ユナイテッド航空・エコノミークラス

今回はユナイテッド航空の搭乗レポートです。(2013年4月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判を確認するため口コミの検索が多いので、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について報告します。今回は中米行きです、グアム・パラオ便はこちら

ユナイテッド航空はコンチネンタルと一緒になってから、名称こそユナイテッドが残りましたが、システムやマークはコンチネンタルのものが使われるるようになりました。写真の飛行機は成田-ヒューストンの使用機材B777-200です。

ユナイテッド航空機材B777-200


今年はユナイテッド航空の1Kプレミアという上級会員でも上位の資格を持っているので、事前にアップグレードや席の指定をできないかと旅行会社や航空会社に問い合わせをしましたが、団体の特殊なチケットなのでできませんと言われてしまいました。

ツアーだと必ずというわけではないようですが、ツアー利用が多い私だとこれでは上級会員の資格を持っている意味が薄れます。本来であれば、米国から中米行きはどの予約クラスでもグローバルアップグレードやプレミアアップグレードが可能なはずで、その権利を使う機会がないのは残念でした。こちらはベリーズシティ-ヒューストン間の機材B737です。

ユナイテッド航空機材B737


ということで、いい席を確保しようといつもよりちょっと早め3時間前に成田空港に向かいました。ツアーでも個人チェックインになり、自動チェックイン機を使います。インターネットで前日に試みてチェックインできなかったので嫌な予感はしていましたが、エラーで進めず、係員も四苦八苦した挙句自動チェックイン機でのチェックインを諦めました。

問題はここから。まだ3時間前にも関わらず、席が全然空いていなくて、同行の旅ともさんとバラバラになるだけじゃなく、3席並びの真ん中の席しかありませんといいます。席の希望は最優先されるはずの上級会員でさえ、事前に席を指定できないとこういうことになるのかと思い知らされました。

結局、一番ましと思われる壁の後ろ(Exit Lowはコノミープラス)の真ん中の真ん中をもらいました。可能であればできるだけ事前に席を確保しておくことをオススメします。それでなくとも、エコノミーのカウンターは長蛇の列ですから。

UA-0006 成田発ヒューストン行き。機材はB777-200。座席配列はABC-DEF-JKLの3-3-3配列。今回31Eに座りましたが、両隣がガタイのいい外人でいくら足元が広いとはいえ真ん中席は肩身が狭かったです。もっとも最前列は横との席の仕切りがあるのではみ出されることはありませんが。ちなみに16-22列と31の中央、32の両側がエコノミープラスになっておりプレミアメンバー以外は無料ではこれらの席は選べませんが、足元がちょっとだけ広いくらいの差しかありません。

機内エンターテイメントシステムですが、パーソナルスクリーンの大きさはまぁまぁというサイズです。写真はExit Lowのパーソナルモニターとコントローラー、タッチパネルは反応がイマイチです。日本語対応の映画は少ないです。座席にはAC電源があります(USBはなし)。

ユナイテッド航空パーソナルTVとコントローラ


実は今回、ベリーズシティ-ヒューストンの路線だけ、プレミア無料アップグレードで、ビジネスクラスにアップグレードがありました。ビジネスクラスに空きがあれば、アップグレードチケットすら使わずに無料でアップグレードするという仕組みがあるためです。この便ではビジネスの客がよっぽどいなかったのか、割り当てられた1列目に私以外の客がいませんでした。こうしたアップグレードができる路線は短距離のものに限るので、シートも古いです。

ユナイテッド航空B737のビジネスクラス座席


さて、機内食の紹介に移ります。離陸後にまずドリンクサービス。ビール、ワイン以外のアルコールは有料になります。ヒューストン行きの1回目の機内食は、スミマセン、いきなり貰い損ねました。ウトウトしてたらカートが過ぎていました。隣を覗いたらCAを呼び止めて貰うほどのものじゃなさそうだったので、せっかくの眠気を優先することにしました。

フライト半分過ぎた辺りで間食サービスがあります。1食目をパスしていたのでちょうどお腹が空いていたところです。チーズバーガーとバニラアイス。このチーズバーガーがパテが厚くアメリカ仕様という感じでした。

ユナイテッド航空成田発ヒューストン行き間食サービス


2食目は到着の1時間半前くらいに出ます。ソーセージ&エッグorパスタ。でパスタを選びました。写真を見るといかにも簡素ですね。味は可もなく不可もなくといったところです。

ユナイテッド航空成田発ヒューストン行き機内食2回目


帰国便UA-0007 ヒューストン発成田行きの機内食です。1食目は出発(ドアクローズ)後1時間半くらい。チキンorビーフでチキンを選択。味は悪くはないです。パンやライスの一部は温める際に固くなっていましたが。ワインはプラスティックのミニボトルでサービスされます。

ユナイテッド航空ヒューストン発成田行き機内食1回目


往路同様、復路でもフライトの真ん中くらいで間食サービスがあります。
ホットサンドとハーゲンダッツバニラ。下手な機内食よりおいしいホットサンドは1食分のボリュームがあると思われます。食べすぎ注意ですね。

UAヒューストン発成田行き間食サービス


2食目は成田到着1時間45分前あたり。卵orヌードルだったので、ヌードルを選択。
微妙な味のうどんと餃子でした・・・。

ユナイテッド航空ヒューストン発成田行き機内食2回目


米国から中米への路線は、行きはUA-1421、ヒューストン発マナグア行き、帰りはUA-1406、ベリーズシティ発ヒューストン行きを利用しましたが、これら路線はドリンクサービスのみとなります。アルコールは有料となります。(上級会員はドリンクバウチャーを使用できます)。TVやスナックも有料です。

ベリーズシティからヒューストンまではビジネスクラスにアップグレードされたので、簡単な機内食が出されました。コールドだけど、チキン、チップ&サルサソース、期待以上のものです。チキンはやわらかくてびっくりするくらいおいしかったです。

ユナイテッド航空ビジネスクラス、ベリーズシティ発ヒューストン行き機内食


次は空港ラウンジの話に移ります。私はユナイテッドの上級会員だし、旅ともさんはANAの上級会員でスターアライアンスゴールドの資格がありますから出発地や乗継などではラウンジを有効活用しています。

成田ではユナイテッドクラブを利用します。成田のラウンジはとにかく広さがあります。以前にも紹介したことがあるので詳細は書きませんが、フード類は全日空さんにラウンジに比べると貧弱です。それでも時間帯によって、お蕎麦やお寿司、スープ、ケーキ、スナックなどがあります。

成田のユナイテッドクラブ


ヒューストンはユナイテッドのハブ空港のひとつなので、国際線のターミナルの真ん中に大きなラウンジ、United Clubがあります。2F、3Fに席があり、ファミリールームやシャワールーム、ビジネスコーナーなどもあります。

ヒューストン空港ユナイテッドクラブ


他の国の空港ラウンジと違う点は、有料のアルコールなどを置いている点です。無料のビールやワインもありますが、より良いものは有料となりメニューで値段を確認できます。食べ物は時間帯により異なりますが、主にスナック系だけです。

ヒューストン空港ユナイテッドクラブのフードコーナー


こちら見たときは、うさぎじゃあるまいしこれはないでしょ、と思った人参。小指ほどのサイズです。これが食べてみるとソースがよくあって意外にもおいしい。火を通した人参が苦手な私ですが、生はいけます。気付いたらあっという間になくなっていました。

ヒューストン空港のユナイテッドクラブにあったにんじん


最後にその他、飛行機、空港関連で気付いたことを列挙します。
・機内預けの荷物(スーツケース)はTSAであっても鍵を開けておく必要がありますので、ベルトやガムテープなどでカバンが開かないように気をつけます。
・ヒューストン乗継の場合は、ヒューストンで荷物をピックアップせずスルーしてくれます。
・ヒューストンの入国審査は米国にしては緩いと思いましたが、それでも長蛇の列で1時間かかることもあります。質問をフランクにされると余計に聞き取り辛いです。
・キューバの入国スタンプは見つからなかったのか、今回のアメリカ入国は2回ともに何の影響も問題もありませんでした。キューバの入国スタンプがあるとアメリカに入国できないと心配される方は多いようですが、2度とも無事クリアできましたので、そんなにビクビクすることもないと思います。
・預ける荷物の重量オーバーはシビアです。料金払うか荷物を手持ちにしなければなりません。日本便は2つに分ければOKですが、On Toの場合は1つのみです。(上級会員は上限があがりますので今回9ポンドオーバーで預けました)
・機内に持ち込む手荷物も2つまでとチェックが厳しいです。
・米国内や太平洋上では飛行機が揺れることが多いです。揺れるのが怖い人には米国行きはオススメできません。(私は飛行機恐怖症を相当数乗ることで克服しましたので揺れるだけで過度の恐怖を感じることはなくなりました)
・成田-ヒューストン間の片道マイル数:6643
・ヒューストン-マナグア(ニカラグア)の片道マイル数:1360
・ヒューストン-ベリーズシティ(ベリーズ)の片道マイル数:965

総じてユナイテッド航空の評価ですが、妙に規則に厳しいところもある反面、システムやオペレーションが追いついていないという感じがします。CAも愛想のない人が多いです。往路便でパーサーが挨拶に来ましたが、寝ぼけてたので何が言いたかったのか聞き取れませんでした。いずれにしろ地上職員も含め丁寧な言葉遣いではないです。マイレージプラスの会員でなければ選んで乗る航空会社ではないですが、米系はどこもそんな感じなので仕方ないですね、というところです。

次回から中米5カ国の旅レポートスタートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

なんか
最後の生ビールがとても美味しそうにみえます
なんでやろ?

Re: No title

こんにちは!

つまみ次第でビールはおいしくなるのかなー、写真上でも(笑)
このとき乗継時間が5時間もあって、アラームかけて、まったり飲んでました。
本当はビールはあまり好きじゃないんですが、飛行機乗る前は軽いものにしてます。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR