FC2ブログ

外貨と両替

海外旅行へ行く際、渡航先での支払いはどうしよう?
今日は支払い方法と両替について書きたいと思います。


◆まずは、お小遣いの予算決め。

スバリ、お土産をどのくらい買うかで左右されます。
何も買わなければ、ツアーに参加する場合などは食事の際の飲み物代やチップなどの小額だけになるので、1日あたり1000~2000円みておけば十分。

物価が高い国では飲み物代すらばかになりません。予算は倍くらいに見ておいた方がよいです。私が行ったことのある国の中ではスイスやタヒチです。

予算を決めたら予定外の買い物をしないためにも、予算を超える現金はもっていかないことをオススメします。それでなくても失くしたり盗られたりしたら悲しいですからね。


◆現金、クレジットカード、トラベラーズチェック?

クレジットカードの審査に問題がないプロファイルであれば、VISAかMasterの国際ブランド付きクレジットカードをもっていって、クレジットカードが使えるところではクレジットカード払いにするのが一番オススメです。

まず、不正利用されたとしても、落ち度がない限りは手続きによって保障されますし、何のトラブルがなかった場合でも実は為替レートが一番有利なのです。手数料が低いので、例えばドルを介してマイナー通貨に両替をする国などは二重に手数料もかかるし、現金を両替するよりクレジットカードの方が遥かにお徳です。

旅行で多額のお金を使う予定がある場合、限度額を一時的に上げてもらうこともできます。旅費をクレジットカード払いなどにしてしまって限度額が気になる人はカード会社に電話をして相談してみると良いでしょう。延滞歴などがなければ限度額を一時的にあげてもらえることがあります。

クレジットカードは海外では特に暗証番号を覚えていないと使えないことが多いので、暗証番号を忘れたという人は出発前にカード会社に連絡して手続きをすることをオススメします。そして、クレジットカードは端末の故障とかなんらかの理由で使えなかったりすることもありますので、心配な方は国際ブランドを2種類持っていくといいでしょう。

そうそう、紛失や盗難に備えて、クレジットカードの番号とカード会社の電話番号はなどは控えておいた方がいいですよ!

トラベラーズチェックは、そのまま使える場所はほとんどなく、換金に銀行などに行かなくてはいけないので、手続きが面倒だしオススメしません。昔は私も使いましたがクレジットカードがある人にはまず必要のない手段だと思います。

後は現金。もし手元にドルやユーロが残っていればそれも持っていくことをオススメします。そのまま使えることも多いですし、円から両替できないまたはレートがすごく悪い場合などがありますので持っていると便利です。


◆現地通貨に両替はどこで?

両替レートは日によって、いえ、厳密に言うなら時間によって、そして両替所によって違うのが普通です。もしも10万円とか両替するならレートの差はばかにできないかもしれません。1万円くらいであれば、数十銭の差は気にする必要はないと思いますが、過敏な方はよく比較してから両替することをオススメします。

私は経験から、成田ならGPA(NAAグループグリーンポート・エージェンシー)を利用します。大抵の場合、ほとんどの通貨で銀行よりもレートが有利です。1円以上レートが違うこともよくあります。そして、いちいち名前や金額などを紙に書かなくても口頭で両替してくれるのも嬉しいです。成田の場合は4階の出発ロビーの奥の方にこのGPAはあります。団体カウンター近くですね。

流通している通貨の場合は、基本はその国の通貨はその国で一番高く評価されますから、その国で両替するのが得なのです。つまり日本円から外貨に両替するなら日本でということですね。ただし、流通している通貨の場合だけですので、基本的にはドルとユーロが対象です。

ドルとユーロ以外は日本で両替できてもレートや手数料が高くて決して日本での両替はオススメできません。現地の両替事情が悪い国のものは日本でしていった方がいいものもありますので、一応事前に調べるか、添乗員さんの助言に従うのがいいでしょう。

現地では、到着の空港またはホテル、銀行など信用できる場所で当面必要な額のみをちょっとずつ両替することをオススメします。

両替の際はできるだけ小額紙幣を多く混ぜてもらいます。1ドル、5ドルを大目に10ドル紙幣までで、とかユーロであれば5ユーロ、10ユーロで、5ユーロ大めに、といった具合です。日本ではきめ細かく対応してくれますが、海外ではダメもとでニッコリ笑ってお願いしてみて下さい。


◆いくら両替する?

日本円への再両替はできない外貨もあるし、できても往復の手数料などを考えると相当の損をするのが普通なので足りないかもと思うくらいの金額にするのがオススメです。特にドルとユーロ以外。

私は国にもよりますが、一回の旅行で5000円~1万円しか両替しません。ドルやユーロが観光客向けに相当通用する国ではもっと小額、トイレチップや露店での小額の買い物を想定して2000円とかの時もあります。

後は買い物する場合は、可能な限りクレジットカードを使います。だから現金は最低限でOKなのです。

観光地ではお土産屋で日本円も通用することもあります。いくつで千円とか言う誘い文句で露店でも円が使えたりするんですね。基本は札のみですので、お釣はないし、ごまかされたりしては困るので日本円は千円札で持っていくことをオススメします。両替も少しずつできますしね。


◆余ったお金はどうする?

基本は余らないようにします。もし余ってしまったら、空港でお茶したりお菓子などを買ったり。気をつけなければいけないのは、空港の免税店などでは現地通貨が使えないこともありますから高額残らないようにして下さい。

札であれば、ガイドやドライバーさんにチップとして渡すこともあります。小銭ジャラジャラのチップは失礼なこともあるので、小銭は空港にある募金箱に入れるのも使い道としてはいいと思います。

私は各国の通貨のコインを収集していますので残りは持ち帰ります。といっても、無理に全種類集めるとかではなくて、お釣などでもらったものを適当に持って帰るというだけです。ちょっと重いですがいい思い出になります。

写真はコレクションの一部ですが、このようにちゃんとは整理しておらず、持ち帰るたびに小さなビニール袋に入れて箱に放り込んであるだけです。現在通用していないお金もかなり多くなってきたと思います。数えてませんが数十種類あるでしょう。

外貨コレクション


ユーロは特に、1ユーロ、2ユーロ、50セントのコインは意識的にいつも財布に残るように使い、そして残ったものはそのまま次の訪問で使えるように持ち帰ります。チップやドリンク代で、旅のはじめに皆が札を出してお釣がなくなるということがよくあるからです。


最後に、私はわざと財布を日本においていきます。そしてお金が入っているとはすぐにわからないケースに入れてカバンに普通に入れてあります。多額の現金はもって歩いてないので、分散してしまったりはしていませんが、すぐ出せるように小額のお金を小銭入れやポケットに入れてあります。その日使うお小遣い程度です。チップをすぐ出せるし、もし誰かに金を出せと脅されたらその小銭入れを渡してしまえばいいと考えています。

当たり前のことばかりでしたが、何かためになることはあったでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。

経験と実体験からの内容、大変よく解りました!
ただ、今のところ海外旅行の予定なし (^^ゞ
未来の為に知識を貯金しておきますー。

それにしても各国の通貨、すごい量ですね~ 驚きです。

Re: No title

こんにちは!

あんまり海外旅行しない方はたまに海外に行くと、すごくたくさんお金を持ってくるんですよ。
そして、お土産もついついたくさん買っちゃうんですよね。
まぁ、ある程度はそれも海外旅行の楽しみかもしれません。

旅行中散々計算しながらケチケチいろいろ買って、最終日に余ってしまって、余計な高い買い物
したりする人もよく見かけます。
両替レートであれこれ悔やんだり、小さいことを気にするんですけど、最後は大盤振る舞い
になるのはどうかなぁと。

そうそう、最近ではどこも日本食ブームというか、なんちゃって日本食屋さんやお寿司屋さんが
ありますよ。一度視察にいらしては~。変わり寿司にもおいしいものもあったり新しい発見があるかも♪

参考になります

いつもROMばかりで、すみません。
GPA...参考になります。(・∀・)
クレジット...一応、VISAもMaster心がけて両方持って歩くようにしています。
色々な場所に行っておられるようですが、キャッシングで、カードについてるPLUSとCIRRUS、どちらが使い勝手がいいとかあったら教えていただけないでしょうか。(^ ^;)ゞ
欧米ならだいたいは両方OKとは思いますが。
その他の地域含めた傾向があればで結構ですがm(__)m

Re: 参考になります

コメントありがとうございます!

実は私はキャッシングをしたことはないんです。
ですが、まぁ選択肢のひとつですよね。私は以前、クレジットカード会社に勤めていたこともあるので
キャッシングは一切利用しないポリシーなんです。ということで、ご質問の点は、経験というよりは
一般常識?いや業界知識?から言って、結論、大差ないとしかいえません。

ちなみに、海外出張が多かった頃、シティバンクに口座を作って現地で直接現地通貨で下ろす
というのも利用していました。しかし、、、週末などにいざ卸にいくと、ATMの中にキャッシュが
空になってしまって結局おろせず、周囲の外国人たちと一緒になって不平を言った事を思い出しました。
設備があってもちゃんと保守されていなければ役に立たないという例であって、途上国に行くときには
気をつけたほうがいいですね(笑)


プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR