フランス・マントンレモン祭り

今回から、2、3月に行った南西フランスとカーニバル8日間の旅レポートスタートです。ビジネスクラス・燃油サーチャージ込みで319,800円、阪急交通社利用です。

2013/02/25 (1日目)

10:25発LH-0711便にて成田からフランクフルト、フランクフルトで乗継、LH-1064便でニースへ入ります。フランクフルトまではビジネスクラスとは言え、体調不良でぐったりです。機内で薬を飲むとどうも普段以上に利き過ぎて、かえってひどいことになるので要注意です。

18:30 ニースに30分遅れで到着しましたが荷物が出るのが恐ろしく早く、18:55にはもう空港を出発していました。空港はニースの市街地に近いので、19:20 ホテルに到着です。

メルキュールセンターノートルダム。4つ星。ノートルダムの目の前にあり、場所がわかりやすく、中心地に徒歩圏内なので立地はいい方です。ここに2連泊します。冷蔵庫に水一本サービス。湯沸しポットとコーヒー紅茶セットあり。セーフティボックスあり。Wi-Fi無料(氏名メールアドレス入力あり)。

ニーズのホテル、メルキュールセンターノートルダムの部屋


さてこの旅は母と一緒なのですが、母が一人で海外旅行に行ける訓練をすることにしました。ですが、さっそく部屋の鍵が開けられません。いつも他のシニアの方がやっちゃっているのを見ていましたが添乗員の部屋を開けようとしていたのです。それも自分では気付けないんですよね。で、正解の部屋に行っても簡単なカードキーなのに開けられないし、次は電気がつけられない、そしてシャワーが出ない、と一通りやらかしてくれました。慣れの問題もあるかとは思いますが、どうやら一人参加は無理そうだな、と初日からため息です。

2013/02/26 (2日目)

時差ボケで目が覚めてしまったので、ガイドブックを見ながらフリータイムにはどこへ行きたいかと母に聞いたら、全然予習してないことが判明しました。行く前にあれほど予習しておけと言ったのに、と朝からブチ切れます。仕方ないので、ガイドブックの見方や計画の立て方などをレクチャーし、今日だけフリータイムの過ごし方の実例として案内してあげることにしました。

6:30から朝食が食べられますが、出発の1時間くらい前に食べに行きました。すると、かなり種類が豊富で、品質のいい朝食でした。最近はツアーでおいしい朝食にありつけることは少なくなったので嬉しい限りです。すっかり機嫌が直りました。

メルキュールセンターノートルダムの朝食レストラン


Lunchが付いていないので、マントンかニースのフリータイム中に食事をすることになりますが、いつどこで食べられるかわかりません。ですので、朝はしっかり頂きました。食事中に今日の天気はどうですかね、と同じグループの方に話しかけられました。どうやらまだ添乗員と区別がついていないみたいです・・・。

メルキュールセンターノートルダムの朝食


8:45 ホテルを出発し、高速道路でマントンへ向かいます。ホテルの斜めにあるノートルダムバジリカ聖堂がホテルの場所の目印です。

ニースのノートルダムバジリカ聖堂


9:45マントンのレモン祭りの会場であるビオヴェ庭園の真ん中でバスを降ります。本当は少し離れた駐車場に止めて歩かなければならないのですが、ドライバーが大丈夫って感じで止めちゃいました。すぐ横にあるツーリストインフォメーションでチケット手続きを待ちます。

マントンのレモン祭りのエキシビジョンは10:00からなので開場を待ちます。会場はフェンスで囲ってあります。団体用の9ユーロのチケット(通常10ユーロ)をもらって、それぞれレモン祭りを楽しむということで、11:20集合のフリータイムとなりました。

マントンピオヴォ庭園のレモン祭り会場


10:00きっかりに早速入場します。当たり前ですが、誰もいません。今年のテーマは「80日間世界一周」、フランス人作家が書いた同名の小説がテーマとなっているそう。内容はわかりませんが、最初はわかりやすく、ピラミッド、ですね。

2013年マントンレモン祭りのオブジェ、ピラミッド


次はインド、でしょうか。柑橘系の黄色オレンジ系だけなのがかえってオブジェがきれいに見える理由かもしれません。ほのかにいい香りが漂ってきます。

2013年マントンレモン祭りのオブジェ、像さんなど


脇にはお土産などを売る売店もあるのですが、まだ商売モードじゃなくて準備中という感じです。ジャムとかリキュールとかが多いです。

マントンレモン祭り会場内の売店


この辺りは漠然とアジアな雰囲気みたいです。

マントンレモン祭りのアジアンなオブジェ


半分まできたところで、歩道橋を渡ります。歩道橋の上からの眺めもいいです。昨年来た時はちょうど昼時で、会場はもちろん歩道橋自体にも人がたくさんいましたが、まるで貸し切り状態です。曜日や時間帯によってこんなに人の出が違うのかとちょっとびっくりしました。

マントンレモン祭りの会場真ん中にある歩道橋からの眺め


歩道橋の反対側にはイギリスっぽい展示が広がっています。ちょっと遠目に見るととてもきれいですね。

マントンレモン祭りで世界一周


近くで見るとこんな感じです。オレンジやレモンなどの柑橘類がゴムでひとつひとつオブジェに止められています。

マントンレモン祭りの柑橘類をとめて作ったオブジェ


こちらではちょうどメンテナンスをしている人たちに遭遇しました。果物を触ってチェックしながら痛んできたものは交換、と地道な作業です。使ったフルーツはジャムなどに加工するそうです。

マントンレモン祭りメンテナンス中


開場したばかりであまりに人がいなかったため、写真も撮り放題だし、10分で端まで来てしまいました。残り時間はまだ1時間以上もあるので旧市街に繰り出します。

次回はマントン旧市街をレポートします♪
(グアテマラシティからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは

朝一番ですと 人が居なくて見放題 撮り放題ですね
パンフみますと人だかりでしたが・・・

やっぱり 街全体 柑橘系の香りが漂っていますか?
いい香りで いいなぁと思いますが・・・

旧市街楽しみにしています

さとちんでした♪

何時も感心して拝見

こまめに撮影されている旅には、何時も感心して拝見しています。
今後も、写真と文の掲載を期待しています。

レモン祭!

スゴイですねー!
楽しかったでしょうね。

DEN

No title

 <<機内で薬を飲むとどうも普段以上に利き過ぎて、かえってひどいことになるので要注意です。>>,薬の服用は、機内では要注意です。
 市販薬、医者の薬も基本は、体重60Kgの大人(成人)が基準です。持病があるので、医者の学会で海外に行くことの多い主治医(かかりつけの医者の中でも)が居るのなら、服用する量についてアドバイスを受けることができます。

 自分は、液体の薬を服用しているので、製造元の医薬品情報(英文)を添付させて、飛行機に乗り込みます。規定外であっても。錠剤であっても。入国先または乗り継ぎ先で困らないために。

 機内で、’アスピリン’が欲しいことを告げると、「弊社の規定で、お客様にアルコールを提供できなくなりますが、よろしいですか。」
とCAに言われたことがあります。

 医薬品情報(添付書類)にもとづいて、機内での服用を勧めます。
なんといっても、気圧の低い機内。どんな大人でも、子供の量で十二分に効いてしまう機内。と体調(肝臓の具合)がありますから。

Re: No title

皆様コメントありがとうございます♪

まとめて返信させてくださいね。


さとちんさん

本当に、朝一番といってもそんなに早い時間じゃないのに、すぐには
人がいっぱい来なくてちょっとびっくりしました。
お祭りというのは賑わっていないと何となく寂しいものです。
街全体、やっぱり柑橘系の香りがすると思いますが、すぐに鼻が慣れちゃって
麻痺してしまいました(笑)


イシダノブヤスさん

写真は一日200枚以上撮っているんですよ(笑)
でも写真を撮っているというより、見えてるもので心動かされたものに
シャッターボタンを何気なく押しているという感じです。
写真を撮ること自体が目的じゃぁないですからね。
今後もよろしくお願いしますね♪


DENさん

スゴイですか?
確かに、ここ独特ですから、楽しいですよ!
世界中同じようなものが多い中、独自のものを守っていくというのは
なかなか難しい時代になったのでなおさらですね♪


TristanとIsoldeさん

おっしゃる通り、しかも身を持ってこれまでにも痛い思いをしているのに
どうにも我慢できず薬を飲んでしまうんですよね。通常日本にいるときは
薬は我慢しちゃって飲まない方なので、余計に利いてしまうのかも知れません。
次からはちゃんと思い出して、半分にするなりします。学習能力のない人って
起こられちゃいますものね(笑)

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: No title

しばらくは南仏の素敵な町などを紹介しています!
またお待ちしていまーす♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR