スイス・ルツェルン①

2012/12/18 (3日目)

9:30 チューリッヒのホテルを出発し、バスでルツェルンへ向かいます。1時間くらいで、車窓からムーゼック城塞が見えたのでバスを下りる準備です。この城塞、地上からなかなか見えないので、前回訪問時に悔しい思いをした思い出があります。車窓から見えるのは一瞬です。

ルツェルン、ムゼック城要塞


10:35 ルツェルンに到着して、まずはライオン記念碑近くの駐車場でバスを下ります。少しだけ歩いて、記念碑を見に来ました。2000万年の時が作った砂岩の巨大な岩壁を繰り抜いて作られた慰霊碑です。何度見ても大きさに圧倒されます。

ライオン記念碑


フランス革命時にチュイルリー宮殿でルイ16世とマリーアントワネットを守って亡くなった786名のスイス傭兵を追悼するものですが、命に代えて職務を全うするというのがどういう心理なのか私には未だ計り知ることができません。

ライオン記念碑のアップ


ライオン記念碑の隣には氷河公園の入り口があります。一度も入ったことがありませんが、2万年前の氷河の痕跡などを見ることができるそうです。次に来ることがあれば、一度入ってみたいと思います。

氷河公園


駐車場に各自10:55までに戻るのに、11:55集合と勘違いして戻ってこられない方が1組いました。11:20に見つかり、ほんの少し離れた湖畔へ移動します。街の地図が頭に入っている私としては待っている時間が勿体なかったですが、明日はわが身と思うことにしました。

ゼー橋の近く高級時計ブヘラー本店前でバスを下ります。ここはツアーで行くとバスの乗り降りに必ず使われる場所でシュバーネン広場と言うスペース。車は乗降時しか止めていられません。車の通行量が多いので道の横断などには注意が必要です。

ルツェルンシュバーネン広場から中央駅方面を望む


天気はイマイチなのに、左手のフィアヴァルトシュテッター湖(四森州湖という意味で近年では別名ルツェルン湖とも)の向こうにアルプスの山々が見えます。遠くの山だけが晴れているのか、とても美しく神々しく見えました。

ルツェルン湖とアルプスの山々


カペル橋の北端に来ました。ここからロイス川となって水が流れます。このあたりにはたくさんの白鳥やカモがいて、観光客にものすごく慣れています。写真を撮ろうと近寄れば餌でもくれるのかと寄って来ます。

ロイス川の白鳥やカモ


さて、皆でカペル橋を渡ります。全長200mもあるヨーロッパ最長の木の橋です。夏に来た時には色とりどりの花で美しく飾られていましたが、今は素朴さが主張された外見です。八角形の塔は水の塔、湖からの外敵に対して見張りの役割があったようです。

カペル橋と水の塔


カペル橋は屋根つきで、梁には111枚もの三角形の板絵が飾られていますが、93年の不審火によりほとんどが焼失されたそうです。翌年に再建された橋は見事に復元されていますが、絵の裏を見ると真っ黒に焼け焦げた跡が見られます。

カペル橋の梁にある絵画


カペル橋から見るルツェルンの街とロイス川の景色も素敵です。橋の南側にあるイエズス教会はタマネギ型ドームが乗ったバロック様式の教会、この後中に入りますというのでちょっと楽しみです。

カペル橋から見るイエズス教会


こちらがイエズス教会の内部。白とピンクのロココ様式で、天使が降りて来そうな華麗で清楚な見事な装飾です。正直こんなに綺麗な教会だと思っていなかったのでびっくりしました。散歩のついでに是非覗いてみたい教会です。

イエズス教会内部


さて、今度はもう一度ロイス川を渡って北側の旧市街へと行きます。写真中央やや右は市庁舎です。川沿いの家並みがまた素敵です。

ルツェルン旧市街


ロイス橋を北側へ渡ります。橋の向こうの建物は建物全体を使ってアドベントカレンダーを作っています。クリスマス前の4週間をアドベント期間というのですが、要するにクリスマスまでのカウントダウンを盛り上げるカレンダーです。

ルツェルン旧市街のアドベントカレンダーの家


ルツェルン旧市街の見所のひとつは建物に描かれた壁画でしょう。美しいフレスコ画が描かれた建物に囲まれ、石畳の町を歩くのはなかなか楽しいです。

ルツェルン旧市街にある壁絵が見事な建物


ワイン広場は特にお気に入りです。中世の噴水と、見事な壁画で飾られた建物に囲まれた空間は車両乗り入れ禁止にすればいいのに、という風情です。

中世の噴水のあるルツェルン旧市街ワイン広場


次回はルツェルンでのフリータイムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

素敵な風景に心躍りました。
ありがとうございましたーー

Re: No title

素敵に見えましたか~?
天気がいまひとつだったので、映りもどんより。
晴れてたらもっと素敵な街だと思います♪

オトギの様な建物

日本では、味わえない町の景色ですね。

それにしても、ライオンはすごくリアルですが、何となく疲れ顔では!

DEN

Re: オトギの様な建物

割りと近代的な街ですけど、旧市街の雰囲気はとてもいいです!

ライオン像説明がちょっと足りませんでしたね・・・・
瀕死のライオンの像なんですよ。心臓を射抜かれているのにそれでも
自分の盾は傍らにあるのに、ブルボン王朝の紋章の入った盾を守ろうとしている。
命をかけて職務を果たそうとした傭兵たちをあらわしているものだそうです。
命をかけるにしても他国の王様に中世を尽くすなんてなかなかできませんよね!

そうだったんですね

こんばんは。
ライオン像の説明、興味深いです。
87年に行ったのですが、この解説は聞き逃していました。
国に産業のないスイスは傭兵として出ざるを得ない。
忠実な働き振りを売りにするしかなかった・・・
像を見たときは涙が込み上げてきました。
また行ってみたい町です。
ご紹介してくださってありがとうございました。

Re: そうだったんですね

こんばんは!

1人や2人ならわからないでもないですが、自分の命を落としてまで
他国で他国の王族を命をかけて守るなんて、どんな気持ちだったろうと思いますね。
本当のところは本人達にしかわからないですし・・・。
いろいろ考えさせられますね。
私も今度はせめて一泊してみたいです♪

こんにちは。

いつも楽しく拝見させていただいています。

それにしてもイエズス教会は美しいですね。

伝統美と言った感じでしょうか。

Re: こんにちは。

いつもありがとうございます!

イエズス教会とても綺麗だったです♪スイスでも古いバロック建築だそうですが
内装は新品のようにピカピカに見えました。やさしいピンク色が目に残っています
写真は載せませんでしたがパイプオルガンも素敵でした!

No title

aya1103さん、初めまして♪
タヌキ猫です。何度か遊びに来させてもらっています♪

色々なところを旅されていて、どこから見たらいいのか迷っちゃいますね♪それにしてもアクセスが多くてビックリ!!!

タヌキ猫も時期外れにスイスに行きましたが、ルツェルンって結構見るところあったんですね~。

急きょ、旅程を変更して短時間での滞在となったルツェルンだったので完全勉強不足でした・・・。

また、久々のスイスもいいかな~なんて思っています♪
また、遊びに来て、色々勉強させてもらいますね♪

タヌキ猫でした。

Re: No title

タヌキ猫さん、はじめまして!
コメントありがとうございます♪

過去記事は、そのときの気分?によって詳細度や、文体が違って読みにくいかも
しれませんが、気になる場所などがあったら暇なときにお楽しみ下さい~
スイスはやっぱり夏ですよ、夏!冬でもよかったですが、やっぱり夏は最高です!
ぜひいい時期に行って下さい!!

それでは今後ともよろしくお願いしまーす♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR