中国・杭州①

2012/07/01 (4日目) 続き

紹興でランチを済ませ、バスに乗ること1時間40分、杭州に戻ってきました。
15:00 銭塘江のほとりに立つ六和塔に到着です。15年くらい前に出張で杭州に来た時、休みの日に来たことがありますが、周辺の車の多さからして当時とはかなり違います。そういえばどの街でも自転車が激減しているのにはびっくりです。

六和塔のふもと


今回は六和塔には上りません。最上階からの景色は今でも少し覚えています。でも、河の向こうの景色もすっかり変わっていました。高層ビルやマンションが立ち並んでいます。この大河は旧暦の8月18日に銭塘潮と言われる河の逆流現象が有名ですが、昔は被害も大きく鎮めるためにこの六和塔が建てられたと言う話もあるそうです。

銭塘江


六和塔は月輪山の上にそびえる八角形の塔で、高さが約60mあります。今回のツアーではふもとから見上げるだけでしたが、上るにはそれなりの体力が必要だったと記憶しています。

六和塔


15:35 六和塔から15分ほどで龍井(ろんじん)村の茶葉博物館にやってきました。
梅雨時に毎日晴天が続き、緑が空の青に映えて写真にはいいですが、体的にはしんどいです。

龍井村


あたり一面は茶畑です。龍井茶といえば、高級な緑茶として有名です。昔から皇帝などに献上されてきた歴史あるお茶の名産地がこの小さな龍井村なのです。お茶は春、夏、秋の3回収穫されるそうです。

一面の茶畑


中国茶葉博物館に入場です。冷房が効いていてキレイで快適な博物館で、日本語でガイドが案内してくれます。お茶の歴史や、茶道具などが順路にそって展示されています。

中国茶葉博物館


チベット、雲南省、他の茶室の再現などもあります。写真はチベットの茶室というか、居間です。たくさんの展示があるので、ガイドがかいつまんで説明し、じっくり見ている暇はありませんでした。

チベットの茶室


展示を見終わると、お茶の試飲です。これまた日本語でお茶の説明をしてくれます。龍井茶、花茶(ジャスミン、きんもくせい)、一葉茶、青烏龍茶(人参)の4種類を試飲しました。

お茶の試飲


最後はとなりの販売コーナーでショッピングタイムです。結構品質のいいものをおいてあるので、お値段は高めです。コレステロールや腎臓肝臓にもいいというので、一葉茶を買いました。1箱に75gが、2箱入りで220元(3000円)と結構いいお値段。水出しもOKというので早速ペットボトルに入れてみたら、色はほとんど付かないのに飲んでみたら劇苦で、うすめながら後半の旅行中になんとか飲みおえました。

この茶葉博物館は実はとても広い敷地を持っています。地図を見てちょっとびっくり。やはりお茶の利益がすごくいいんでしょう。きれいな庭を横切って駐車場へ戻ります。

茶葉博物館の敷地は広い


16:50 西湖湖畔にやってきました。予定にないですが、夕食までの時間稼ぎで25分ほどの自由散策となりました。長橋公園という場所です。小さな橋の道が西湖にかかっているので、これを渡ります。西湖の風情を表すいい風景で、詩人とかマルコポーロが絶賛するのもわかる壮麗さがあります。

西湖のほとり


日差しがあまりに強いので、ちょっとした木陰で休憩です。晴女は誰かに売り渡したいと強く思うようになってきました。遠くに見えるのは、雷峰塔といって10年前に新しく建てられたものです。何度も焼失したり、レンガを盗まれて倒壊したりと不運の多い塔ですが、西湖十景に数えられる景観です。

雷峰塔と西湖


長橋公園のあたりは、西湖十景の雷峰夕照を撮影するプロのカメラマンなどが三脚を構える時間になっていました。夕日に備えて場所取りをしているようです。そんな公園の足元に目をくれると、かわいい石の彫刻がいくつか見られました。時間に余裕があれば、360度いろんなところに目がいきますが、忙しいツアーだといろんな物を見落としがちだなと思いました。

長端公園の敷石の彫刻


湖のまわりにはベンチもいくつかあるので、集合時間まで景色を眺めます。どうやら夕景までは粘れそうにないですが、十分にキレイな景色です。

西湖十景の雷峰夕照


近くのレストランで夕食の後、街中からバスで40分離れたホテルに戻ります。
西湖の夜ショーというOPがありましたが、参加する人は少なかったです。今回のツアーでは、現地ガイドがかなりしつこくOPの販売をし「2つか3つか協力して下さい」と再三回ってきます。協力という言葉がわかった上で使っているので断るのも結構大変です。お陰で、きれいな景色を見れたなぁというような満足感がどこかへ吹き飛んでしまいそうです。

次回は杭州の後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ、西湖は行きました。

私が行ったのは大学1年生の時で(もうはるか昔w)。
中国語のまるで分らない大学の友人3人と、ツアーじゃなく、単独で鑑真号に乗り込んでいきました。^^;

西湖も、きれいだったのですが、船の船頭さんに、日本人だということで、とても高い料金を請求されて、苦い思いをしたことが記憶に残っていますね^^;

宿も取るのに必死、4人とも高熱を出したりパスポートを取られそうになったり、ハプニングな旅でした。
3週間、言葉も通じぬまま杭州、北京、上海をほとんど無計画なサバイバル旅行をしましたが、今ではいい思い出です。(もう、できませんね^^;)

Re: No title

3週間の中国旅行なんてすごいですね!
ハプニングが起きるのも分かる気がします。

私は仕事で1週間から1ヶ月とか滞在していましたが
一人が多かったので、何度も気が狂いそうになりました。
中国語はできないし、英語も全然通じないし。
なぜか日本人に見られることがなく、何度も道聞かれたりしましたけど
当時は中国人と日本人なんて見た目で一発で区別できたのに、今では
見た目だけじゃ全然わからなくなってきましたね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR