スイス・チューリッヒ

2012/12/19 (4日目)

この日は丸一日自由行動。7:00に朝食に行って、8:00くらいに出発する予定だったけど、朝食で隣の席になった同じグループのご夫妻と話が長引き、ホテルを出たのは8:50くらいに。有名な水中カメラマンの方でお話がとてもおもしろかったです。

さて、宿泊しているホリディインチューリッヒメッセから最寄り駅のオエリコンまでは徒歩で5分ちょっとです。駅の前にはCOOPがあります。

オエリコン駅


オエリコンの駅のチケットカウンターで、旅ともさんの提案で決めた今日の目的地アインジーデルンに行く切符を購入します。Returnと聞かれたときにOne Wayと言ったのが、One Dayに聞こえたらしく、思ったより高い41.6フランをカードで支払いました。次の電車で行くかと聞かれ、タイムテーブルを出してくれました。乗換のホームの番号とかも入るのでこれは便利です。

スイスの切符とマイタイムテーブル


ところが、アインジーデルンに着く時間が午前中の入館時間に間に合いそうにないので、先にチューリッヒ観光をしてから行くことにしました。Sバーンという各駅停車みたいな電車を使うので、1時間に2本とかしかなく、電車の時間に合わせて行動する必要があります。スイスは鉄道が使いやすいので、時刻表をあらかじめ手に入れて計画すれば個人でも快適に旅ができます。ただし料金は高いので、遠くまで行く場合や日数がある場合はスイスパスとかを購入するといいでしょう。

9:30 チューリッヒに着いたら、バーンホフ通りに出ます。夜の雰囲気とはまた違いますが、やっぱり高級感が漂う街です。

チューリッヒのバーンホフ通り


リマト川沿いからリンデンホフを目指しました。旧市街にある小高い丘です。なだらかな坂道を上った先に、広い公園がありました。時間が早いのか、人がほとんどいません。ここは、古代ローマ時代リマト川を通行する船の税関があった所で、チューリッヒという街の名は税関チューリクムから来ているのだそうです。

リンデンホフ


リンデンホフからはリマト川と東岸が見渡せとても気持ちがいいです。雲の切れ間の向こうに青空が見えるようになってきました。これは天気がよくなる兆しです。

リンデンホフからのリマト川と東岸の眺め


リンデンホフから南に下り、旧市街の素敵な道を通って、ペーター教会へと向かいます。正面に見えるのがロマネスク様式の塔で、ペーター教会はチューリッヒで最も古い教会だそうです。大きな時計版がついている塔はこの場所から見るのが一番きれいかもしれません。

リンデンホフから旧市街の道とペーター教会の塔


ペーター教会を見学した後は、フラウミュンスター(聖母教会)へ向かいます。旧市街の道は曲がっていたり、道の幅もそれぞれで、どこを見ても絵になる素敵な街なのですが、古さよりも高級感が伝わってきます。お店のディスプレイも素敵で、むしろ敷居が高く感じるほどです。

チューリッヒ旧市街の店のディスプレイ


フラウミュンスターに着いた頃、ちょうど10:00になり内部の見学をしようとしますが、なかなか鍵があきません。ここにはシャガールのステンドグラスがあるので是非にも見たいのですが、どうも少し時間かかりそうなので、後でまた戻ってくることにしました。

聖母聖堂全景


チューリッヒ湖です。初日にもここまで着ましたが、夜は何も見えませんでした。夏はここから遊覧に出るのもきっと気持ちがいいでしょう。この辺りには、水鳥がたくさんいます。白鳥なんかは、それこそ数え切れないくらい・・・。

チューリッヒ湖


リマト川の東岸へやってきました。対岸からペーター教会、フラウミュンスターの塔が見えます。チューリッヒというと大都会というイメージですが、旧市街の眺めは歴史を感じる街並みです。

リマト川とチューリッヒ旧市街西岸


大聖堂まで来て、中を見学します。この教会はステンドグラスがモダンでした。天然石の輪切りみたいなやつを使っていたり、デザイン性重視のものが多かったです。写真はミュンスター橋から撮った大聖堂全景です。2本の塔が大きいのでここまで離れないと全体の写真が撮れません。

チューリッヒ大聖堂


さて、先ほどスキップしたフラウミュンスターが開いていたので、さっそくシャガールのステンドグラスを見に入りました。残念ながら内部は撮影不可、シャガールらしさを強調する特徴的なステンドグラスでした。

旧市街をリマト川沿いに歩いていると、待望の日が差してきました。いい一日になりそうです。

チューリッヒのリマト川沿い、東岸を望む


ラートハウス橋を渡ってまた東岸へ行きます。東岸の旧市街のメインストリート、ニーダードルフ通りは西岸に比べると高級感はなく、しゃれた店が多いです。石畳の道と古い建物の間を気の向くまま歩きます。横道に入り、先にあるのはプレディガー教会です。

チューリッヒ旧市街西岸の道


プレディガー教会を覗いて、そろそろ電車の時間、駅に戻ります。チューリッヒ中央駅は大きいので、何番ホームかによって、駅構内でかなり歩きますが、事前にホームの番号がわかっているので、時間を計れます。歩行者専用の橋を渡って西岸に戻りますが、この橋には南京錠がたくさんついていました。何か願い事が叶うのかも知れません。

リマト川にかかる歩行者専用の橋には南京錠がたくさん


駅へ戻り、構内のクリスマスマーケットを通過するので、写真を撮っていたら、きれいなお姉さんに話しかけられました。スイス観光局のアンケートに協力して欲しい、一週間後くらいにメールで送るから、メールアドレスなどを登録して、というものでした。IDを持っていたし、話し方もちゃんとしていたし、何より綺麗なお姉さんだったので、協力したら、それだけでスイスの板チョコをもらいました。(後日ちゃんとアンケートに答えました)

チューリッヒ中央駅構内のクリスマスマーケット


次回は巡礼地アインジーデルンをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして
何時もブログ楽しみに拝見いたしております。
スイスは景色の良いところと聴いていましたが、
街並みといい、気色といいとても綺麗ですね
一度は行ってみたいですね
良い旅をづけてください。

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

スイスはヨーロッパの中でも一押し!と言える素敵なところです。
古いものと新しいものが本当にうまく融合しているという感じです。
平和で洗練された観光地ですから、ぜひ機会を作ってお出かけ下さい♪
私もまた行きたいです♪

こんにちは。

スイス、いいですね~。一度この目で見たくなりました。

それにしてもaya1103さんも、綺麗なお姉さんには

弱いのですね。

僕はデレデレになってしまいます。

Re: こんにちは。

こんにちは~。スイスはいいですよ~まぁできれば夏がやっぱりいいですけどね!

きれいなお姉さん大好きですよ♪
もちろん素敵なお兄さんも大歓迎!
ただし、感じのいい方限定です。自分の容姿に地震がありますって顔は嫌いです。

でも海外ではスリ、ひったくりの一員であることもあるので、気をつけて下さいね!

No title

Oelikon駅前の風景、思い出します。
ホリディインチューリッヒメッセそばのトラムの駅、一つ先の停車場から乗り換えれば、直通で空港に行けるので、とても懐かしいです。
1年半前のOelikon駅前のSwissotel。残ってますか’スタバ’。
Swissotelの高い朝食がもったいないので、駅前のKIOSKでパンとバナナ、ミルクを買ったり。スタバで、コーヒーとサンドイッチを買ったりしていました。
自分の趣味の用事で何度も訪れるZurich。物価の高さは、目を見張りますね。だから、Oelikon駅周辺に宿を。空港へは、トラムか普通列車。なおかつ市街地にも25分のトラム乗車。
チューリッヒ湖の水辺の水鳥・白鳥は、自分の携帯の壁紙にしています。

Re: No title

コメントありがとうございます!
すみません、スタバあったか覚えていません・・・。
目に入らなかったのかなぁ。
チューリッヒ湖は本当に水鳥が多いですよね。夜に白鳥がどうやって寝ているのかとか
初めて見るシーンも見れて楽しかったです♪
何度訪れてもいい所ですよね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR