ホンジュラス・コパン遺跡石彫博物館

2013/04/06(6日目) 続き

13:45 コパン遺跡公園の入り口近くにある石彫博物館(Museo de Escultura、彫刻博物館と訳す場合も)を先に観光します。凝った入り口で、ここから続くトンネルをくぐります。発掘のために彫られたトンネルを模したもののようです。

コパン遺跡石彫博物館入り口


トンネルをくぐると中央を吹き抜けとした2階建ての博物館内に入ります。1996年開館と比較的新しいですが、建物内はエアコンとかないので日が当たる場所は暑いです。遺跡で発見された主だった石碑(ステラ)などのオリジナルはこちらで見ることができます。

コパン遺跡石彫博物館内部


中央にあるド派手で巨大な建造物は、神殿16と呼ばれるピラミッド状構造物の内部調査で見つかった「ロサリラ神殿」の実物大レプリカです。1989年のトンネル調査でピラミッドの下から見つかったそうですが、中央の下段の開口部だけで3メートル弱の高さなので、かなりの大きさになります。コパンが色彩豊かな都市だったことが伺えます。

復元されたロサリラ神殿


この博物館で最も貴重な展示物のひとつが、写真手前のアルターQ(アルター=祭壇)です。ロサリラ神殿が埋まっていた神殿16の前にあったもので、コパン王朝の全16代の王が4人ずつ四方に刻まれています。最後の16代目の王ヤシュ・パサフ(日の出という意味の名)が776年に捧げたものです。

神殿16前にあったアルターQのオリジナル


こちらが正面。左から2人目が初代王のヤシュ・クック・モ、右から2人目がヤシュ・パサフで王権の象徴であるカウィルの儀杖を初代から受け取るシーンが描かれています。どうやら16代目は15代目の息子ではなかったらしく、弱体化した王朝での王位継承を正当化するのに必死だったようです。ちなみに、初代王の口からガム風船みたいのが出ていますが、故人を表す表現だったみたいです。コパンの王朝は426~820まで約400年続いたことがわかっています。

コパン王朝16人の王と王位継承を示すアルターQ


もう一つの必見展示物はこちら、グラン・プラサ(大広場)にあったステラAです。第13代の舌をかみそうな名前のワシャクラフン・ウバク・カウィル王(通称18ウサギ王)によって造られたもので、王自身が太陽神の図像に囲まれた高浮き彫り技法の石碑です。芸術性、技術とも素晴らしく、当時最盛期だった王朝の様子がわかるようです。

コパン遺跡のステラA


側面や背面にはマヤ文字がびっしりです。もともとステラは王朝の記録のために造られたもので、当時の出来事などが綴られています。この碑文には、コパンの他に、ティカル、カラクルム、パレンケの紋章文字があり周辺の大都市とも交流があったことがわかります。マヤとはこうしたネットワーク国家だったのです。

ステラAの背面と側面に刻まれたマヤ文字


こちらがコパンの紋章です。こうしてよく見ると不気味です。似たような感じのも多くて、実物から探すのは大変です。

コパンの紋章文字


他の展示物もよく見ると奇妙なデザインのものが結構あります。積み上げられている石は見落としがちですが、骸骨です。もちろん死を意味するものです。

ドクロの彫刻


こちらは代表的なデザイン、コンゴウインコをモチーフにしたものです。球戯場の両サイドに立てられた建物です。

コンゴウインコの彫刻


博物館の見学は英語ガイドが主なものを説明してくれて、後半にフリータイムもくれました。
そんなに広くないので、これから遺跡見学のために体力温存するためにも、ゆっくり一巡するのみに止めます。どれも素晴らしい展示品なので片っ端から写真撮影します。
こちらはエル・セメンテリオと呼ばれる区域の王侯貴族の家です。

エリートの家


どの展示物にも、その展示品が発見された場所と、スペイン語、英語での説明が添えられているので、わかりやすいです。外国語がわからないって場合でも場所だけでも分かれば、後でガイドブックや書籍と照らし合わせることもできますしね。

展示品のオリジナルの場所を示す


素晴らしいマヤ彫刻の数々を見られるのでこの博物館はオススメです。全部紹介したいところですが、結構大変なのでこの辺でやめておこうと思います。こちらはちょっとほっとした作品、カエルですかね。有名な遺物もいいですが、こういうのも好きです。

素朴な彫刻がかえって目をひく


たっぷり一時間近くの見学、最後はベンチと呼ばれるベットのような台の彫刻です。といっても王が使っていたもののようなので王座とも言えるかもしれません。月の神の彫刻部分です。
ウサギがいますね・・・。

月の神が刻まれたベンチ


次回はいよいよコパン遺跡のレポートに入ります♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この手の文明って かなりヤバイ風習やってたみたいですね 現在でも 戦争とか似たり寄ったりで人は変わりません
怪我には気を付けて下さい 俺の妄想旅行ができなくなります
出来ましたら ホテルで眠るときにどんな 音 がしてますか?こっちで言えばカエルとかセミとか 気が向いたらおしえてください それでは ごきげんよう

No title

コバンの石彫は、デザインがモダンで芸術性が高いと思います。
石を彫るのだから、固いだろうに、曲線美をも表現されていますね。
昔の人は、本当に偉大です。

Re: No title

アキオさん

血生臭い儀式、とか想像してますね~?
もちろんマヤでも都市間の戦争などはあったようですが、想像するほど
悲惨なものでもなかったようですよ。皆殺しにして征服するとか、そういう感じでもなく
儀式も王族が自らの体を傷つけて行うとかいうのが主流だったようです。
もちろん、エグイのもあったでしょうけどね・・・

音ですが、そうですね、朝方は鳥のさえずりが結構聞こえますね。
そもそも敷地の広い低層のホテルが多いので、あんまり音はしなかったです。

Re: No title

ペチュニアさん

コパンで使われた石は凝灰岩というもので、柔らかく加工しやすいものだったようです。
だからこそ他都市では見られないほどの芸術性が出せたのかもしれませんね。
ほかのマヤ低地では石灰岩が主流だったそうですし、都市の場所によって使われる石が
いろいろ違ったみたいですよ!
それでもデザインはすごいです!!

お返事ありがとうございます。

ふーん、納得です。
石灰岩はいろんな所で活躍していますよねえ!!

Re: お返事ありがとうございます。

石の種類は場所によって違うって、グアテマラの博物館で
聞いていたのに、私もこれみたとき、すごいなーどうやって彫ったんだ
って素直に思いましたよ!
石の質感だけじゃ素人目には違いわからないなーと思ったものです!

おはようございます!

はじめまして
いつもお出で頂きありがとうございます。
そして、私の知らない世界を楽しませて頂きありがとうございます。
それにしても、ものすごい旅の連続ですね!!

Re: おはようございます!

はじめまして!コメントありがとうございます♪

この旅は私にとっても冒険的要素の強いものでした。
こうしてよく旅をしていると何が日常かわからなくなってしまう
こともありますよ(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR