エジプト・サッカラ~カイロ

2012/08/12 (14日目) 続き

サッカラの階段ピラミッドの南西の端から西を眺めます。ここから先は死の世界、砂漠です。
この景色はピラミッドが建った4600年以上前から変わっていないでしょう。

サッカラの階段ピラミッドから西方砂漠を望む


南西の端には、ラクダで記念撮影を売り物にしているおじさんが陣どっていて、あれこれ教えようとしますが、適当にあしらいます。ですが、南の眼下に広がる方面を指して「きれいな壁画のある墓がある、案内しよう」としつこい。

そこは、ウナス王のピラミッドの参道付近で、建物らしきものがいくつかあり、まぁ墓があってもおかしくはないけど、私の知識の中ではその辺りに壁画のきれいな立ち入り可能な墓はない。第一、駐車場に5分で戻らなければならない時間だったので、時間がないからと断りましたが、3分でOKだから、と相当しつこかった。

ジョセル王階段ピラミッド南のウナス王のピラミッドの参道付近


ふと気付くと、見渡す限り同じグループの人を含め一人も観光客がいない。このシーズン、観光客は少ないので、おじさんもカモを逃したくないのだろう。でも、この手の誘いは注意が必要。親切で教えてくれている場合もあるけど、その場合でもチップは要求されます。その中で、本来は立ち入り禁止の場所に入れてやるという警備員までいる始末です。

一番怖いのは、実は大して見るべきものはなく、そこから出るために高額の金を要求されるという犯罪めいたことに巻き込まれること。人のいないシーズン、暗い穴などに女性だけで引き込まれたら危険、声を上げたところで誰にも聞こえない・・・。好奇心をくすぐられても、身の安全と遺跡の保全には万全の注意が必要です。

さて、急いで戻りながら、最後に南の墓を見学です。ピラミッドの地下28mにある玄室が墓ならこちらの竪穴は何ということになりますが、この深い穴の下には、ピラミッドの地下と類似する点も多く小さな玄室もあるのだそうです。遺体の一部や彫像などを埋葬したのかも知れません。

南の墓


南の墓に隣接する礼拝堂と思われる建物には、コブラの装飾がついています。何しろ最も古いピラミッドコンプレックスなので謎ばかりです。ネチェリケト王の宰相だったイムホテプの設計だと言われるピラミッドですが、多才な彼は後世の人に神格化され、ギリシャ人には医学の神アスクレピオスと同一視されたとも言われます。10日前にベルガマで見たアスクレピオン遺跡のことを思い出します。

コブラの飾りのついた南の墓の礼拝堂


14:55サッカラを出立しカイロへ戻ります。15:40 香水のお店にショッピングに寄ります。
香水と香水瓶のお店ですが、最初にカルトゥーシュペンダントの説明がありました。今は金が高くなったので、ペンダントは不人気です。いえ、皆トルコで大量にお土産を仕入れてあるし、旅の最後の疲れで買い物欲ももはや残っていないようです。

香水のお店のかわいい香水ビンたち


16:50 今度はパピルスのお店にやってきました。まずは店員さんが流暢な日本語でパピルスの作り方をデモンストレーションしてくれます。

パピルスの造り方


皮をむいて、中身を薄くスライスしたら棒で平らに伸ばします。この後、水でしならせたものを丁寧に縦横に並べて、圧縮してできあがり。古代エジプトにおいては高価なものだったので、通常は手紙なども粘土板を使用してました。最古の紙、ペーパーはパピルスが語源と言われています。

パピルスの作り方


有名な壁画などを描いた本物は大きさにより数千円から数万円はします。観光地で何十枚千円で売られているのはバナナの皮を使った偽もので、後でパキっと割れてしまいます。値引き交渉が面倒ですが、複数買う場合などは粘り強くするとびっくりするほど安く買えますよ。

18:00 DNR@RST
ピラミッドの見えるレストランで最後の夕食です。小さなパスタの入ったチキンベースのスープ、ショルバト・リサン・アスフール。スープ類は割と日本人の口にも合います。ステラビールは7ドル。

ショルバト・リサン・アスフール


メインはイカと魚のフライ。油っぽいものは食べ続けるとお腹にきますが、もう最後なので、しっかり頂きます。エジプト以外もそうですが、中東ではお肉料理が多く、香辛料が独特なので、シンプルな魚介料理は嬉しいです。

イカと魚のフライ


19:00空港へ向けて出発です。今回はエジプトはちょっと寄りました、といった感じの滞在だったので、かなり物足りない感じでした。ピラミッドに再訪を誓います。

ピラミッドの見えるレストラン


19:50 カイロ空港に到着、チェックイン後は、終盤体調を崩された車椅子のKさんを連れてエジプト航空のラウンジで一休みです。シャワーを浴びたいところですが、残念ながら設備はありません。Kさんはかなり衰弱していて、とにかく無事に日本に連れ帰ってあげたいと心配です。普段自分の親にはなかなか親切にはできないので、こういう時に少しでも人の支えになれれば、と思いました。

22:50 成田行きMS-0964にて帰国です。

2012/08/13 (15日目)

17:15 成田着
長期間では人との関係が心配でしたが、今回のグループは最後まで和気藹々でした。私にしてはめずらしく仲良くなった皆さんと連絡先交換をしてお別れしました。

今回の旅は15日間と長く、かなり疲れたけど、最後まで楽しく旅行できました。夏のトルコエジプトはやはり暑かったけれど、思ったほどではなく、体調不良も想定内で済んでほっとしました。長い旅行にもちょっと自信が持てました。

これで15日間のエジプトトルコの旅レポートは終わりです。旅同様ブログも長くなり、結構疲れました(笑)。最後まで付き合い下さりありがとうございました!感謝です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おかえりなさい。

エジプト、トルコの旅レポート十分楽しませていただきました。
ありがとうございます。

香水のお店の写真懐かしかったです。ン十年前にエジプトで購入した
香水瓶いまでも大事に飾ってあります。

Re: おかえりなさい。

旅が長かったせいか、ダラダラした感じのブログになってしまいました~。
私も香水瓶、以前に買ったはずなんですが、さて、どこにいってしまったやら。
もう、物の整理ができないから、一切記念品は買わなくなりましたが、代わりに
ブログが旅の思い出になるかな(笑)

参考になりました

一通り拝見しました。
これから出発なので、大変参考になりました。
ありがとうございます。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR