中国・蘇州②

2012/06/29 (2日目) 続き

15:20 獅子林からバスで15分、寒山寺にやってきました。約15年前に来たことがあるはずなのですが、何も覚えていませんん。観光客はあまりの強い日差しに傘をさしています。気温は35℃くらいと思いますが、湿度もあり、少し歩くだけでどっと疲れがでます。

寒山寺の参道


蘇州といえばやはり水郷の街として有名ですが、このツアーではほとんど運河沿いには行きません。後で考えると運河沿いはイヤというほど見たので、まぁいいかという気はしますが。寒山寺前の運河が唯一目にした蘇州らしい雰囲気かもしれません。

寒山寺前の運河


さて、寒山寺の入り口は結構奥の方にあります。ここも有名な観光地ですので、こういったスポットの前では次から次と観光客が記念写真を撮ります。

寒山寺の入り口


入り口の門にたつ4対の像はなんでしょうか。実は今回のガイドはあまり説明をしてくれません。また、たった14人の皆が来るのをまって話をしてくれたりといった気遣いがないので、後でガイドブックを見るとかしないと何だかわからないし、時々、今どこにいるのかもわからない時があります。

四天王?


境内はこんな感じです。日本とは少し違いますね。蝋燭は真っ赤で、かなり大きいものが多かったです。

寒山寺の境内


この寒山寺は、天藍年間(502年~519年)に建立された禅宗の古刹です。唐代に、寒山という僧が住んだことからこう呼ばれるようになったそうです。清代に戦火で焼失した後、再建されたものが現在の建物だそうです。灯篭のようなものに縛り付けられている赤い布は願い事を書いてくくりつけたもののようでした。

寒山寺本殿


屋根の上に西遊記の像を見つけました。中国史をあまり知らない私もこれくらいは知っています。屋根が大きいので、この像もかなり大きなものです。

屋根の上の西遊記の像


この寺は日本人にも有名ですが、それは、漢詩「楓橋夜泊」の舞台となったからだそうです。
何代目かのその詩を刻んだ石碑が建っています。

楓橋夜泊の石碑


弘法堂とかいくつかの建物を回りました。大きな僧の像などにはあまり興味がなく、扉の細かな彫刻などに目が行きます。さりげないところも手が込んでいます。

扉の彫刻


楓橋夜泊に詠われたものとして有名な鐘はこの鐘楼の中にあります。鐘を1回つくと10歳若返るとか、長生きするとか言われています。大晦日には除夜の鐘をつく人で毎年大行列ができ、日本人も結構訪れるそうです。鐘は別料金で、3回つけるそうですが、そのための時間はなさそうでした。

楓橋夜泊に詠われた鐘


16:30 寒山寺からバスで15分、蘇州刺繍研究所に来ました。このツアーではショッピングがいくつか組み込まれていますが、そのひとつでもあります。唐代以降、蘇州はシルク産業により発展した街です。両面刺繍の技術者育成をする研究所兼博物館です。

蘇州刺繍研究所


実演も見学できます。すごく細い糸を使ったものや、両面違う柄など高価な作品を見学して後は買い物です。高いものは数十万円から数百万円、安いお土産は数千円くらいからありますが、これは実用性はほとんどない飾り物ですので、私にはまったく興味がありませでした。

ベテランの職人さん


17:05 5分ほどバスにのり、すぐ近くの虎丘斜塔を見に来ました。ここは入場観光ではありません。近くの道は雑然としていて中国らしさがあります。

虎丘のふもとの風景


虎丘は、小高い丘の上にある紀元前の春秋時代末の呉王の王墓があるところです。丘が虎の形ににているとか、埋葬の後白虎が現れたという伝説から虎丘というようです。財宝を求めて王墓などを掘ったことなどによって地盤沈下が進み、傾いたらしい。20年ほど前から登るのは禁止で、コンクリートなどで固めて保護しているみたいです。敷地内は広大で、いろんな見所があるようですが、ツアーでは斜塔を遠くに眺めてバスにもどります。

虎丘の斜塔


19:40 食事をしてからホテルに戻りました。一緒に行った旅ともさんはオプションで足壷マッサージに行きましたが私は一人ホテルに帰って来ました。実はチェックインの時もスムーズに部屋の鍵が開かずにひと悶着あったのですが、この日もまたです。何度もフロントを往復し、20分ほど部屋に入れませんでした。

一日暑かったし、観光箇所がそんなに離れていなかったので、バスでの移動中に疲れがとれず、ぐったりです。蒸し暑さも先日行ったホーチミンよりきついです。この季節に来るんじゃなかったと若干反省です。

次回は無錫をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、はじめまして。

すごいですね、色々な所に行って!
私も来年台湾に行こうと思ってますので
参考にさせていだだきます。

Re: タイトルなし

はじめまして!コメントがありがとうございます♪

台湾ですか!いいですね。台湾は、中国本土とはまた違って
かなり日本に近いので、快適に旅行できると思いますよ。
そういう私は、99年、台湾旅行中に大地震にあって怖い思いをし
帰国してTVインタビューに応じた忘れられない思い出があります(笑)

旅先で災害にあうのはこわいですね。

これからじっくり台湾旅行を調べてみたいと思います。

Re: タイトルなし

災害にはいつどこであうかわからないから避けようもないですけどね。
なんだか私も台湾に行きたくなってきました。台北にしかいったことが
ないので、一度一週するツアーにでも行ってみようかな(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR