フランス・コルドシュルシェル

2013/03/01 (5日目) 続き

14:15 アルビからバスで25分、コルド・シュル・シェルの手前、全景が見える場所でPhoto Stopです。近付いてしまうと全景はわからないのです。ここから見ると小山全体に家が張り付くようにして町が作られ、なるほど「空の上のコルド」という町の名の通りの風景です。

空の上のコルド、コルド・シュル・シエルの全景


14:30 町の入り口、Pl.de la Bouteilerieでバスを降ります。ここで、貸切のプチトランが登場。夏季には観光客向けに定期運行があるようですが、今はそういう時期ではないので、予約して特別に出してもらったものです。なるほど高低差が激しいから高齢者を連れて徒歩のみで観光するのは難しいと判断したわけですね。正解です。それに私はプチトランが大好きなのですごくテンションがあがります。

コルド・シュル・シエルの東の玄関口の広場とプチトラン


プチトランで町の南側から西まで半分周りこみながら上がっていきます。プチトタンは町を半周したFontourpies広場で停まりました。既にかなり高台、眼下にはノートルダム修道院が見えます。

コルド・シュル・シエルのノートルダム修道院


ちょっと上ると町の西の入り口、西の門(Porte des Ormeaux)。町の起源が1222年、この門も13世紀のものなので、当時からのもののようです。しかし、道の斜度が結構きついです。城塞都市ならではと言えますね。

コルド・シュル・シエル西の門


こちらがコルド・シュル・シェルの地図です。東西に細長く、東西を貫く道が真ん中にあり、その脇に道が何本かずつあります。端から端まで1kmもない、とても小さな町です。一番右からプチトランで下を回って一番左まで来た感じです。と場所の説明を添乗員さんがしてくれて、16:30に町の東の入り口集合で自由散策となりました。
帰りもプチトランを動かしてくれるので、乗りたい人は降りた所に16:20に戻って来るようにということでした。

コルド・シュル・シエルの地図


最初は皆で西の門をくぐり、サン・ミッシェル通りを登ります。閑散として静かな町です。石畳に古い中世の家が並ぶ姿は何ともいえません。遠くに見える塔は、サン・ミッシェル教会ですが、残念ながら開いていませんでした。でもこの町並みはすごく私好みで、ここで思いがけず2時間の時間をもらえたのは、すごく嬉しいことです。

サン・ミシェル大通り


通りの横に古い井戸がありました。すごく古いもののようです。この近くに公衆トイレがありました。(この町にいくつかある公衆トイレのうちここ以外は全部閉まっていました。)

コルドの古い井戸


きつい上り坂を上りきると、Pl.de la Brideという町の中心、町で一番高いところにある広場に出ます。あれ、母はおろか、同じグループの人が皆もういない・・・。母も完全に独り立ちしたようです。安心して、自分の時間を楽しめます。

コルドの中心広場


Pl.de la Brideの北側テラスからの眺めです。フランスの田舎の風景です。
何だか歌でも歌いたくなる気分です。

Pl.de la Brideから見るコルド・シュル・シエルの北側の田園風景


広場の南からレイモン7世大通りへ出ます。大通りという名前がついていますが、単にメインストリートであって、広い通りではありません。レイモン7世はこの町の創設者であるトゥールーズ伯の名前から取ったものでしょう。この辺りは一番お店とかあるはずなのですが、ほとんどが冬季休業中です。先の門を潜ると東の入り口に下りることになります。

レイモン7世大通り


たっぷり時間があるので、一度降りて戻ってくるつもりで、メインストリートを東へと降りていくことにしました。思ってたより斜度がきつく、降りたら上って来なくちゃいけないなと思うとちょっとぞっとします。バルバカンと名付けられた塔をくぐりました。ここからはバルバカンヌ大通りと道の名前が変わるようです。

バルバカンヌ大通り


まっすぐメインストリートを下ったらすぐに入り口の広場についてしまうので、右側にある脇道を散策しながら進みます。Les Rempartsという南よりの道にビュースポットのマークがあったので立ち寄ると、きれいな景色が展望できる場所がありました。町の南側と田園風景がとてもマッチしています。

Les Rempartsから見るコルド・シュル・シエルの南側の景色


さて、メインストリートに戻り、また道を下ります。古い家が立ち並び、すごく素敵な町です。小さい町なのに、少し先がもう見えないくらい傾斜がきついので、住んでいる人は大変でしょう。この道を降りるのは足の悪い人には確かに無理です。プチトランで帰る人は何人かいるでしょう。

コルド・シュル・シエルの素敵な町並み


大時計門(Porte du l'Horloge、14世紀)が見えてきました。ちょっと歩くと門があるというのは、町を守る意味があったのでしょうが、今となっては上ってくる人のモチベーションに欠かせないマイルストーンのようなものに思えます。

コルドの大時計門


最後はロルロージュ大通りと名付けられた一本道で、一気に町の入り口までの下り坂です。このメインストリートにはお店などもあるのでしょうが、とにかくこの時期何もやっていないので、寄り道はできませんが、お陰ですごくいい風情です。

ロルロージュ大通り


観光客も住人も数えるほど、同じグループの人に誰にも会わないまま、集合場所である広場まで降りてしまいました。ゆっくり横道にそれながらでも15分ほどでした。町の入り口には観光案内所があります。ここで英語の地図をもらいましたが、地図上の表記はほとんどフランス語のままでした。

コルド・シュル・シエルの観光案内所は町の入り口にある


次回はコルド・シュル・シェルの続きからトゥールーズまでをレポートします♪
(ベトナムのハロン湾からの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。全景の写真に心を奪われました。思わず、ひゃ---!と言ってしまいました。行ってみたいです。それにプチトラム。かわゆいですねぇ!まるでアミューズメントパークのよう。これに乗って、一周したい。

Re: No title

こんばんは!
この旅行で一番の楽しみはここだったんですよ。で、その期待を裏切らない町でした。
小さいけど、どこもかしこも素敵です。続きがもうちょっとあるので、素敵な風景を
みて下さいね。そして、いつか是非行ってみてください!

No title

アルビのすぐ近くに、こんな街があったとは知りませんでした。
なんとも家内好みの石造り。ガイドブック無視というのも問題ですね。(家内は土地感が無いので、アルビの近くにこの街があるといった指摘ができません)

ハノイは昨年末に出かけたのですが、あまりにも風が強くて寒かったのでハロン湾は断念してしまいました。ハノイ自体は好みだったので、きっと行く機会があるでしょう。
レポ楽しみにしています。

Re: No title

アルビからは近いですが、車がいる場所かな、という場所でした。
またの機会には是非連れて行ってあげてください。きっと気に入ると
思いますよ。グルメは望めないかもしれませんが・・・。

ハノイは滅茶苦茶暑くて、何かの罰ゲームか訓練にでも行った気分でした。
Rさんにはホーチミンの方が合っている様な気がするのは気のせいでしょうか?

No title

ため息が出るようなステキな風景をありがとうございました^^
何度も拡大して見ちゃいました。

Re: No title

コメントありがとうございます♪
気に入っていただけましたか?写真は素人でデジカメ任せなので
実際の風景はもっと素敵ですよ~。
観光地化されすぎていない点がすごく気に入りました!

中世大鷹匠祭り

突然のメール失礼します。
コルドシュルシェルの中世大鷹匠祭りについて教えて下さい。
来年3回目の南仏に個人でいきます。

予約が必要ですか。

コルドのホテルに2泊しますが、どうやっていきますか。

宜しくお願いします。

Re: 中世大鷹匠祭り

残念ながら、コルドシュルシェルの中世大鷹匠祭については何の情報も持ってないです。
何しろツアーで一度行っただけの場所なので・・・

アルビからはバスが出ているはずです。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR