トルコ・サフランボル②

2012/08/08 (10日目) 続き

内部を公開している民家のひとつ、カイマカムラル・エヴィにやってきました。入場料は3TL。2階、3階部分が少し張り出しているのが、サブランボルの古民家の特徴のひとつです。

カイマカムラル・エヴィ


1階は土間です。玄関横の広い土間には外で使う民具などが展示されています。

カイマカムラル・エヴィの土間


靴にビニールカバーをつけて、2階へあがります。中央にある広間の周辺にいくつかの部屋があり、部屋は男女別に分かれています。こちらは男性の部屋。窓に沿って作りつけのソファーがあるのがトルコの古い家の特徴です。

カイマカムラル・エヴィの内部、男性の部屋


女性の作業部屋です。他に火を使うようなキッチンは別にありました。人形がおいてあるので、昔の暮らしぶりなどがとてもわかりやすいです。なんというか、子供の頃に遊びに行ったおばあちゃんの家という感じの家なんじゃないでしょうか。

カイマカムラル・エヴィの内部の部屋


こちらは廻る扉、ダンメダロップ。広間とハレムの間にあって、両側に扉がついていて、中の台が廻る仕掛けです。家族以外の男性に女性が顔を見せずに料理などをサーブするための独特の家具です。日本語の説明はありませんが、英語の説明書がついています。

見た目クローゼットの廻る扉ダンメダロップ


3階も広間を中心にいくつかの部屋が取り囲んでいます。昔はひとつの大きな屋敷に親戚が何家族か同居していたそうです。なので、戸棚の中になんとお風呂があるんです!
こういった特徴的な古民家の見学はなかなか楽しいですね。

部屋の戸棚の中にある浴槽


古民家の見学の後は、アラスタバザールのあたりで皆と別れ、一人町の散策へと人がいない方向へと消えていきます。アラスタバザールはぶどう棚の下にお土産屋が並び、観光客を吸い寄せるかのような道になっています。

ぶどう棚がきれいなアラスタバザール


私は一人であてもなく町並みを楽しみます。結構廃墟のような家もあり、観光地化されているといっても静かな町の雰囲気はくずしていません。軒先に吊り下げられたお手製の子供服なんかも温かみのある商品で数百円の値段です。

崩れそうなよりかかった民家


斜めの道をどんどんあがって行きます。町角のところどころに泉のようなものもあります。坂は結構きついです。

坂の町サフランボルの泉


道は古い石畳。決して歩きやすい道ではありません。ヒールのある靴などでは町歩きは難しいですね。周囲の景色を楽しみながらも足元の注意も怠れません。

古い石畳の道


道は曲がっているところが多く、どこへ繋がっているのか先が見通せません。小さい町だし、そのうち広い通りに出るだろうと、感に任せてどんどん先に進みますが、観光客はおろか人の気配がほとんどしません。

ひっそりとした迷路のような町並み


知らない間に高台に出ました。なんだか、小山の裏にいるようで、歩いた距離からしてどう考えてみても町の中心から遠ざかっています。地図を見てもどこにいるかわかりませんが、城跡の裏あたりに来てしまったようです。

高台から見るサフランボルの町


残り時間があまりないので、とにかく確実に戻ることにしました。民家の窓から顔出してたおばちゃんに「チャルシュ」と言って道を聞きます。何人かに同様に道を聞いて指差して教えてもらいながら途中走ってなんとかギリギリ、無事チャルシュ広場に戻ることができました。

ハマムのあるチャルシュ広場


町の人たちは皆親切で、きれいな古い町並みもとても気に入りました。フリータイムは1時間ほどでしたが、もう2時間くらいあったらなぁと思う町でした。片道4時間近くかけてくるだけの価値があります。今度トルコに来る時があればまた寄りたい町です。

サフランボルの美しい町並み


14:30 サフランボルを出てアンカラへ戻ります。この日、おいしいシーフードを食べに行こうと誘って頂きましたが、お腹痛いので泣く泣くお断りし、ツアーのホテルでのビュッフェもパスしました。トルコでも有数のシーフードのお店トリルイェはとてもおいしくオーナーにも熱烈歓迎されたそうです・・・(予算一人5千円ほど)。

次回はイスタンブールをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

aya1103さん、こんばんは。
いつもすばらしいレポートをありがとうございます。
まるで一緒に旅させていただいている気分です。
ここサフランボルも素敵なところですね。 訪れてみたいです。
お腹の具合はいかがですか?
一日も早く快復されますように・・・ お大事になさってくださいね。

Re: No title

こんばんは!
サフランボルはほっとする町でした。10日以上のツアーで入っているものを選ばないと
後は個人旅行ですかね。それほど観光客も多くはないので、オススメの町です♪

お腹は、急にトイレに駆け込むとかそういうせっぱつまったものじゃなかったので
長時間移動も大丈夫だったのですが、とにかく物理的にお腹が痛かったんですよね~
でも心配していたじんましんがでなかったので良かったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます♪
ぶどう棚のことですよね?トルコの気候は日本に似ているように思いますし
可能なのではと思いますよ!サフランボルは木のぬくもりのあるような町
なので、ぶどう棚がよく似合っていました!ちょっとした日よけにもなりますよね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR