FC2ブログ

パラオ・ロングビーチ(オカモン島)

2012/09/05 (2日目)

11:50 ロングビーチで有名なオカモン島に到着。ここはロックアイランドのツアーの多くが、昼食や休憩に使うので、パラオに来たらほとんどの人が寄る島じゃないでしょうか。きれいな砂浜に上陸です。

ロングビーチで有名なオカモン島


ロングビーチというのは、潮が引くと向こうに見える通称おじさんアイランドとの間に砂浜の道ができるのですが、来てみてわかったこと、そう、実はロングビーチは常にビーチなわけじゃない。満月と新月の干潮のときに道ができるそうで、今はまさにその間だということ・・・で水が引ききらないのです。月の内40%くらいしか道は表れないそうです。

ビーチが洗われる確立は意外と低い


島にあがり、お弁当をもらってベンチで昼食です。このオカモン島はちょっとした設備があるのと、地理的なことから立ち寄るツアーも多いそうで、他のツアーが来ないうちに、きれいな景色を見ながらのランチタイムです。本当は、目の前に三日月のような白い道が見えるはずだったのですが・・・。

ロングビーチを見ながらランチ?


お弁当は、「アイランド焼肉」の焼肉弁当。こんな立派なお弁当が出るとは思ってなかったのでちょっとびっくり。それになかなかおいしい!

アイランド焼肉の焼肉弁当


ビーチの裏手には、テーブルと椅子が何組かあり、次々来るツアーの人たちでどんどん埋まっていきます。バーベキューの設備もあるようで、お肉やお魚を焼いているツアーもありました。島の設備といってもこの程度でもちろんお土産屋などはありません。

オカモン島の設備は簡素なもの


この島にはトイレもあります。ほとんどの島は無人島なので、トイレは基本的にありません。逆に言うとその辺全てがトイレ、ということでもあるのです・・・。一応男女の区別があります。

オカモン島のトイレ


トイレはぼっとんで、見た目は、あれ?意外ときれいじゃないと思いましたが、便器を覗いたことを後悔しました。見たこともないほど巨大なゴキブリが汚物の上を這いまわっていたのです・・・。こんな所にゆっくり座っていられません。できる限り短時間で済ますためにも水着はビキニなどのセパレートに限ります。

オカモン島のぼっとんトイレ


食後はロングビーチを歩くことにしました。いえ、ビーチじゃないですが、道になる部分はやはり浅いのです。このときは、ひざ上、腰下くらいの水位。ときどき魚も見かけるし、小さなサメもいましたが、臆病らしく近寄ると逃げてしまいました。こうして振り返ってみるとオカモン島のビーチは凄く狭いエリアなのですね。

ロングビーチから見るオカモン島


しばらくすると、ロングビーチの散策に他にも人がでてきました。おじさんアイランドまでの1/3くらいを歩いたところで戻ってきます。戦争中はこういった浅瀬を島から島へ命からがら逃げ延びた兵士も少なくなかったようです。

パラオのロングビーチ


ちなみに、おじさんアイランドとオカモン島とが完全に道で結ばれることは今はもうなくなってしまったようです。残り時間はビーチに戻りのんびりします。砂は真っ白でとてもきれいです。人の少ないところでちょっとだけ砂の採取もしました。

白い砂のビーチ


よく見ると砂上を動くものがいます。何かと思ったらヤドカリです。かなり用心深いのか、何かの気配を感じると貝にこもってしまいなかなかでてきてくれません。ペットボトルの右に緑ががかった小さい貝が見えるでしょうか。小さな小さなヤドカリさんです。

小さなヤドカリ


島は緑もいっぱいです。南国の木や花がこれでもかというほど密集して生えています。こういった緑にも心癒されます。

緑一杯の島


13:10 ロックアイランドの波に削られた島を見ながら出発です。天気がイマイチでもこの海の色なので、天気がいいときは一体どれほど美しいのか想像するだけで幸せな気分がするようです。

波に削られるロックアイランド


次回はジャーマンチャネルとパラダイスをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメントはじめまして( ´▽`)

お弁当が完全に日本ですねw

私は海外に行ったことないですが、ご当地グルメがいいなー

Re: コメントはじめまして( ´▽`)

このお弁当、日本食じゃぁないんですよ。
といっても、韓国料理店(日本人経営ではない)のものですが。

日本統治時代に日本の言葉とか、文化とかがパラオに根付いてまして
お弁当のことは、現地でも「ベントー」というのです♪

No title

昔、「遠い海から来たクー」という小説がアニメになってましたが、
その時の少年が住んでいた所ってこんな場所なんだろうなって思ってしまった☆
一年くらい住んでみたい(笑)

Re: No title

残念ながらそのアニメは知らないのですが、私は浦島太郎を
思い出しました。
一年と思っていたら30年くらいになっちゃうかもしれません(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR