エルサルバドル・サンサルバドル

2013/04/03 (3日目) 続き

20:30 DNR@RST
サン・サルバドルにあるマルゴ(Margoth)という食堂のようなレストランにてやっと夕食です。
ちょっと学食っぽい雰囲気でした。

サン・サルバドルのレストランMargoth


ここではププサというエルサルバドルの代表料理を食べます。オープンキッチンでは何人かの女性が慣れた手つきで次々にププサを作り焼いています。ププサはとうもろこしの粉で作ったトルティーヤのようなものですが、中に具が入っています。

ププサを焼いているところ


1枚にはチーズ、もう1枚にはコンビーフみたいのが入っていました。これを野菜とソースと一緒に食べるので手がべちょべちょになります。ドリンク、デザート付でたぶん10ドル程度のセット。ちなみにエルサルバドルの通貨は米ドルです。ビールは別料金2ドル。皿の奥にあるのはニカラグアでも食べたタマル(ちまき)で具には魚なども入っていました。やっぱり食感がダメで残してしまいました。

ププサとタマルのセット、エルサルバドルの大衆料理


21:40 レストランからバスで10分もないホテル、ハルディン(レアルコンフォートイン)に到着です。4階建てくらいのホテルで中心地からは少し離れているようです。ドライヤーなし、バスタブなし、リネン類の質が悪かったです。InternetはWi-Fi無料(パスコード有フロントで)。

ハルディンホテルの部屋


ミニキッチン付でレンジもあります。冷蔵庫は効きが弱いです。

ハルディンホテルはミニキッチン付


2013/04/04 (4日目)

ハルディンはホテルの設備がイマイチだったので、朝食もどうせ期待できないだろうな、と思ってレストランに行くと案の定という感じだったので、部屋でカップ蕎麦を食べます。
窓の外には隣の敷地か小さな動物たちが見えます。ちょっとしたミニ動物園みたいな感じでした。

ハルディンホテルから見える小動物たち


8:00ホテルを出発し、バスでサン・サルバドルの中心部へと向かいます。車窓からは活気のある街並みが見えます。やたらと露店の多い街です。エルサルバドルは国土の狭い国で人口670万人のうち200万人がこの首都サン・サルバドルに住んでいるということで人が多くごちゃごちゃした感じです。

サン・サルバドルの町並み


8:20 サン・サルバドルの旧市街、中心にあるバリオス広場でバスを降ります。ここから徒歩で観光です。正面には国立宮殿、1924年にスペインから贈られた像が入り口にあります。現在は宮殿としては使われていないそうです。

バリオス広場と国立宮殿


カテドラルの脇の大通りを歩きます。ここがまさに中心地ですが、イメージと違いなんとなくアジアの街角みたいな雰囲気です。この国も地震があるためか、ニカラグアほどではないにしても高層の建物はなく、せいぜい数階の建物ばかりです。

サン・サルバドルの0地点のあるメインストリート


この道には、サン・サルバドルの基準地点があります。日本橋みたいな場所です。0地点の印が道路にありました。

サン・サルバドルの0地点


ここから狭い路地を通って、モラサ広場の方へ出ます。まさにアジアの市場のようなところです。昼間だし、グループで通っているので問題ないですが、夜などはかなり治安の悪い場所だというのは空気でわかります。

アジアの市場みたいな露店の並ぶわき道


モラサ広場には中央アメリカの独立に関連した碑が立っています。中米連邦のモニュメントです。この時代の歴史にはあんまり興味がないので、話は右から左に抜けてしまいました。

モラサ広場と中米連邦モニュメント


バリオス広場に面したカテドラルです。2年くらい前まで斬新でカラフルな外観の教会だったそうですが、今は真っ白に塗り替えられています。ちょっと残念・・・。

サン・サルバドルのカテドラル・メトロポリターナ


カテドラルではまず地下に行き、ロメロ司教のお墓を見学します。貧しい人々のために尽くした英雄視されている司教だそうです。イタリア出身だったのでイタリアから取り寄せた素材などを使って作られたきれいなお墓に眠っています。

カテドラル地下のロメロ大司教のお墓


カテドラルは両サイドの祭壇のところにはきれいなステンドグラスもあり、大きくて立派な教会です。過去に大地震で度々被害にあっているそうですが、その都度修復されているそうです。

サン・サルバドルのカテドラル内部


9:30 バリオス広場からバスに乗ります。サン・サルバドルはあまり治安もよくなく、観光する場所はあまりないようです。混んだ街中を脱出し、次の観光地ホヤ・デ・セレンへと向かいます。

次回はホヤ・デ・セレン遺跡をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

行ってみたい!

いつも興味深く見させて頂いてます。
次回も楽しみです。

DEN

Re: 行ってみたい!

いつもありがとうございます♪
ここから先は遺跡のレポートなどが多くなりまーす。
このあたりは気軽にまた行こうとはいかない所なので
じっくり進めますね~。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR