トルコ・キャラバンサライを通りカッパドキアへ

2012/08/05 (7日目)

8:00 コンヤのホテルを出て、カッパドキアへ向かいます。
9:15 途中のスルタンハンのキャラバンサライに立ち寄ります。かつての隊商宿ですが、その重厚感はあたかもお城のようです。

スルタンハンのキャラバンサライ


正面入り口の彫刻は繊細で見事、まぶしいくらいです。ここは下車観光のみでしたが、20分ほどのフリータイムがもらえたので、せっかくなので入り口で3TL(150円弱)払って入場してみることにしました。

キャラバンサライの入り口の門の彫刻


中は中庭を囲むようにして頑強に造られた建物が取り囲み、中庭の中央に礼拝堂があります。礼拝堂は外側の階段を上ると、中にミフラーブがあります。周囲の回廊状の建物はかつてはいろんな用途で使われた部屋などがあったようですが、頑強な建物があるのみで中は薄暗いがらんどうになっています。

キャラバンサライの中心にある礼拝堂


キャラバンサライを出て、1時間以上走ると、カッパドキアエリアに入ります。早速、洞窟を利用した家々が見えてきました。写真は今も人が住んでいる町です。これらの家は、外見は洞窟でも中は普通の設備があるそうです。

カッパドキアの町


11:00 カッパドキアで最初に訪れたのはトルコ絨毯の店「GOLDEN YARN CARPET」です。トルコのツアーではどこかしらで必ず一度トルコ絨毯の店によります。まずは製作の見学です。女性達がせっせと細かい柄を編みこんでいます。

トルコ絨毯を織る女性達


こちらは蚕の繭玉からシルクの糸を取り出す過程を説明するコーナー。丈夫で美しく貴重なものだという事が説明されます。

絹糸を取り出す


そして広い部屋に案内され、飲み物つきで様々な絨毯の紹介が始まります。シルクかウールか、目の細かさや柄などで値段が決まります。価格は交渉。柄が気に入ったら、裏返して品質などをチェック、元値の3割引くらいが落としどころになります。小さめのものでも、シルクなら30万円くらいから、ウールでも数万円くらいからのお値段です。高い買い物なので、あせらず流されず決めることが肝心です。(私は買ったことないけどお手伝いは得意です。)

美しい絨毯の披露と即売会


13:00 泊まるホテルダブルツリーバイヒルトンのすぐ近くの洞窟レストラン「BORA」にてLunchです。カッパドキアにツアーで来るとこういった洞窟レストランで昼食をとるのが定番です。夜はベリーダンスショーなどをやっているので、中央の空間はステージとしても使われ、周りに掘られた穴が客席です。

洞窟レストランBORAの内部


メインはこの地方の名物テスティ・ケバブ、素焼きの壷で蒸し焼きにしたトマト風味のシチューのようなもの。添えられたサーデ・ピラウはほんのりバター風味、松の実がはいったピラフでテスティ・ケバブと絡めて食べるととても美味です。

壷を割って出されるテスティ・ケバブ


カッパドキアは赤ワインが有名なので、試してみるのがオススメです。気に入ったら、カッパドキアの奇岩のボトルをお土産に買って帰るのはどうでしょうか。サイズも大中小、こういった洞窟レストランで買うことができます。いくつか買う人は交渉も忘れずに。

カッパドキアの奇岩ワイン


こちらは洞窟レストランBORAの外から見た写真です。中が洞窟になっているとは外からじゃわかりませんね。ここは外にお土産屋も併設されています。

洞窟レストランBORAの外観


レストランからみた眺めです。黄色っぽい建物がダブルツリーバイヒルトン。アヴァノスという町の中心から外れた地域なので、田舎、な風景です。いよいよカッパドキアの観光がこれから始まります。

洞窟レストランBORAからの眺め


次回はカッパドキア観光をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは

また懐かしい場所です
洞窟レストラン「BORA」いきました
食事内容は違いますが・・・
あの奇岩のボトル大を購入しましたが 家に帰ってみたらフタが割れてました  中身は大丈夫でしたが・・・
今でも飾りとして置いてありますよ

トルコ絨毯 高かったです 買いたくても買えませんでした

No title

今のコメント すみません

下のコメントに名前記入するの忘れてました

私です  失礼いたしました

Re: No title

このレストランもツアーでよく利用されるレストランなので
お馴染みの場所だったりしますね(笑)

私も一番最初にトルコにいったときに、小さいボトルを買って
帰って、中身は飲まずに未だ飾ってあります。今見ると、昔の
やつの方ができがいいボトルのようです。細工が丁寧で白い!

絨毯はいいなと思うのは数十万はしますからね~
うちは全部フローリングなので、テーブルの下にキリムを
ひいています♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR