エジプト・カイロ

先日一人参加した、15日間のエジプト・トルコ大周遊モニターツアー(阪急交通社)の旅レポートスタートです♪

2012/07/30 (1日目)

19:20 成田集合。15日間と長い上、真夏の中東行きということで何かと荷物が多くなり、24.7kgもありましたが、チェックインでは何も言われずにすみました。23kgが規定なので、破損があったときなど保証されない恐れがあるからちゃんと守った方がいいんですけどね。

19:30 再集合。一人参加や学生さんも多く多彩な面々。夏休みとあって平均年齢はかなり低め。27PAXとちょうどいいくらいの人数です。

21:20 エジプト航空MS-0965にてカイロへ。搭乗レポートはこちら


2012/07/31 (2日目)

3:30 少し早めにカイロに到着。といっても飛行機で13時間!直行とはいえ遠いです。早朝なので、両替できるところが限られ、入国前に両替を案内されます。私はトイレチップ程度の小銭を持っていたし、米ドルがかなり通用することを知っていたので敢えて両替はしませんでした。

空港での日本円からの両替は、1万円札か5千円札のみということがあるので何人かでまとめてするのも良いでしょう。ちなみに両替レートは、1万円が765ポンド、つまり1ポンド13円。日本でも両替できるところがありますが、かなりレートが悪いので、現地で両替するのがおすすめです。

5:30 日本語ガイド、アシスタント、ツーリストポリスが同乗して、空港を出発です。エジプトの車道は高速と言えど人が横断したり、車線や信号機がほとんどなく、事故も多いのでシートベルトはしっかり締めた方が身のためです。一般のバスは今にも壊れそうなオンボロバスが多いですが、日本のツアーにはちゃんとした観光バスが使われます。バス車内では水のボトルも買えます(3本2ドル)。

エジプト道路事情


6:10 ツアーの最後に泊まるカタラクトピラミッドリゾートにて朝食です。機内食も多少食べたし、食欲ないのでコーヒーのみにしました。まだ皆様子見でほとんどしゃべらず、各自が黙々と食事です。

カタラクトリゾートピラミッド


7:30 ホテルを出発してカイロの観光へ向かいます。このカタラクトリゾートピラミッドというホテルは見事なまでに周囲に何もなく散歩する理由もみつけられない長閑な田舎という感じの場所でした。ロバがひく荷車が行きかう中、きれいな観光バスが通り過ぎる方がむしろ場違いな感じです。

のどかなギザの町


ナイル川を渡ります。エジプト情勢を配慮して、今回はホテルはカイロには取らずにギザに泊まることもあって、ナイル川もそんなに見る機会がありません。

ナイル川


ムカッタムの丘の石切り場が見えてきました。最終日に行くクフ王のピラミッドに使われた化粧石はここから切り出し運ばれたという話を聞いたことがあります。

石切り場


7:55 シタデルにあるモハアメッドアリモスクに到着。といっても、駐車場からの写真のみで入場はしません。3年前に入っているので私はいいですが、せっかく来たので少しくらい時間とってもいいのに、とは思います。駐車場には物売りが多いので注意が必要です。10分ほどの滞在でした。

モハメッドアリモスク


下町を通って、バスは移動します。商店街と思われるところも、すべての商店がシャッターを落としています。治安が悪いんじゃなくて、ラマダンだから、です。敬虔なイスラム教徒が多い国ですから、日が落ちてから飲食店などは営業するわけです。

ラマダンのため下町はシャッター街のよう


本日のメイン、エジプト考古学博物館が見えてきました。この手前が、デモが行われていたタフリール広場です。革命じみた大規模なデモが行われていた気配はみじんも感じません。普段は平常を取り戻しているようです。

タフリール広場とエジプト考古学博物館


エジプト考古学博物館は9時開館ですが、8:30から中庭に入れるので、列に並んでセキュリティチェックを受けて入ります。観光シーズンではないし、動乱の後ですからそんなに観光客もいないだろうと思っていたら、開館前から観光客で中庭は埋め尽くされていました。

考古学博物館


考古学博物館は写真撮影禁止ですが、カメラの持込自体も厳しくチェックされています。中庭は撮影OKなので、開館時間まで中庭を見学です。石の遺物が展示されているというかあちこちに置かれています。

屋外にも遺物が置かれている


坐像や柱、オベリスクの一部などが中庭のあちこちに展示されています。普段なら素通りですが、時間があるので、一通り見ることができました。石だから外に置きっぱなしでも問題ないんでしょうね。

中庭に置かれる展示品


9:00 開館とともに博物館のイヤホンガイドを持って入場します。2度目のセキュリティチェックがあります(ちなみに出るときもカバンの中をチェックされます)。カメラはアシスタントがまとめて預かってくれます。ガイドがハイライトを1時間半で案内し、その後はフリータイムです。

アマルナ芸術や棺などを中心に一人でゆっくり見て周りましたが、この博物館は冷房がなく、屋内なのにものすごく蒸し暑いので、後半はツタンカーメンのマスクなどがある部屋を含め、3つの特別室をゆっくり見ました。2階の3つの特別室だけは冷房が効いているのです。

2時間半ほどの滞在でエジプト考古学博物館を後にします。初めての人はミイラ室にも行ってみたいでしょうし、明らかに時間が足りないでしょう。この博物館はそんなに広くないですが、あまりにも貴重で見るべきものがゴロゴロしてますからね。

バスは朝ついたばかりのカイロ国際空港へ向かいます。そう、夕方の便でもうトルコへ移動するのです。車窓から見るカイロの街並みは以前と変わっていないように見えました。気温は40℃はないものの、湿度が結構あって、東京と変わらない感じでした。

カイロの街の様子


お昼ごはんはお弁当、なんとバスの中でエジプトのB級グルメ「コシャリ」です。パスタと御飯、レンズ豆にトマトソースをかけたもの。ソラマメのコロッケ、ターメイヤがのっているだけ少し豪華?ではありますが、通常50円くらいのものです。ツアーで出る食事としては最安値かもしれません。くせのない味ですが、水なしには食べられないボソボソした感じです。

コシャリ


14:20 MS-0735にてイスタンブールへ向かいます。初日から慌しいです。

次回はトルコのエディルネをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは

ホント15日は長いですね 疲れがでませんでしたか?

この日の昼食は 寂しいですね

これでは 朝ホテルのバッフェ いっぱい食べておけば良かった?!

考古学博物館ですが 2009年行った時にガイドさんが

展示物が多くなりすぎて もっと広い博物館を建築中と聞いたのですが・・・今度エジプトに来られるときは きれいになっているかも
って言ってましたが  まだ今までと同じですよね

博物館のわりには エアコンついてないのですか?大変ですね
ただ もっと時間ほしいといつも思います

レプリカのロゼッタストーン 探すのに苦労したのを覚えています

トルコ 楽しみにしています  思い出すなあ~

Re: No title

こんにちは!

疲れより時差ぼけがひどいです(笑)

考古学博物館は新しいのができると私も2009年に聞きましたが
同じことを今回も言ってました。日本が出資しているんですよね。
たぶんあと3年はかかりそうです。

新しいのができたときには、丸1日博物館見学に遣いたいです!

No title

お帰りなさい♪

考古学博物館、とっても魅力的ですね!
小さい頃に行ったツタンカーメン展の強烈な(特にミイラ)思い出が蘇ってきました☆
もう一度、しっかり見ておきたいなぁe-267

ソラ豆のコロッケ、とっても美味しそうに見えます~e-266

また続きを楽しみにしていますね♪

Re: No title

ただいま♪

今東京でもツタンカーメン展をちょうどやっていますが
小さめで似たようなものがある遺物が展示されているようですね。
向こうで、別で展示中なんて書いてあって写真が残っていましたが
全体に比べると些細な量でした。

彼のミイラは唯一ルクソール西岸の王家の谷の自分の墓で今も
眠っていますので、ミイラと棺のひとつだけは私も見ることが
できませんでしたが。ミイラに一緒に包まれていた護符やら
アクセサリーは本当に見事でした。

旅も長かったのでレポートも長くなりそうですが、がんばりますので
最後まで見てくださいね~

No title

こんにちは♪
考古学博物館、写真撮影禁止になっちゃたんですね。
私が行った時は、カメラ持ち込み代金を払わされました。
エジプトもトルコも、もう一度行きたい国なのですが
なかなか再訪はかなわないので、こちらで楽しませて頂きます^^

No title

梶の実家の近くには古墳があって、近くの小さな山の中をいろりろ探索すると、縄文土器のかけらをよく見かけます。
歴史的価値ってなんでしょうね(笑)

Re: No title

ピー助さん、こんにちは!

考古学博物館は3年前に行ったときも既に写真撮影禁止でしたが
それでもこっそり持ち込んだカメラで撮影している人を見かけました。
今では更に厳しくなって、そういったマナー違反する人もいなくなった
ようです。
古代エジプトマニアの私としては、何日か滞在したい博物館ですが
あの蒸し暑い状態だとそんな気もそがれました。
新しい博物館は確か今年できる予定だったと前回聞きましたが
まだまだ先になりそうです。

Re: No title

梶さん

縄文式土器はシンプルすぎて、歴史や文化の変化などが伝わりにくい
のでしょうね。古代エジプトの繁栄していたピラミッドが作られた時代や
ツタンカーメンが生きていた時代は、日本で言えば縄文時代。
そんな頃、今見て遜色ない芸術品がたくさんあり、歴史を語る資料が
たくさんある古代エジプトという文明には本当にあっとうされます。
私も考古学者になりたかったなぁと思ってしまったりします♪

No title

>私も考古学者になりたかったなぁと思ってしまったりします♪

梶も憧れるけど、歴史年表さえままならないもので(笑)
歴史は好きです☆

Re: No title

私は特に古代エジプトが大好きなので、遺跡発掘とかしてみたい
ですねぇ。たぶん、1日で根を上げるのは確実で、だから憧れる
だけです(笑)

《旅友の旧友より♪》

ご無沙汰です。(^-^) 
先日、旅友さんと飲みました。

エジプトへは、1996年に行きました。
現地人がやたらと親日的で、街中を歩いていても頻繁に声をかけられるわ、写真を撮られるわで、有名人になった気分でした(笑)
また、日本では痩せた人がモテるけど、中東の人は太った人が好みのようでしたね。

毎日暑いですけど、夏バテしないように。更新楽しみにしています。

Re: 《旅友の旧友より♪》

こんにちは!

そうですね、エジプトでも日本人は大人気ですね。
もちろん善意で声かけてくる人もいますが、実際はほとんどが
軽く見て声かけているんですけどね。
日本人ははっきりNoと言えない人が多いから、だましたり
押し売りしたり、体目当てだったり、、、せめて小銭かボールペン
くらいくれるだろうって。
旅なれた人でも見分けるのは難しいから、知らない人には
気を許しちゃいけない、ってのは忘れずに心がけないとね。

ちなみに私ぽっちゃり系なもので、いい歳して結構もてますよ♪
(勘違いしちゃいけないって言ったばかりなのに・・・)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR