スイス・アインジーデルン②

2012/12/19 (4日目) 続き

アインジーデルンの中庭を通り、厩舎の裏に出ると丘、いや雪山がそこにありました。道を上る人影は豆粒のように見えます。時間はあるので、とりあえず上ってみることにしました。スイスへ来て初めて、滑り止め付き金具がついたブーツを履いてきた恩恵にあずかれることになりました。

アインジーデルン大修道院裏の丘


丘を上がっていくと、裏側にSihlsee(ジール湖)が見えてきました。この右手にはスキー場があるようで、リフトが動いています。とても気持ちのいい景色です。

アインジーデルン大修道院裏手の丘から見るジール湖


そして、丘の途中の木があるところまで来ると、何か立っているのでそこまで上ることにしました。立っていたのはベネディクト像でした。ベネディクト修道院を見守っているのでしょう。ここからは、大修道院の全景を見渡すことができます。

アインジーデルン大修道院裏手の丘から大修道院全景


周囲を目を凝らして見ると、動くものがあります。デジカメのズームを使って見てみると、クロスカントリー場が点在しているようです。平らな雪の上にある木ではない点はクロスカントリースキーを履く人間でした。

アインジーデルンクロスカントリースキー場


道はまだ山の上の方まで続いているようでしたが、そろそろ修道院内部を見学できる時間なので、丘を降りることにしました。13:30ちょっとすぎに修道院内部へ入ります。残念ですが、内部は撮影禁止です。

しかし、あまりに絢爛豪華でびっくりしました。なんというか宮殿のようです。白を基調として、ピンクなど、大理石をふんだんに使った作りに、彫刻やらフレスコ画やらが溢れています。こちらはパンフレットにあった写真を撮ったものです。中は明るい雰囲気で観察しやすいです。

アインジーデルン大修道院内部の写真の写真


豪華な内装には目を見張りましたが一番の見所は、黒いマリア像です。入り口付近に、黒い大理石でできた立派な八角形の祭壇があり、その中に置かれています。マリア像自体は、思ったより小さかったけれど、豪華な衣装をまとっていました。マリア像の前に並ぶ椅子では、熱心な信者の方々がお祈りをしています。

この修道院はもちろん入場料とかないので、ろうそく2フランを捧げて旅の安全を祈って出てきました。日本でお賽銭や線香といった習慣がついているはずの日本人でも海外ではただ写真だけ撮って出る人がいるのが残念です。ろうそくは一目につくというのであれば、入り口近くには寄付の箱などがあるので、小銭を入れるくらいの気持ちがあってもいいでしょう。

かわいいろうそく


さて、そろそろ駅に戻ります。帰りは参道のような道をまっすぐ下りていきます。両側にはホテルやレストランなども結構あるようでした。

アインジーデルン駅から大修道院までの道


14:00ちょっと過ぎに駅へ戻ってきてしまいました。次の電車まではまだかなりあります。考えてみればLunchをとっていません。駅のキオスクで何か買って食べるくらいの時間がありそうです。

アインジーデルン駅にあるキオスク


キオスクでは自分で温め直すパンなどが売っていたので、ピザやパニーニといった惣菜パンと飲み物を購入しました。パン2つと飲み物2つで18フラン(約1800円)です。

アインジーデルン駅キオスクで買ったパン


14:30 ちょっと遅れてきた折り返しの電車に乗りアインジーデルンを後にします。電車に乗ってから遅い昼食をとりました。車窓の雪山の景色を堪能しながら、清々しい気持ちで帰路につきます。

アインジーデルンからヴァーデンスヴィルの間の車窓景色


乗り換え駅のヴァーデンスヴィル駅が近づいて来て、チューリッヒ湖が見えてきました。チューリッヒ湖は細長い湖で、どこかで対岸に渡ることもできるらしいです。時間に余裕があれば
途中下車してゆっくり景色を楽しみたい、そんな場所です。

ヴァーデンスヴィル駅近くの車窓景色、チューリッヒ湖


ヴァーデンスヴィルで乗り換え、またチューリッヒ湖を見ながらチューリッヒへ戻ります。しかし私にはもう一ヶ所行ってみたい所がありました。戻ってくる時間が予定より遅くなったので、悩ましい所です。

チューリッヒに向かう電車からのチューリッヒ湖の景色


帰りは車内で検札がありました。切符を持っていなければ高い罰金を払う必要があります。日本人観光客は空港近くに泊まる事が多いのか、空港まで行くのかと聞かれました。空港はゾーンが違うので、料金が違うらしいですが持っている切符がどこで買ったかわかるので車掌は納得したようです。キセルしてるわけじゃないのに、ちょっとドキドキしました。車内で時刻表を見つつ、もう一ヶ所、バーデンもチャレンジしてみることに決めました。

時刻表とにらめっこ


次回はこの旅の最終レポート、バーデンをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。スイスの物価はやはり高いですね。お惣菜パンと飲み物(各2)で1800円ですか。15年前位にスイスに3日間滞在したときも、物価の高さに驚いた記憶があります。Kioskってロシア語のイメージだったのですが、スイスでもあるのですね。親近感がわきます。スイスの雪は、どんな感じなのでしょうか?パウダースノーなのかな?写真から冷たい凛とした綺麗な空気が感じられますね。

Re: No title

こんにちは!スイスの物価は高いですよね。もっとも収入も高い国なので
為替の問題も多少あるとは思いますが、旅行者には懐が痛い話です。日本人が
そう感じる数少ない国の一つと言えるでしょうね。
KIOSKは確か英語です。店の形態を表す用語として広く世界で使われているような
気がしますが、店名に使われているのはめずらしいかもしれませんね。
雪ですが、うーん、冷たかったとしか・・・。何しろ晴れていたので寒くもなく
気持ちよかったです。べちゃべちゃはしてなかったですね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR