スイスインターナショナルエアラインズ・エコノミー

今回はスイスインターナショナルエアラインズの搭乗レポートです。(2012年12月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判や口コミの検索がとても多いので、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について報告します。

成田発着便の機材はA340-300、一目でスイスインターナショナルエアラインズとわかるシンプルながらスイスらしい品のあるデザインです。

スイスインターナショナルエアラインズ成田発着機材A340-300


スイスインターナショナルはグループチェックイン方式をとっています。ツアーの場合、早く空港へ行ってもいい座席が選べるわけではありません。チューリッヒの空港でも同じで、私は知らずにWebチェックインしてしまってちょっと迷惑かけてしまいました。同行者と座席がバラバラに出てくるのでグループ内での調整が必要になります。

さて機内ですが、3クラス制で、エコノミーはAB-DEFG-JKの2-4-2という座席配列、45列まで。冬のスイス行きは混んでいましたが一列空いている席があったので、移動させてもらいました。毛布がエコノミーにしてはちょっと質のいいものが使われています。スリッパ、アメニティ類はありません。

スイスインターナショナルエアラインズ・エコノミーシート


パーソナルTVのスクリーンはやや大きめですが、タッチパネルではありません。日本語サポートの映画は少ないと思いました。AC電源、USBポートなどは付いていません。Wi-Fiサービスもなしです。

スイスインターナショナルエアラインズ・エコノミーのパーソナルTV


特にオススメの座席というのはありませんが、37Kの頭上から水が落ちてきていました。CAさんが特に驚いている風でもなかったので、要注意座席ですね。席を替えてあげるなどの対応をしていなかった点はサービス面でマイナスです。

では次は機内食の紹介です。
LX-0161便成田発チューリッヒ行きは出発1時間後(離陸後ではなくドアクローズ後、離陸後で言うと30分ちょっと)、ドリンクサービスがあります。好きなジントニックを注文しました。水もお願いしますと言ったらスパークリングだと缶、ノンガスだとボトルでくれました。

機内食1食目は出発して約2時間後。チョイスは、チキンのクリーム煮かラザニア。ラザニアを選択、野菜たっぷり目でまずますのお味。個人的にはもうちょっとチーズがあれば尚良いというところ。お蕎麦は嬉しいです。ちなみにシルバーがビジネスクラス並みのしっかりしたものでした。

スイスインターナショナルエアラインズ成田→チューリッヒ機内食1回目


2食目は、到着2時間前に点灯して、おしぼりを配った後です。チョイスはなしで、フライドライス。味が薄かったです。ワインはミニボトルで提供で、白はガラス瓶でした(赤はプラスティックボトル)。シルバーといい、重量を減らそうという努力はされていないようです。

スイスインターナショナルエアラインズ成田→チューリッヒ機内食2回目


1食目の後は機内最後尾のギャレーにソフトドリンク、クノールスープ、お菓子が置いてあります。そして、フライトの半分くらいでカップアイスクリームが座席に配られます。

エコノミー最後尾のギャレーには飲み物とスナックなど


出発8時間後くらいには、間食サービスとしておにぎり(orソイジョイ)が配られます。その時点でお腹が空いていなかったとしてももらっておく方がいいでしょう。配った残りはギャレーに置かれています。

スイスインターナショナルエアラインズ成田→チューリッヒの間食おにぎり


帰国便LX-0160は13:00発です。機内食の1回目は14:30過ぎ頃になりますので、帰国日は朝しっかり食べておいた方がいいでしょう。チョイスは、ポークジンジャーorラザニアトマトソース。ポークをチョイスしましたが、しっかり味でまぁまぁです。

スイスインターナショナルエアラインズ・チューリッヒ→成田機内食1回目


成田到着前の朝食はスクランブルエッグとハッシュドポテト。これはどの航空会社でも似たり寄ったりのメニューで、いつもほとんど口にしません。

スイスインターナショナルエアラインズ・チューリッヒ→成田機内食2回目


ちなみに、帰国便では間食サービスはないので、お腹空いたら最後尾ギャレーに行くとサンドイッチなどが置いてあります。帰国便でもフライトの間にアイスクリームが配られますが、スイスと言えばこれ、私の大好きなMovenpick(モーベンピック)です。これは寝過ごして食べ損ねるわけにはいきません。

Movenpick(モーベンピック)アイスクリームは帰国便


さて、サービス面ですが、今時の欧米キャリアの中ではいい方と言えるかも知れません。CAの感じはいいです。日本人CAも乗っていますが、エコノミーのサービスではあまり見かけませんでした。

CAさんは、あまり日本人ズレしてないというか、基本的には流暢な英語で容赦なく話します。チキンorパスタとかじゃなくて、もう少し料理がわかるような聞き方をするので、英語スイッチが入っていないと、聞き取れないかも知れません。

マイレージはスターアライアンスメンバーですので、私はUAマイレージプラスに入れます。
成田-チューリッヒ間のマイル数は片道5,977です。格安のツアーでもつきましたが、中には加算対象外の予約クラスもあるので、ちょっと注意です。

最後は空港関連です。
チューリッヒ空港ではグループチェックインと書きましたが、バゲージもグループ分まとめてカートごと計ります。1つずつの重さは気にしないみたいです。ですが、破損などがあった場合に重量オーバーしていると修理してもらえませんのでご注意下さい。

チューリッヒ空港でのスーツケース計量はまとめて


スターアライアンスゴールドの資格で利用したラウンジの話に移ります。
成田では提携している全日空のラウンジの利用になります。何度かレポートしているので今回は割愛します。

チューリッヒにはいくつかラウンジがあります。ただし日本行きのターミナルEは、チェックインしたターミナルから遠く、イミグレで出国手続きをしてからシャトルでターミナル移動する必要があります。時間があればターミナル移動前にラウンジを使った方がいいです。

ターミナルEではパノラマラウンジという提携ラウンジの利用となります。ダイナースなどのカードの提携ラウンジでもあります。食べ物はあまりおいしくないし、座席も利用者数の割りに少ないですが、飲み物はいろいろ種類があります。Wi-Fiは、受付で2時間フリーのゲストコードをもらえます。

チューリッヒ空港ターミナルEの提携ラウンジ


総じてスイスインターナショナルエアラインズの印象ですが、スイスらしく品のいい航空会社というイメージです。経費けちっているなという面がないし、座席も足元がやや広く感じられるなど不快な思いはありませんでした。SASの後に乗ったからかも知れませんけどね!

次回はルフトハンザドイツ航空ビジネスクラスをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR