パラオ・ガラツマオの滝トレッキングツアー後半

2012/09/06 (3日目) 続き

水着にマリンブーツで滝つぼに近づきます。離れてみると穏やかに落ちるしずくのように見えましたが、まるでどしゃぶりの雨のようです。

ガラツマオの滝n滝つぼ


薄い水のカーテンをくぐって滝の裏側に来ました。裏側から見るとこんな感じです。爽やか!
マイナスイオンが見えるようです。何があるわけでもないのに、テンションあがってはしゃいでしまいます。

ガラツマオの滝の裏側から見た風景


こちらは至近距離で下からガラツマオの滝を見た感じ。嫌なことすべてが洗い流されそうです。よく見てると水量がときどき変わり、水圧も強くなったり弱くなったり。生き物のようです。

ガラツマオの滝したから見た風景


13:00 十分滝を楽しみました。いつまでもそこにいたい気分ですが、帰りの体力を取っておかなければなりません。来た道をそのまま引き返すのです。来るときほとんど下りだったから、ということは・・・?まだ滝でゆっくりしていいよって感じでしたが、もう帰ろうとガイドをせっついて出発します。

途中の川で、池のように水が溜まった小さな滝つぼというか天然プールで水遊びをします。
見た感じは露天風呂ですが、これが意外と深くまた水流が激しくて、ひとところに留まるのもままなりません。思わずキャーキャー言ってしまう小さな流れるプールという感じです。

天然の流れるプール


こちらは同じような水溜りですが、ジャンプのポイントです。右上の少し高いところから飛び込めというのです。ガイドがカメラを預けろといい、身振りでこうやって飛び込めとせかします。

小さな池にジャンプ


こんな感じです。そんなに大きな窪みじゃないので、ジャンプなんてして大丈夫?って心配になります。臆病な私は人がやったのを見てからチャレンジです。

ジャンプの瞬間


で、このジャンプした窪みはかなり深いみたいです。思いっきりジャンプしたのに、足が全くつかない深さでびっくり。そして、浮いてきたところで魚と目が合ってさらにびっくり。

ジャンプした池の中で魚と目が会う


童心に返った水遊びでテンション上がっている中、現実が待ち構えていました。これ下りてきたっけ?という階段です。正直帰り道はかなりきつい。尾根を歩くときは陽を遮るものもなく、心拍数がさらにあがりへとへとです。

地獄の階段に見える


13:45 トレイルの入り口に帰り着きます。ここでひと休憩。冷たいココナッツジュールが出されました。これ、冷えてないとおいしくないのですが、冷えていたし、かなり疲れていたので、今までになくおいしく感じました。

ココナッツジュースで一息


休憩スペースはパラオの伝統的な建築物バイを模したような屋根がついています。不気味な絵です。何か伝説などがモチーフなのかも知れません。

不気味な作品


このツアーにはホテルで借りたビーチタオルを持ってきていましたが、結果的には必要なかったかと思います。軽く顔とか拭けるハンドタオルとかあれば、着替えるわけじゃないし大きなタオルを持って歩く方が大変だったかな、と。
休憩スペースの周りにはきれいな南国のお花も咲いていて退屈しません。

パラオの花


こちらは側にあったシャコ貝の貝殻。よく見ると小さな爬虫類がいます。こうして見るとトカゲすらかわいく見えます。

シャコ貝が好きな?トカゲ


14:05 車に乗って帰路につきます。と思いきや、10分走った所で止まり、旧日本軍の大砲を見せようと案内されます。大砲といっても筒が細いですね。

旧日本軍の放置された対空砲


大砲が向いている方面の景色です。見通しが良いなだらかな山間地帯という感じです。こうして見ると美しい風景なのに、戦争時には狙う何かがあったのでしょうか・・・。当時はこの辺りに道もなかったと思うのですが。

美しい自然の山々


ちょうど年配の日本人ガイドに連れられた日本人観光客が来たので、一緒に説明を聞かせて頂くと、当時兵士は6人一組で行動していたらしく、大砲は対空砲、後ろにある洞窟に隠れていて、現地人に食べ物など運ばせ長期滞在していたらしいという事がわかりました。これがその洞窟。どうみてもただの掘った小さな穴です。

日本軍が滞在していたという小さな洞窟


15:00 ホテル到着です。ガラツマオの滝トレッキングツアーは自然満喫、体力も使うことから充実感いっぱいのツアーでした。

次回は、パラオパシフィックリゾート前のビーチとパラオならではの居酒屋メニューをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR