アクシデント発生!痛過ぎるアンティグアの思い出

2013/04/05 (5日目) 続き

集合時間の16:00まであと3分ちょっと。見積もりでは中央広場まで4分。微妙に足りない。しかし、今回のツアーはこと時間に関して緩く、かつてないほど時計を気にすることがないので、1,2分遅れてもたぶん何の問題もない。だから最後の30メートル、ちょっと走って誠意を見せればいいんじゃない?そんな考えが頭をよぎりました。

けれど旅ともさんは既に走り出していました。そんなに急がなくても最後走ろうよ、と声をかけ始めたけど聞こえそうに無い。サンタ・クララ修道院の前の道は、交通量がありました。狭い舗装された歩道は人を追い越せる幅はなく、旅ともさんとの間に距離ができてしまいました。

歩道のさらに内側にある道のような石畳はすいていたので、そこを走り抜けようとしました。その瞬間・・・。ボコボコの石畳に足を取られました。この日、石畳の町を歩くことがわかっていたので、トレッキングシューズのようなものを履いていましたが足は疲れていたようです。

それはあっという間の出来事だったと思います。でも私にはスローモーションのようにコマ送りに感じました。やばい、そう思ってから体勢を立て直せると最初は思いましたが、走り始めというのもあって勢いがついていました。そう、三段跳びのホップステップ状態でした。

思ったより体が重い、ダメだ、そうわかって、被害を最小限に抑えることに頭を切り替えました。瞬間の出来事が本当にゆっくりに感じられるほど頭ではいろんな計算をしたんです。手に持っていたデジカメを諦め放り出しました。ただ、体が反応するのは少し遅かったようです。

自分でもびっくりするくらいの凄い悲鳴と共に、私は石畳にダイブしました。カメラを投げ出すのが一瞬遅かったため、うまく手をつけず、左半身側から石畳に倒れこみました。
激痛が走り私のスローモーションだった時間がぴたりと止まりました。

しばらく動けませんでしたが、頭から落ちたようで、額を押さえると自分の手が血に染まり恐怖を覚えました。自分がどうなっているのかわからないけれど、全身激痛がします。悲鳴に驚いた周囲の人々が集まってきました。

居合わせた現地の人たちが、私が投げ出したカメラやサングラスなどを拾ってくれ、私を助け起こそうとしてくれます。やっとのことで上体を起こした私にティッシュなど役に立ちそうなものを差し出し、中には消毒薬らしきものを塗ろうとしてくれる人までいました。

旅ともさんが戻ってきてくれ、応急手当をしてくれます。現地の人たちはとても親切でしたが治安のよくない国なので、私は少し警戒していたのでほっとしました。恥ずかしさと痛さとで転んだ瞬間のときのようには頭は回りませんでした。

やっと起き上がると、パンツの左膝の部分がやぶれ、膝にも怪我をしています。後は、変な体制で手をついてしまったため左手にとにかく激痛がします。後はどこがどう痛いかわかりません。膝から下には何の問題もなかったため、幸いにも歩けることがわかりました。

こちらがその事故現場です。サンタ・クララ修道院前にある共同洗濯場です。左手写真外に歩道と車道があり、右側の穴が洗濯をする洗濯層です。ここは普段使われているかどうかわかりませんが、グアテマラでは今でもこのような公共の洗濯場で洗濯をする習慣があるようです。

アンティグア、サンタクララ修道院前の公共洗濯場


歩けることがわかったので、広場に向けてゆっくり移動を始めました。旅ともさんには先にいってもらって、添乗員さんに事情を説明してもらいます。ちょっと遅れてもいいんじゃないなんて思ったバチが当たったのだ、そしてそろそろ自分も体を過信してはいけないと思い知らされました。

広場に到着するとツアーの人たちはもちろん、広場にいた大勢の観光客や現地人が何事かと私を取り囲みました。その時は大丈夫、OKと反射的に答えていました。あまり見かけない東洋人旅行者の可愛そうな姿に皆目を引いたようです。

左手の痛みが酷く、指を曲げることはできません。恐る恐る顔を確認すると、目の脇が2cm弱ほど切れていました。後はひどい打撲があちこちあるようです。自分の体重をうらめしく思いました。そして、諦めて投げ出したデジカメ、何の被害もないことがわかりました。この防水カメラ、耐衝撃1.5mなのです。水中撮影用に買いましたが、衝撃にも強く、起動が早いので水辺以外でも重宝ですね。

私の応急処置が落ち着いたところで、バスに乗るため中央広場を離れます。そして何と、あの事故現場の前でバスと待ち合わせでした。さっき現場にいた人たちがもういないことを願ってうつむいたまま16:20、バスに乗り込みました。駅の階段から落ちたような恥ずかしさでした。

私の中ではもう観光どころじゃない、という気持でしたが、アンティグアでまだもう一ヶ所観光が残っています。移動途中窓の外を見ると、崩れたままの建物の脇にある広場で、車椅子バスケをしている場面を見かけました。酷い目にあったと思いましたが、大したことない、と自分に言い聞かせることができました。

アンティグアの広場で車椅子バスケをする人たち


16:35 十字架の丘と呼ばれるアンティグアの北にある丘に到着です。バスを降りて展望スポットまで歩きます。大丈夫?とグループの奥様が私の肩に手を置きましたが、そのとき激痛が走りました。左肩を見ると、既に酷いアザができ始めていました。この頃、痛みが段々増してきていて、皆の大丈夫?にもはや大丈夫とは答えられない状況でした。でも歩けるので、皆の後ろをトボトボと遅れてついていきます。

アンティグア十字架の丘への道


ここが十字架の丘です。すごい眺めです。歩き回ったアンティグアの町が一望できます。ちなみにアンティグアの歴史地区は世界遺産登録されています。自分の怪我の程度がまだわかりかねる状態だったので、大したことありませんようにと密かにお祈りしました。

世界遺産アンティグアを一望する十字架の丘


碁盤の目に整備されたアンティグアの町の背後にあるのは、アグア火山です。地震の元凶である火山ですが、とても富士山に似た美しい山です。山頂は雲に隠れてしまっていますが、本当に素敵な眺めです。痛すぎる思い出と共に私の記憶に残る風景になるでしょう。

十字架の丘から見るアンティグアの町とアグア火山


17:00 アンティグアを後にし、グアテマラシティへ戻ります。
18:15 ホテルへ帰る前にグアテマラシティのYI-HOUという中華レストランで夕食です。正直、痛みで食事どころじゃありませんが、食べないのも周囲を心配させるのでほどほどに頂きます。

グアテマラシティの中華レストラン


こういう時、中華のような取り分けは便利です。もう味は覚えていません。当分アルコールは無理でしょう。すっきりする飲み物だけが楽しみになるでしょう。

グアテマラで食べる中華料理


19:30 グアテマラシティのグランド・ティカル・フトゥーラに戻ってきました。病院へ行くという選択肢もありましたが、グアテマラの医療事情はいいとは言えないだろうし、重傷ではないと判断し、インターネットで対処法を調べ、とにかく打ち身を冷やすことにしました。幸い、ホテルには製氷機があり、旅ともさんがロキソニン湿布薬を持っていたので特に顔と左手を一晩中冷やしました。冷たさと痛さで一睡もできませんでした。

ホテルの大きな鏡で顔を見ると、試合直後のボクシング選手のようでした・・・。もしくはお岩さんのイメージそのものでした。今後のいい薬になる衝撃的な風貌でした。

次回はホンジュラスのコパン・ルイナスをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ayaさんこんばんは!
お怪我大変でしたね。
でも歩けてよかったです。

スローモーションってわかる気がします。
わたしも昨年末に手首を骨折しましたが、まさに転ぶときは
そんな感じでした。

お大事にしてください!

Re: No title

こんばんは!

初めての遠い国での経験のない怪我は真理的にとても不安でした。
さすがに今ではもう治ってすっかり思い出になりました。
左手を握れるようになるのに2ヶ月近くかかり、顔や足にはまだ
傷跡がありますけどね(笑)
旅のまだ前半だったのがちょっと残念でした。

No title

大変でしたね。
痛みはどうですか?
旅先です。
怪我や病気は心細いですよね。
旅ともさんがいてよかったぁ。
お大事にしてください。

Re: No title

コメントありがとうございます♪

顔から血を流すなんてはじめてでしたからちょっとびっくりしました。
旅ともさんは最初、うわっ縫わないといけないかもと思ったそうですが
口に出さずにいてくれたお陰で案外早くに血が止まりました。
とても面倒見のいい方で本当に助かりました。

当時の痛みは涙が出るくらい痛かったです。氷で冷やすのもまるで拷問の
ようでした。今でも左手では重いものは持てませんがいい教訓になりました。
暖かいお言葉ありがとうございました♪

災難

大変な目に遭いましたね。
お怪我からほぼ3ヶ月、今はもう大丈夫なのでしょうか?
お医者さんには行かれたのでしょうね。
十分休養されて、完治してからお出かけください。

No title

大変でしたね。
旅先でのお怪我は不安だったと思います。
骨折していなくて良かったです♡

それにしても、その後のレポートも凄い!
根性ですねー。

No title

アンティグアでの怪我どうだったのでしょうか?
たいしたことがなかったことを願っていますが、
石畳の上に倒れるのも辛いですよね。
ツアーの方々に心配させないために、
我慢するのも大変だったことでしょう。
今は英国旅行中でしたね。
事故がないように注意して楽しんで下さい。

Re: No title

皆様、コメントありがとうございます!


ふたばさん

今は日常生活には支障がない状態ですのでご安心ください!
コロニアルな町の風景も絵になる日を待ってます♪


ペチュニアさん

旅行中はもしかして折れてるかもと思いましたが、どうやら
折れていなかったようでほっとしました。
この後のレポートはいつもより雑になるかも知れません(笑)


takechan0312さん

転ぶだけでこんなに怪我するとは思ってもいませんでした。
実際には飛び込んだ、に近かったと思いますが・・・。
あ、英国からはもう帰っています。久しぶりに何事もなく
無事に旅を終えました。こんな調子ではいつまで旅に出られる
やら、です(笑)

No title

初めてのコメントです。いつも楽しみに拝見しております。

旅先では何が起きるか解りませんよね。

数年前友達とオランダに行った時、友達が転んで打ち身が酷くて、予定していた所に行かれなかったのを思い出しました。
(個人フリー旅行だったから予定変更出来たけれど・・・)

友達の怪我以来、私は足元を良く見て、あわてずに行動するようになりました。 
気を付けてくださいねぇ。 怪我が治って良かったですね。

Re: No title

コメントありがとうございます♪

ちょっと打ち所が悪ければ危ないところでした(汗)。
旅先では普段以上にあちこち目がいってしまいますから
危ないですよねぇ。
あわてず行動、私も心がけます!

No title

はじめましてv-353
私も海外旅行好きなので、いつも楽しみにしてます。
それにしても大変でしたね。
でも異国の病院での診察v-74も不安なので、大事に至らなくって良かったですねv-364
でも、お岩さんか…
十分大惨事でしたねe-420

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

医療の進んだ国ならともかく、しかもホテルから出るなと言われている
ようなところですからね・・・。幸い命に関わるような程度じゃなかったし
病院にいくのは躊躇しました。グアテマラの医療事情を知るチャンスだった
かも知れませんが、知らないに越したことはないですからね(笑)
顔に傷が残りましたが、前髪長めにして目立たないようにしてます♪

No title

海外での怪我・病気はくれぐれもお気をつけ下さい。
病院も医療費請求が訳がわかりませんし・・・
お大事にされてください。

Re: No title

ありがとうございます!
本当に国によってはびっくりするくらいの医療費がかかりますからね・・・
もっとも幸運なことに海外で医療費を支払ったことが無いので
今回は加入している保険の内容をよーく調べました。
保険の世話にならずに済むように気をつけます!

大丈夫ですか?

いつもご訪問ありがとうございます。TokyoNotebookのKinakinwです。初めてコメントさせて頂きます。
大変でしたね。旅先での怪我は不安なものです。
楽しいレポートを続けて頂くためにも、気を付けて下さいね!
これからも楽しみにしています。

Re: 大丈夫ですか?

コメントありがとうございます♪

痛い目にあわないと調子にのって、もっと酷いことになっていたかも
知れませんから、今思えば旅行を中断するほどではなくて幸いでした。
ほどほどのことであれば、ブログネタ的には面白いんですけどね(笑)
それでなくても体にガタが来ているので気をつけまーす♪

No title

aya1103さん  おはようございます

お怪我 大丈夫ですか?
見知らぬ国での アクシデント
それも ご自分の体にダメージを与えてしまって・・・
辛かったですよね

私もロシアの帰り手首捻挫だけでも大変でしたので
aya1103さんは もっと大変だったことでしょうね

これからは 気をつけないといけないですね
私も どんどんと老化が・・・

お大事にしてくださいませ

Re: No title

さとちんさん、おはようございます!

本当にこれが老化ってやつなのだと思い知らされました!
四六時中何もないところでも躓いたりするタイプでしたが
ほとんどの場合転ばずに済んでいたので自分の運動神経を
過信していました・・・それに体重も増えすぎなんだと思います(泣)

お互い気をつけましょうね!

あらら

日記を読んでびっくりしました。

といっても、もう数ヶ月前の話なんですね、、

大事にならなくてよかったです♪

Re: あらら

そうなんですよ!
もう3ヶ月も前のことです(笑)

驚くべきは、右手の人差し指一本で、その当時もせっせと
ブログを更新していたことです!何事もなかったかのように!
時間もかかったけど、気を紛らわすためにもお休みしませんでした♪

No title

こんにちは!

大変でしたね
やはり 国内の旅行でもちょと気が動転しますよね
海外ならなおさら
頭は少し切れてもかなり血が出ますから

注意してても ふっとしたことで怪我は起こるので
怖いですが

海外の旅先での病気・怪我
心得や手段法とか マニュアルみたいなものはあるのですか?

Re: No title

こんにちは!

普通に歩いていたら、たとえ転んでもそんな怪我することなかった
のに、やっぱり時間は余裕をみないとダメですね。

海外では、とにかく医療事情がわからないのが問題ですね。
命に関わる場合そうもいってられないでしょうから、即刻病院行き、
通訳はつけた方がいいでしょうし、保険でキャッシュレスで医療を
受けられる国なら少し安心でしょうね。
これといって、対処法とかマニュアルとか調べてませんが、常に
保険会社へのホットラインの方法などの紙は持ち歩いています!

今回は少しお高めのツアーだったので、たった13人の客の中に
なんと2名もお医者さんがいることがわかりました。外科系の専門じゃ
なかったので、その時申し出ることはなかったのですが、もっとひどかったら
すぐ医者に行けとアドバイスしてくれたでしょうね。
今夏のことで応急手当とかについて、少しは勉強しておこうと思いました!

痛い話ですよね

初めてコメント差し上げます 転倒は痛いですよね 別に好き好んで
転んでるわけでもないですけどね 私も6月の末札幌に行くために
関西空港までいったんですけど 2階エレベターで2階に降りたとたん
転倒してメガネ左上の額をぶつけ血だらけになり 空港医務室に連行
されていきました 幸いキズは浅かったのでそのまま札幌にいきました 今までこんな事は一度もなかったので焦りますよね 
腫れ上がりましたが今はジョジョに回復しています 
ayaさんお怪我の方はどうでしょうか お互い大変でしたね

Re: 痛い話ですよね

コメントありがとうございます♪

yoreyoremanさん、災難でしたね・・・。顔の怪我というのは
派手に血が出るので心配になりますよね。
腫れ自体は早めに引くと思いますが、傷が癒えるにはまだ時間が
かかりますから、お大事にしてくださいね。

私の方は顔に傷が残りました。若いときでなくてよかったです(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR