。保護されていないこともあり、うっすら過ぎて何が描いてあるのかさっぱりわかりません。

コパン遺跡アクロポリスの神殿22の階段の彫刻


ポポル・ナフと最初に見学した神殿11の裏あたりが繋がっていて、実はアクロポリスは、多くの建造物がくっついているおもしろい複雑な構造であるがわかりました。増築されていったイメージでしょう。そして、ここから北側にはグラン・プラサ(大広場)を見下ろすことができます。球戯場や神聖文字の階段の神殿26(テントに覆われた部分、アクロポリスの一部)が見えます。

アクロポリスからグランぷラサ方面を見下ろす


眼下には神殿11の裏側にあたる斜面が壁のように見えます。ここにも大きな木が何本も生えていて、何かあれば崩れそうに見えます。下のステラ(石碑)とアルター(祭壇)がとても小さく見えます。アクアポリス全体が高さ37メートルの高台にあるのです。

神殿11の裏側とステラN


アクロポリスからグラン・プラサを見下ろせる場所には、当時の再現図がおいてありました。
こんな高台から王は球戯の様子を見ていたのでしょうか。かなり距離がありますね。

コパン王朝当時の様子


神殿11の北西にある斜度のある階段を下りて、さっき見下ろしたところまで下りてきました。
上から見えていたステラN、第15代カク・イップ王の立像です。小さく見えるかも知れませんが、人の背丈の2倍以上ある大きな石碑です。見事な彫刻です。

コパン遺跡神殿11北にあるステラN


次回はコパン遺跡最終回、神聖文字の階段とグラン・プラサをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これだけの遺跡を歩いて見て回られるのはかなりの体力と好奇心が無ければできませんね。
その中でコパン川の景色が癒されます。
いっしょに見て回っているようで、熱中症になりそうですワ・・・♡

Re: No title

この遺跡は思ったより高低差がありましたねー。
でも木が多いから木陰があり、ずっと日に当たりっぱなし
じゃなかったのがよかったのだと思います。
遺跡の復元作業もほどほどだし、周りが開けてないのがいいですよね♪

No title

相変わらずなんというかこう食指を刺激されるステキな旅ブログですね・・・ゴクリ

私も一度でいいので行ってみたい・・・その前に一度でいいので飛行機という次世代マシンに乗ってみたい・・・

Re: No title

いらっしゃいませ♪

今回は遠くてあまりメジャーとは言えない国々のレポートですよ!
楽しんでくださいね。
飛行機乗ってみたいですかー。私は乗らずに旅できればと思ってますよ。
それこそどこでもドアができるのを首を長くして待ってるんです。
またおいでくださいね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR