ニカラグア・グラナダ①

2013/04/02 (2日目) 続き

10:50 首都マナグアからバスで50分、スペイン人が最初につくった町グラナダに到着しました。メルセー教会の脇でバスを降り、徒歩にて観光へ向かいます。ガイドが教会の説明をしてくれている間、教会からおじいさんが出てきて、しきりにオープン、ウェルカムといって手招きをします。

グラナダのメルセー教会


この教会の塔は3階くらいの高さしかありませんが、ガイドブックにも町を一望できると書いてあったので上りたいと思っていました。日程表では入場マークになっていなかったので、通常無料の教会内に入るだけだと思っていたら、皆で塔に上りましょうと塔の入場料を払ってくれました。2ドルとかそんな金額だったと思いますが嬉しいサービスです。

塔の上はそんなにスペースがありません。今回のグループは13PAXですが、満員御礼という感じです。そして360度、グラナダの町を眺めることができます。この町はマナグアよりも栄えているという印象ですが、やはり高層の建物がまったくないので、この高さで素晴らしい景色が堪能できるわけです。

グラナダのメルセー教会の塔の上


古都グラナダは人口10万人の町。古い屋根が連なる街並みは、どこかキューバのトリニダーに似ています。飛び出た建物はカテドラル、その先に見えるのは、ニカラグア湖です。

メルセー教会の塔からニカラグア湖やカテドラルなどグラナダの町を一望


南方向はモンバッショ山を背景に古い町並みが広がっています。ニカラグアの中でも治安のいい町と言われていて、ほっとする空気が流れています。そろそろ行きましょうかとも言わず客が思う存分景色を楽しむのを待ってくれるのも、このユーラシア旅行社のツアーのいい所だと思いました。

メルセー教会の塔からの美しい眺め


塔から下りたら教会の中も見ます。とても素朴な感じです。今回のツアーでは写真が好きな方がたくさんいて時間をかけて写真を撮っているので、私もその間に写真はもちろんゆっくり見学ができるので助かります。

グラナダのメルセー教会内部


次はカテドラル方面に向けてコロニアルな町を散策します。コロニアルというよりも、とにかく色に溢れた町です。かつてのスペイン統治の町で似たような風景を目にしますが、その中でも色が若干濃いように思います。道は石畳ではなく舗装されています。

グラナダのカラフルな町並み


道沿いの店などを覗きながら歩きます。商店はこんな感じ。店先の人形はピニャータというもので、子供の誕生日などで使うものです。メキシコにもありますが、中米全域で楽しまれているようです(後日ピニャータについてはまたレポートします)。

商店とピニャータ


町の中心、コロン公園までやってきました。けっこう物売りはいるけども危険は感じません。
それにしてもかなり蒸し暑いです。さっそくこれだとこの先の旅が思いやられます。

グラナダの中心コロン公園


コロン公園の周りはコロニアル風の建物が多く、中でも立派なのが、奥の黄色い邸宅、ラム酒で儲けたペラス邸です。そして、コロン公園の周りには観光用のきれいな馬車がずらりと並んでいて、時が止まったような情緒ある風景です。

グラナダのコロン公園脇にあるペラス邸


道端や公園ではいろんなものを売っていますが、皆が興味を示しそうなフルーツやクッキーを買って皆に試しに配ったりと気の利いたサービスがあります。先ほどの教会の塔もそうですが、小額の自由にできる予算が与えられているのでしょうか。ツアーの決まりきったコースめぐりだけじゃない、臨機応変が感じられるのはユーラシア旅行社だからか添乗員かガイド固有のものなのか今はまだわかりません。

屋台のお菓子屋


次はコロン公園に面したカテドラルに入ります。1905年の建物でそう古いものではありません。もともとのカテドラルはアメリカから招かれ、後に大統領にまで就任し国を混乱させたウイリアム・ウォーカーによって焼かれてしまったそうです。

グラナダのカテドラル


中に入るとここもシンプル。ただ正面に配置されていたマリア像だけは、火事を逃れニカラグア湖で発見されたという歴史あるものだそうです。そんな話を聞いている間、外の暑さにやられ、椅子に座り込んでしまう有様でした。

グラナダのカテドラル内部


再び外へ出るとくらっと来ます。既に冷房の効いたバスが恋しくなっていますが、まだ徒歩観光は続きます。この大砲は旧スペイン軍のものだそうです。何でここに置いてあるかとか、もう朦朧として何も頭に入りませんでした。

文化会館前の大砲


こちらは昔の何かの門。地図を見ると今は文化会館の入り口として使われているようです。
あまりの暑さに意識を保つのがやっとで完全にペンが止まってしまいました。
大げさかも知れませんが、体感的には40℃近くあるように感じました・・・。

グラナダの古い門


次回はグラナダの後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

aya1103さん こんばんは

後ろに見える「モンバッショ山」は鹿児島の「桜島」というよりも、
私が昔見た「ヴェスヴィオ火山」に似ているような。
「グラナダ」という町はニカラグアにあったのですか。

Re: こんばんは

こんばんは!

雄大な山に見えますよね~。山と湖に囲まれた素敵な町でした。
「グラナダ」はもちろん本家スペインにもありますよ!
あのアルハンブラ宮殿があるところです。ニカラグアに同じ名前の町が
あることは、あまり知られていないでしょう。
ニカラグア自体、どこそれ、ていうのが普通の反応かもしれません(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR