キューバ・ビニャーレス渓谷(インディヘナの洞窟)

2012/10/28 (3日目) 続き

11:20 インディヘナ(インディアン)の洞窟につきました。ビニャーレス渓谷の地図はガイドブックにもあまり紹介されていないので、ここにあった地図をチェック。展望台、町、洞窟はかなり距離が離れていて、広大な渓谷であることがわかりました。

ビニャーレス渓谷の地図


さて、これから洞窟へ入場です。入り口周辺は鬱蒼とした緑に囲まれていますが、ジャングルを歩くというイメージではなく、持ってきた虫除けは全くもって必要じゃなかったようです。(虫除けは後日必要になるのでキューバ旅行には持っていった方がいいです。)

インディヘナの洞窟


洞窟の入り口は階段がなければそれと気づきにくいくらい緑に囲まれています。先史時代にインディアンが住んだというので、パプアニューギニアで入った洞窟みたいに狭いものを想像していましたが、かなり大きな洞窟のようです。植民地時代には奴隷が、独立戦争時代には革命家が隠れ住んだ洞窟だそうです。

インディヘナの洞窟入り口


入ってびっくり。中はかなり広いです。しかも足元は整備されているので、靴も特別な配慮は要らないようになっています。ジャングル&洞窟イメージでわざわざハイキングシューズみたいのを履いてきたのがばかみたいです。ビーチサンダルでもOKな感じです。

インディヘナの洞窟鍾乳洞の道


洞窟は途中狭いところもあります。人が一人通るのがやっと、ちょっと屈まないといけません。ライトは最低限あるものの、鍾乳石がライトアップされているわけではないし、ロープなんかも張ってないので、なんだか探検隊気分でワクワクします。懐中電灯あった方が楽しいです。

洞窟内部の狭い道


頭上で何か動くものを発見。洞窟につきもの、小さなこうもりです。写真ではわかりにくいですが、中央付近の黒い塊が何匹かのこうもりです。懐中電灯がないと足元以外は真っ暗なので、こういった部分は見えません。

天井にはりつくこうもり


しばらく歩くと行き止まりです。洞窟の中を川が流れていて、ここからはボートに乗って進みます。ボートは10人ちょっとしか乗れないので、グループの前半の人を見送ったらボート待ちです。

洞窟の奥には川


ボートに乗っていざ暗い洞窟内を探検です。洞窟内でさらに乗り物に乗るというのはすごくテンションがあがります。頭上はきれいな鍾乳洞の景色でいっぱいです。

洞窟内部をボートで移動しながら鍾乳洞を見る


英語をしゃべる船頭さんが、岩の紹介をしてくれます。タバコ岩、へび、魚、タツノオトシゴ、ワニと豚、インディアンの横顔、など。どれもこじつけで、後で写真を見てもどれがどれだかさっぱり、という感じです。豊かな想像力が必要です・・・。

いろんな形の鍾乳石は想像力を持って見る


奥まで行ってボートは引き返します。洞窟自体はもっと奥までかなり続いているようでした。乗ったところでボートを降りるのかと思いきや、通り過ぎます。ここの観光の内容は誰も聞いていないし、この時初めて入り口と出口が違うのか、とわかるくらいです。

さて、ボートに乗ったまま、洞窟の出口が見えてきました。外の光がまぶしいくらいです。船頭さんに、水深はどのくらいあるの?と聞いたら、6mくらい、と言ってます。そんなにあるのかなぁ?

インディヘナの洞窟出口


洞窟を出たらすぐ船着場で、ここで観光が終わりです。船頭さんに渡されたチップ籠に1CUC入れました。チップの金額について添乗員から案内がなかったと怒っている人がいます。誰かが入れた0.25CUCを見て、その人は自分が入れた1CUCに対してお釣まで持っていきました。気持ちなんだし、いくらでもいいですけど、世界中を旅してきて、枕チップが1CUCなんだからやはり1CUCが妥当なんじゃないの?と私は判断しましたが・・・。

鬱蒼とした鍾乳洞の裂け目


出口付近にはお決まりの土産屋も数件あります。といっても、小屋から露店までいろいろです。ビニャーレス渓谷ではちゃんとしたお土産屋なんてないので、何か買いたい人はこういうところで調達するしかありません。

お土産物街


お土産といってもバリエーションはあまりありません。葉巻は1つ2CUCくらいから売っています。こちらはちょっと試してみる気にはなれないお菓子。見た目は羊羹?ちょっと大きかったので、口に合いそうもないし、貴重な食料を無駄にしたくないから買いませんでした。

あやしげなお菓子


こちらのお土産はなかなかかわいいです。持って帰る間に壊しそうなので、見るだけですが・・・。CUCは米ドルとほぼ等価なので、ちょっとこのお土産は現地相場としてはお高めですね。12:10天気が急変、雨がポツポツ降ってきた中、バスにて出発です。

木彫りのお土産


次回はプレイストリアの壁画をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR