FC2ブログ

ベトナム航空・エコノミークラス

今回はベトナム航空の搭乗レポートです。(2012年5月搭乗)
3年連続で乗っていますが、飛行機の搭乗レポートは口コミの検索が多いので、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について最新情報をレポートします。

ベトナム航空と言えば、この鮮やかなブルーの機体。このA330-200の機材は今回帰国便で乗ったものですが、日本発着便に使われる機材はすごく古いものと新しいものとのギャップが激しく、運に左右されるという印象です。

ベトナム航空の飛行機


今回の往路は、VN-303 成田発ホーチミン行き。19:00発と遅い便なのですが、機材はA321で、かなり古いものでした。シート配列はABC-DEGの3-3配列。パーソナルTVもありません。しかしこの日はガラガラで、ざっと1/3くらいの乗車率でしたので、一人で3席使えました。これならエンターテイメントなしでもOKですが、混み具合も私の経験上はやたら空いているか満席かの極端なことが多いです。

古いシートはパーソナルTVなし


帰国便はVN-300、こちらは00:20ホーチミン発の深夜便ですが、使用機体A330-200が新しかったので、最新のパーソナルTV付きでした。シート配列はAC-DEFG-HKの2-4-2配列で、このときは満席だったので、やはり何もないより助かります。

新しい機材には最新のパーソナルTV


次は機内食の紹介です。
まずスナックとドリンクサービス。ベトナム航空では日本語も書かれたメニューが配られますが、到着前に回収されます。ドリンクは、ソフトドリンクの他は、スピリッツ、カクテル、スパークリングワイン、フランスワイン、日本酒、ビールと豊富。昨年、ワインを紙コップに入れて提供されていましたが、それは改善されていました。

ドリンクサービスは豊富なドリンク


成田→ホーチミンの食事はフライト時間が6時間ほどなので1回。離陸後1時間くらい(20:30頃)で提供されます。和食をチョイス。海鮮丼というメニューでしたが、名前とはかけ離れたどちらかというと穴子天丼と言う感じです。胸焼けする感じでほとんど食べられませんでした。和菓子桃山は嬉しいですけどね。

成田→ホーチミン機内食の和食海鮮丼


帰国便、ホーチミン→成田の食事も1回。深夜便なので、もっと成田に近いところで出して欲しいのですが、フライトのちょうど中間で電気をつけられ提供されます。ベトナム時間で4:00、日本時間で6:00頃です。そして、朝食というにはあまりにがっつりした内容。こちらは洋食ファイブスパイスビーフ、フライドヌードルと野菜。早朝からこんなのとても食べられません。

ホーチミン→成田の機内食の朝食洋食やきそば


サービス面については、アジアのエアラインにしてはそれほどいいという印象ではありませんが、これといって文句をつけるようなレベルでもありません。トイレには、歯磨きセットとカミソリがおいてありますが、たぶん補充はあまりしていないので使いたい人は早めにゲットした方がいいです。

ちなみに、マイレージは私はスカイチームの場合はデルタのスカイマイルに入れるのですが、ベトナム航空の場合、ツアーなどで取っているのは予約クラスの低い航空券になるので、今回もマイルは加算されませんでした。ちょっと残念ですが安いので仕方ないですね。


次は、スカイチームエリートプラスの資格で利用したラウンジの話に移ります。マイル加算対象外であっても資格があれば空港ラウンジは利用できます。
成田では今年から第一ターミナルに移動したので、自社のラウンジがないベトナム航空の場合は、提携のデルタのラウンジの利用になります。アメリカ便と重なると、割と混んでいます。

成田のデルタラウンジ


ベトナム内の場合は、チェックイン時にラウンジのインビテーションカードが手作業で発行されます。上級会員(エリートプラス)の取り扱いは割りと徹底していますので、言わなくても前方の席をくれますし、ラウンジインビテーションの発行や、荷物優先タグのつけ忘れなどはないです。

ホーチミンの空港ラウンジは空港の真ん中あたりに2箇所あります。上階にラウンジがある空港が多いですが、ここは下階になります。セキュリティ抜けて右手のラウンジの方が広いのですが、成田行きが左隅ゲートの使用なので、左手のラウンジを利用しました。

ホーチミンベトナム航空ラウンジ


ビジネスコーナーもあります。私は自分のノートPCを持ち歩いているので、ソファで無料Wi-Fi接続です。パスワードは席に貼ってありますが、ブログなど一部サイトにはアクセスできませんでした。

ベトナム航空ラウンジビジネスコーナー


大変残念ながらホーチミンのラウンジにシャワールームがないんですね。ハノイにはあるのに。一日観光した後なので、ここでシャワー使えたら嬉しいんですけど・・・。

食べ物はホットミールやフルーツなど結構あります。そして、麺類のコーナーも。即席麺にお湯を入れてレンジで自分でチンする形です。

麺類のコーナー、フォー、各種ヌードル


ドリンクも普通にそろっています。今回私は薬の服用などの関係でアルコールNGで、最後までベトナムビールを口にできなくて残念でした。なので、333ビールを1缶お土産に頂いて帰りました(持ち出しはマナー違反ですが、飲めてれば何缶か消費したはずなので許してね)。

ラウンジのドリンク&フルーツ


そして、搭乗までかなり時間があったので、お腹は空いていなかったのですが、やっぱり最後にフォーをもう一度、と余計な一杯を食べてしまいました。唐辛子やライムや調味料は日本ではなかなか揃えられないので、即席といえどベトナムで食べると違いますからね!

ラウンジで作ったフォー


総じてベトナム航空の印象は、なんと言うかバラツキがあるという感じでしょうか。機内食もおいしいと感じるときもあれば、ほとんど食べられないと思うときもあり、機材や混み具合が極端でフライトの快適さが予想できないのが残念です。あと多少揺れる路線というのも私としては気がかりな要素です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。

A321で6時間のフライトは「けっこうけっこう」ですよねぇ

先日、関空で見かけたのはB777-200だったんで、やはりシーズンや
旅客数に合わせて機材をやり繰りしているのでしょかねぇ

Re: こんにちは。

こんにちは!

ガラ空きだったからよかったものの、もし満席だったら古いA321はちょっとね、という感じです。
そういえば、前には2-5-2配列という恐ろしい機材にあたったこともあるけど、そのときも空いていました。
さすがに予約が埋まっているときは、そんな機体回せないとか、考えているんだったら逆に
すごいですよね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは。

鍵コメさんへ

いつもありがとうございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR