フランス・サンシルラポピー

2013/03/02 (6日目) 続き

14:05 ロカマドールを出て、この旅最後の観光地サン・シル・ラポピーへ向かいます。Lunchに一人でカオールのハーフボトルを飲んだせいか、猛烈な睡魔に襲われます。時折目をあけると、川沿いの素晴らしくきれいな町や村が見えます。夢なのか現実なのかという風景です。

サン・シル・ラポピーまでの道の素敵な村の車窓風景


山道が多く、若干気分悪いと思い始めた頃、「フランスで最も美しい村」のひとつサン・シル・ラポピーが目の前に現れました。川沿いの断崖に造られた村は、周囲を自然に囲まれいかにも長閑な村という感じです。ここまで山道だったこともあり、交通の便が非常に悪い場所で個人で来るのは大変そうです。

フランスの最も美しい村サン・シル・ラポピーの全景


バスで村の外側の道をあがっていきます。素敵な村はどこも高低差が大きいですね。横から見る村は見事に斜めになっています。一番高い建物は村の中心にあるサン・シル教会です。

サン・シル・ラポピーをサイドから


15:30 村の一番高い所辺りの小さな駐車スペースでバスを降ります。駐車場はもっと上にあるようですが、村から少し離れてしまうし、今は閑散期なので、少しの間なら大型バスを停めることもできたようです。ここには公衆トイレ(無料)もあります。村の高台に展望台があるようです。

サン・シル・ラポピー


サン・シル・ラポピーは小さな村なので、16:30までフリータイムで各自散策ということになりました。まずは、村の中心の教会方面へ皆歩きます。美しい村ということで期待していたのですが、道路が石畳じゃないということにちょっとテンションが下がります。

サン・シル・ラポピーの町並み


それでも町角には古いながらもフランスらしいおしゃれなレストランなんかもあって、村の雰囲気はとてもいいです。

サン・シル・ラポピーの素敵なレストラン


村の中心にまで来ると、インフォメーションがありました。行かなきゃ損ですよ、と言わんばかりに目の前に展望台があり、皆こぞってそちらへ足を進めます。私はあえて展望台は後回しにし、人のいない方向へ向かうことにしました。もう既に母もどこかへ行っていて、別行動の方が気楽だと分かったようです。

サン・シル・ラポピー村の中心にあるインフォメーション


さて、インフォメーションで地図を確認します。といっても、とても小さな村なので、外側の車道を除けば数えるほどの道数しかありません。10分も歩けば村を完全に突き抜けてしまうという広さです。

サン・シル・ラポピーの地図


最初に目の前のカルダヤック城跡というところへ来ました。展望台まで上がらなくてもここから見るロット川の景色はとても素晴らしいです。絶壁なので高所恐怖症の私はあまり端へ寄れません。

サン・シル・ラポピーから見るロット川の渓谷美


で、カルダヤック(Cardaillac)城とはどれよ、この辺?という場所にあったのが、古そうな石造りの構造物でした。つまり何も残っていませんが、13世紀にはお城のようなものがあったらしいです。

城跡?


次は、村の中心にあるサン・シル教会を覗きます。なんだか明るくきれいな教会ですが、つい最近修復でもしたのでしょうか。もとは12世紀からある教会だそうです。

サン・シル教会内部


教会を出て上を見ると展望台にはまだ同じグループの方々がいそうだったので、村の下の方へ行くことにしました。教会のある辺りは村の中では高台な方なので、村の古い屋根の並ぶ姿などがとても美しく見えます。

サン・シル・ラポピーの古い屋根の村風景


できるだけ脇道を通って村を下りていきます。割と大きな邸宅などもありますが、地図を見るとかなり古いもののようです。

サン・シル・ラポピーの古い館のある風景


村がやたらと長閑に見える理由のひとつは、家々からの煙突の煙です。よく見るとどの家にも煙突があり、そこかしこから煙が出ていて、全体的に幻想的な雰囲気です。

煙突から煙が出ているサン・シル・ラポピーの村の風景


せっかくなので村の入り口まで行くことにしました。村の下半分は観光客すらほとんど足を踏み入れず、本当に中世の村にタイムスリップしたような気分になります。新緑の季節になれば、とても素晴らしい景色が見られるでしょうが、長閑さを味わうには閑散期はもってこいです。

サン・シル・ラポピー村の入り口付近


次回はフランス旅行最後の旅レポートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ayaさんはサメのような人なんですね 常に泳いで移動してる印象です ほんと羨ましい ちょっと質問です いろんな国に飛行機とか船で降り立ち その国の匂いとかありますか?そこの屋台の匂いとかではなくて ずっと香ってるような匂いです どうでしょうか

Re: No title

コメントありがとうございます♪

実は旅してないときは、冬眠でもしてるかのように引きこもりなんですけどね(笑)
匂いですか、難しい質問ですね。あまり感じませんが、強いて言えば、土の匂いみたいのを感じることはありますよ。でも、似た感覚でいうと、においより、湿気とかの方が感じるかな。
あとは、ゴミとかの処理がちゃんとできてない国だと、なんとなく生臭い匂いが常にすることもありますね。
その国の人々が好んでつけている香の匂いとかも漂ってきたりします。いずれにしても先進国ではほとんど感じることはないですね・・・。

うわー!

古都ですねー!
アンティーク感イッパイですねー!

DEN

Re: うわー!

アンティーク!そうそうですね!
骨董品のような村でした。
城があったということですけど、古都というには程遠い広さの
村、というか、集落ですけどね!
あれ?でももしかすると、昔はっもっと広い町だったのかなぁ・・・

No title

行って来ま~~~~~す

Re: No title

行ってらっしゃーい。
忙しいのはいいことですよね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR