フランス・アヴィニヨン②

2013/02/27 (3日目) 続き

母の希望でロシェ・デ・ドン公園に向かいます。法王庁宮殿の奥、ドン岸壁に造られた公園で高台にある自然の要塞です。眺めがいいらしいのですが、どっちにいったらいいのだろう?左手のスロープを進みます。(公園なので結果どこから入ってもよかったのですが。)

アヴィニヨンのロシェ・デ・ドン公園入り口


ロシェ・デ・ドン公園の一番奥までまっすぐ進むと、テラスに突き当たり、そこからはローヌ川や対岸の景色を一望できます。眼下には途中で途切れたサン・ベネゼ橋も見え、気分は爽快です。

ロシェ・デ・ドン公園のテラスからローヌ河岸を見下ろす


少し右手に目をやると対岸の町にあるサンタンドレ要塞が見えます。そう遠くないはずなので、いつかまたアヴィニヨンに来た時は足を伸ばしてみたいと思う存在です。

ロシェ・デ・ドン公園のテラスから見るサンタンドレ要塞


ロシェ・デ・ドン公園には、池や噴水などもあり、意外と広い公園で結構人がいます。小さな池の向こうに溶岩のような岩でできた小山があります。中国の太湖石の庭みたいです。階段がついているようです。

ロシェ・デ・ドン公園


あがってみると小さな展望台になっていて、ローヌ川沿いに広がるアヴィニヨンの街を見下ろせます。

ロシェ・デ・ドン公園から見るアヴィニヨンの街


最後に12世紀建造のノートルダム・テ・ドン大聖堂を見て、法王庁広場に集合します。法王庁宮殿に入った人以外は時間をもてあましていたようです。
アヴィニヨンの旧市街を囲む城壁を出てバスに戻ります。この城壁もよく見るとなかなか立派です。

アヴィニヨン旧市街の城壁


17:45 ローヌ川の対岸でPhoto Stopとなりました。この近くのレストランで夕食なので、ついでにアヴィニヨン旧市街の全景を堪能しましょうというわけです。法王庁宮殿は湖に浮かぶお城のようです。今日も天気がいいです。

ローヌ川対岸から見るアヴィニヨン旧市街全景


法王庁宮殿をアップで撮るとなかなか迫力があります。さすがかつてのローマ教皇庁所在地、宮殿も城壁も見事な構えです。今では宮殿の中が空っぽのがらんどうとは思えないですね。

アヴィニヨンのローマ法王庁宮殿


18:00 DNR@RST
上の写真を撮ったところにあるキャンプ場みたいな敷地にあるレストランで夕食です。
プロヴァンス料理ということで、お肉の煮込みがメインです。

プロヴァンス料理


そして食後にサプライズがありました。実は母の誕生日だったのです。朝起きたときには覚えていたのに、おめでとうを言うのを忘れていました。先ほどバスに戻る最中、自分でも思い出したようで今日誕生日だった、と本人から言われ、あ、そうだった、と思い出しました。もともと、誕生日に旅行に行きたいと前から言っていたので今回誘ったのに、いろいろ頭にきていたので祝ってやる気をすっかり失っていました。

添乗員さんはちゃんと用意してくれ、食後にサプライズでケーキを出してくれました。そして、フリータイムの間に探したプレゼントをくれました。母は嬉しそうです。私がこんなことしたら病気になったのかと思われる、そういう娘だし、他人に祝われる誕生日が嬉しかったのでしょう。

サプライズのガトーショコラ


19:10 Arr HTL
キリアドコーティーンガレ。アヴィニヨンの中心から車で10分程度の機能的なホテルです。

アヴィニヨンのホテル、キリアドコーティーンガレ


部屋は明るく使いやすいモダンなタイプ。日本からの別のツアーも入っていましたが大人数で添乗員さんが走り回っていました。セーフティボックス、ドライヤー有り。バスタブなし。

キリアドコーティーンガレの部屋


ツアーで利用するフランスのホテルの多くがそうであるように、Free Wi-Fi、湯沸しポット&コーヒーセットが有りました。さらに水のボトルが1本サービスでついていました。

卓上にお茶セット


しかしこのホテルの唯一の問題は朝食です。いえ、本来はフランスの朝ごはんとはこんな感じが普通なので問題とまでは言えませんが・・・。でも団体が多いのか、会議室につくられたような会場で、数量にも限りがあるので、なんとなく惨めな感じがします。イタリアはこんな感じが多いのですが、フランスではちょっとがっかりな気がしてしまいます。

キリアドコーティーンガレの朝食


次回はオランジュをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

懐かしいアヴィニョン!

アヴィニョンの記事、懐かしく読みました。
それにしても、物凄い健脚ですね! Ayaさんはさることながら、母上様も、そのayaさんと行動をされたそうで、びっくりです。
私たちも、ジョセフ・ヴェルネ通りを通りました。というのも、この通りの洒落たレストラン、プチ・ブドンを探したからです。それからロッシェ・デ・ドン公園にも・・・。
ですから、1時間半足らずの間に、これだけ歩かれたのには、感服します。
どうか、大いに親孝行されますように・・・・

Re: 懐かしいアヴィニョン!

洒落たレストラン、いいですね~。美術館とかもあり賑わいだ通りでしたね。
健脚というか、、、確かにかなりの早歩きでした(笑)
母はちょっと疲れたかもしれません。もっとも最近はシニアの方たちの方が元気で
若者の方が体力ないですけどね。
親孝行はなかなか難しく、どうしても肉親には厳しくなりがちなので、ときどき
反省はしていますが、、、なかなかうまくできないようです。
旅行に一緒に行ってあげるだけでも孝行に違いないとは思いますけどね。

ヨーロッパ!

ヤッパリヨーロッパ風景ですねー!
実物を見たいと思います。

DEN

Re: ヨーロッパ!

この旅行記が終わるころには、来年のツアーには自分で行ってみようと
いう気になっているはず!この先もオススメ満載ですよ♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR