フランス・アルビ①

2013/03/01 (5日目) 続き

10:30 カルカッソンヌから途中一回休憩を挟み、アルビに到着です。旧市街にはバスが入れないため、Lices G. Pompidouという大通りでバスを降り、歩いて観光へ向かいます。
大通りはフランスのあちこちの町にあるようなまっすぐで広い素敵な通りになっています。

アルビの大通りLices G. Pompidou


旧市街へ入ると町の雰囲気は一変。赤レンガで建てられた統一感のある建物が続きます。

赤いアルビの旧市街の赤レンガの建物


どこを向いても例外なく赤レンガの建物だらけ。でも良く見ると、ちょっとずつ時代が違うのか、とても古そうな建物もあります。木組みが残り、2階以上が張り出しています。とにかく現代に至るまで、補修しながら景観を守っているということでしょう。この町ならではの景観にテンションが上がります。

アルビ旧市街の赤レンガの建物には木組みのものも


旧市街を歩いてサント・セシル広場まで向かっているのですが、前の人を見失うと迷子になりそうなくらい、同じ光景が続きます。赤レンガの建物の1階は店舗などになっていて、中は普通のお店なのに、町の景観をまったく損ねていないのが素晴らしいです。

商店街だって赤レンガの建物


サント・セシル広場に着くと、広場の向こうにサント・セシル大聖堂がどーんっと立ちはだかっていました。想像以上にでかいです。教会というより要塞というくらいの頑丈さです。カタリ派(アルビジョワ派)の弾圧後、1282年着工、約200年かけて造られたゴシック教会は、カトリックの威信を示すために建造されたもので、壁が40mもあるんだそうです。数々の大聖堂を見てきた私から見ても最大級と言えるかも知れません。

サント・セシル大聖堂


皆でサント・セシル大聖堂の中へ入ります。外観から感じられる堅さとはうって変わって、繊細でものすごく華美といっていい内装です。内陣を仕切る壁の装飾の細かさ、美しさには圧倒されます。14世紀のフランボワイヤンゴシック様式の傑作と言われているそうです。

サント・セシル大聖堂の内部


天井や壁面も装飾でいっぱい。特に15世紀のフランドル様式の巨大なフレスコ画「最後の審判」が有名だそうです。思わず、ひえーっと言ってしまいそうな贅を尽くした造りで、目論み通り威信を示すには十分だったと言えます。巨大な権力を感じました。

サント・セシル大聖堂の内部は豪華で緻密なフレスコ画も


さて、ここからは12:00までフリータイム。せっかく大聖堂の中に入ったので、大聖堂の宝物庫と内陣に入ることにしました。セットで3ユーロ。狭い階段を上ってまず宝物庫へ上がります。すごい財宝がある、というわけではなくて古い衣装など歴史を物語るものが展示されていました。

サント・セシル大聖堂の宝物庫


内陣は建物に沿って外側には小さな礼拝堂がずらっと並んでいます。内側の司教などが座るスペース?は囲われています。とにかくどこまでも華美な内装です。

サント・セシル大聖堂の内陣


このあたりが内陣の中心スペースです。頭上に聖人の像がずらっと並んでいます。内陣の見学には実はオーディオガイドが付いているので、興味があればゆっくり聞くのもいいかも知れません。私は町の散策を楽しみたかったので、ここで母と別れ、一人町歩きをすることにしました。そろそろ一人でも楽しめるようになったでしょう。

サント・セシル大聖堂の内陣の中心


さて、サント・セシル大聖堂を出て、左へ行くと隣に大きなやはりレンガの建物があります。町のインフォメーションと、トゥールーズ・ロートレック美術館です。アルビはロートレックの生まれ故郷なのです。13世紀に建てられた司教館、ベルビー宮を使った美術館は膨大な作品が収められているそうで、ツアーの半分くらいの人はここに行くようでした。

トゥールーズ・ロートレック美術館


ですが、絵に興味があまりない私はロートレック美術館という選択肢はばっさり切り捨て、美術館を横に坂を下りて行きます。

トゥールーズ・ロートレック美術館の脇の坂道を下りタルン川へ


道なりに坂を下りるとすぐに、タルン川と川にかかる橋が見えてきました。手前がヨーロッパ最古の橋の一つと言われるポン・ヴィユー、奥は最初に降りた大通りに通じる新橋です。この辺りから川へ降りていく階段もありますが、また上ってこなくてはいけないのでオススメしません。

タルン川にかかる歴史ある橋ポン・ヴィユー


ポン・ヴィユー(旧橋)を渡ります。タルン川と対岸の町、ポン・ヌフ(新橋)が美しい景観を作り出しています。対岸の町も赤いです。

ポン・ヴィユーから対岸の町を見る


ポン・ヴィユーから見たアルビの旧市街方面です。ここから見るサント・セシル大聖堂はまるで工場か何かのようです。アルビの司教都市は2010年に世界遺産登録されていますが、まだまだ日本人には馴染みが薄く訪れるツアーも少ないようですが、ここまでだけでもオススメの町と言えます!

ポン・ヴィユーからアルビの旧市街とサント・セシル大聖堂を眺める


次回アルビの後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヨーロッパだー!

さすがに、ヨーロッパそのものですね!

DEN

No title

今、ブログアップしてこちらをのぞきに来たら、なんと同じアルビだ!
カルカソンヌからどこに行こうかと考えたら、やっぱりこちらですよね。(って、私はアンドラに行ったことがあるので、北側を選択)
それにしても、写真がキレイですね。私のは、1万円未満のバカチョンなので悲惨。
重いカメラは持ちたくないので、ポケットに2台(1台はレストラン専用)入れて持ち歩いています。

で、早速私の方の記事の最後にリンクを張らせていただきました。

Re: ヨーロッパだー!

DENさん

お気に召しましたか?レンガの固いイメージとフランスの町が
うまく融合した素敵なところでした!続きも見てくださいねー♪

Re: No title

Rさん

奇遇ですね! といっても、2ヶ月も前の旅を今記事にしている私が遅いせいでも
ありますが(笑)

私も写真は1万円したかどうか忘れてしまいましたが安いデジカメですよ。
しかもほとんど自動です!何台目かもう忘れましたが、いつも違うメーカーのを
使っているのですが、最近のカメラはお利口さんですね。

Rさんのようなグルメや素敵なホテルを楽しめる旅行ができるようになるのは
いつやら・・・。食事後回し、時には食べずに観光とかしている私はちょっと
うらやましいです♪

No title

先日、大聖堂の写真のようなパズルをやった。ちなみに1000ピース。。
寝不足になった(^_^;)

ついでにご無沙汰してました☆
しかし、なんとも美しい街ですね。レンガのせいなのかなぁ。。

Re: No title

同じ色ばかりのパズルはてこずりますよねー。でも熱中してしまう気持ちわかります(笑)
この町がきれいなのは、統一感があるせいだと思います。とことん、レンガが使われている
からでしょうね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR