フランス・ポンデュガール

2013/02/28 (4日目) 続き

10:15 オランジュからバスで40分、ポン・デュ・ガールに到着です。11:00出発までに戻るということで自由散策になりました。トイレやお店などがあるエスパースから歩いて5分ほどでガルドン川(ガール川)にかかるローマの巨大な水道橋に辿り着きます。

世界遺産ポン・デュ・ガール


今回も上の方まで行こうと思っているので、母にオススメをレクチャーしておいて一人で見て周ることにしました。段々と独り立ちさせています。
まずさっそく橋を渡ります。下層の上を渡れますが、18世紀に増設された道路らしいです。

ポン・デュ・ガールを渡る


橋から見るガルドン川は、よく見ても流れがどちらに向かっているのかよくわかりませんが、後で調べたらどうやらこちらが下流の方面のようです。

ポンデュ・ガールから見たガルドン川


この3層からなる水道橋は西暦50年前後に完成し、5世紀に渡り使われ、6世紀以降は放置されたものだそうですが、それにしてもよく残っています。機能的な面でも驚嘆ですが、美しさもなかなか。ぽつんとある世界遺産ですが、一度は見による価値がありますね。

ポン・デュ・ガールは斜めから見るのが美しい


川を渡ったら、階段を上り、上層部の端へと向かいます。足の遅い方にはオススメできないので、時間内に行けそうだなと思う方にだけ、水道橋の最上部が見れますよと声をかけて、一人階段を上ります。

ポン・デュ・ガールの上層部を見に階段を上る


一気に上るのはちょっとしんどいですが、上まで来ると、橋の端に出ることができます。橋と反対方向にはいかにも手掘り、のトンネルがあります。

ポン・デュ・ガールの上層部の端


さて、こちらが水道橋の水道が通っていた最上部。特別なガイドツアーでのみここを通ることもでき、それをうたったツアーもありますが、狭さと高さから私はここを歩くことは考えられないです。

ポン・デュ・ガールの最上部


フェンスから覗くと、一部には屋根がついているのが見えます。
1㎞あたり平均34cmの高低差しかついていなかったというので、すごい技術ですね。この間に設けられた水路で、一日あたり35000㎥の水が供給されたそうです。

水道が通っていた最上部


目の前にトンネルがあるとどうしても覗きたくなります。去年も行ったんだから行かなくてもいいと思いましたが、なんだか手招きされているような気になり、やはりトンネルをくぐってしまいました。ハイキング道のようなものが残るだけで水道の跡は見られません。

水道橋のトンネルの向こう


さて、川沿いまで下ります。やはりこのあたりからが一番よく水道橋を眺められます。
全体の高さが49m、全長が275mもあります。50㎞にもおよぶ水路の一部です。下を流れるガルドン川(ガール川)はローヌ川の支流です。

ポン・デュ・ガール全景は川原から


橋を戻り、今度は反対側の橋の上まで上ります。とても簡単な説明書きがあります。

ポン・デュ・ガールの説明版


こちらが反対側の端です。ここでぷっつりと設備が途切れていて、こちら側もこの先は何も残っていません。橋の中に狭い螺旋階段があって、最上部の水路の間に出られるようです。
ここだけ見ると古代の寺院のようです。

ポン・デュ・ガールの端


こちら側の端の先は低木の茂る山で、去年迷子になって冷や汗かいた場所なので、足を踏み入れるのはやめ、大人しく来た道を引き返します。階段からは中層部の様子などが間近で見られます。さすが2000年も持つだけあって頑強な造りのようです。

ポン・デュ・ガールの造りを間近で見る


わずか45分のフリータイムだったので、かなり駆け足で周り、とても疲れました。今年も天気がよかったので汗だくです。この右手が去年私が迷子になった山です。時間があれば迷子になってみるのもいいかも知れません。

ピクニックも楽しめるポン・デュ・ガール


次回はアルルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

やはりヨーロッパは大陸だから広いですね。
日本とは全然違う風景。

ありがとうございました♪

Re: はじめまして。

はじめまして!コメントありがとうございます♪

日本から見るとヨーロッパって、人によってさっくりとしたイメージが
出来上がっていますけど、広いだけあっていろんな顔があります♪
とはいっても観光地へ行けばどこを向いても素敵1という風景ばかりですね!
いろんな景色を届けられるようがんばりまーす♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR