ドイツ・フライブルク①

2012/12/17 (2日目)

8:00 バスでチューリッヒのホテルを出発し、国境を越え、ドイツのフライブルクへと向かいます。車窓の景色は、冬のスイスとは思えない風景です。雪が全然ありません。ちょっと拍子抜けです。

冬のスイスなのに緑の多い風景


10:25 フライブルクに到着です。側を流れる川は濁流で溢れ返っています。気温が高く雪解け水がどっと流れてきているということでしょうか。

フライブルクの川


駐車場でバスを降り、市庁舎前広場まで皆で歩きます。旧市街の中心、カイザー・ヨーゼフ通りを横断します。道々の脇に小さな小川のような水路があり、きれいな水が流れているのが特徴的です。

フライブルクの中心カイザー・ヨーゼフ通り


こちらはフライブルクの旧市街、石畳によく似合うマンホール。素敵なデザインです。

フライブルクのマンホール


市庁舎前まで来て、12:00までのフリータイムとなりました。旧市街の街並みは私の好みなので散策のしがいがありそうです。

フライブルクの街並み


まずはカイザー・ヨーゼフ通りに出て、マルティン塔を見に行きます。ヨーロッパらしい塔が立っています。

マルティン塔


今回ドイツはこの街だけなので、ドラッグストアに寄って買い物をぱぱっと済ませ、この街の一番の見所大聖堂へ向かいます。この街に向かう途中小雨が降っていたのですが、晴れ間まで出てきました。今回も運が良さそうです。大聖堂の上の方は修復中のようですが、見事なゴシック建築です。

フライブルクの大聖堂は見事なゴシック建築


大聖堂広場ではマーケットが開かれていますが、ガイドブックによるとなんと1120年からここでマーケットが開かれているそうです。野菜や植物などが売られていました。地元の人で賑わっています。

大聖堂前広場のマーケット


大聖堂の右手にちょっと目を引く建物があります。赤い建物が、カウフハウス商館、16世紀の建物です。近くで見るとおもちゃの家のようでした。

おもちゃの家のようなカウフハウス商館


さて、その商館側に、大聖堂の塔の入り口がありました。ガイドブックに冬季の月曜は休みとあったので諦めていたのですが、入り口が開いています。入ってみると階段の上から他の観光客の声らしきものが聞こえるので、どうやらやっているようだと判断し、石の階段を上ります。心の準備も体の準備もできていないのに塔に上るのはどうかと思いましたが、躊躇する時間はありません。

大聖堂の塔の石の螺旋階段


石の螺旋階段のあと、工事中の作業場の中の鉄の階段をあがった先にやっと料金を支払うポイントがありました。上ってから料金徴収というのはめずらしいですね。料金は2ユーロに値上がりしていました。ここには古い道具の展示や、ちょっとしたお土産物も売っています。

大聖堂の塔の中


ここから内部の階段で塔の鐘の仕掛けを見に行くことができます。この料金所がある場所は教会の屋根より高い位置で塔の真ん中くらいの高さと思われる場所です。高さ66mらしいです。窓から外を見る程度ですが、森や街が見渡せていい眺めです。

大聖堂の塔からの眺め


これ以上は上に行けないと思っていたら、重い扉の向こうにさらに上へ上がる階段がありました。塔に沿った外階段で、狭くて1人分の幅、足元は石造りですが、腰から下が透けています。風もあり、高所恐怖症の私は3段と上ることができませんでした。

外の螺旋階段


旅ともさんにカメラを預けて私は待つことにしました。風の音がビュービューいい、高所恐怖症でなくても怖かったようですが、上からの景色はやはり途中の高さよりも素晴らしいものだったようです。

大聖堂の塔からの眺め


次回、フライブルク散策の後編をレポートします♪
(フランスのトゥールーズからの更新でした。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR