フランス・ニース

2012/02/26 (6日目) 続き

いったんニースのホテルに戻りましたが、18:00、徒歩にて街に出ます。夕暮れどきですが、日程表に載っているプロムナード・デ・ザングレ散策を後回しにしていたのと夕食を兼ねて、団体で外出です。トラムが走る大通りや旧市街を横切り海岸を目指します。

ニースのトラム


18:20海岸まで来てフリータイムに。日の暮れる時間に海岸を散策しろと言われても・・・。
19:15集合といわれましたが、時間的に周辺の美術館なども閉まっているし、かといって、カップルならいざ知らず、海岸でぼーっとするのもどうかなと。

リヴィエラの女王ニースの海岸


昼間はこのプロムナード・デ・ザングレ(イギリス人の散歩道)の大通りはリゾート地ならではの賑わいと爽やかさがありますが、夜はただ暗いだけの道に豹変です。こちらは、マンドリュー・ラ・ナプールへ行く前に撮った写真。青空で海辺は気持ち良さそうです。

ふり注ぐ太陽とニース


そこで、旧市街の東側、丘の上からの景色がいいというので、そこへ行くことにしました。エレベータもあるのですが、18時で終了していました。階段にも18時に門を閉めるよという注意書きがありましたが、門が開いていたので躊躇なく上りました。

なんだかちょうどいい時間に合わせて来たかのように、きれいな夕暮れです。
観覧車のあるあたりがマナセ広場、光のパレードを見た街の中心部です。ニース全体が見渡せて、とてもいいロケーションです。

旧市街東の展望台よりニースをのぞむ


のんびり夕景を楽しんでいると、警備員ぽいおじさんがやってきて、そろそろ門を閉めるよ(たぶん)と声をかけてきました。展望台にいた数人の人たちも引き上げたので、ゆっくりと階段を下ります。一日中、あちこちで歩いたりしたので、下り階段が筋肉痛に辛い状態です。

旧市街東の丘の上の展望台へ続く階段


階段の途中から撮った写真ですが、わずかな時間の間にどんどんと暗くなっていきます。
この昼と夜の変わり目の時間が私は一番好きです。

夕暮れのニース


海辺まで降り、海岸線を集合場所である中心部の方へ戻ります。海岸沿いの景色も、どこか南の島の景色のようです。

南国の島のような海岸沿い


先ほど上がった展望台はこちらです。下から見るとそんなに高くは見せませんが、ニースに来たら是非にも足を伸ばしたいポイントです。

旧市街東の丘の上の展望台


ほとんど真っ暗な中、海まで行って恒例となっている水にも触れてきました。
プロムナード・デ・ザングレには、昼間行われるフラワーパレード用の観覧席ができています。
もしもまたニースに来ることがあり、それがパレードのシーズンだったら、夜のパレードじゃなくて、華のある昼間のパレードが見たいものです。

プロムナード・デザングレに設営されたニースのフラワーパレードの観覧席


皆が暗い海岸で時間を持て余していたため、早めにフリータイムは切り上げられ最後の晩餐に向かいました。


(エピローグ:写真なしの長文です)

2012/02/27 (7日目)

8:00にホテルを出て、わずか20分でニース・コート・ダジュール空港に到着。最近は団体でも自動チェックイン機でチェックインすることが多くなりましたが、日本と違うからか、何分待っても2枚目の搭乗券が印刷されずフリーズしてしまったので、結局カウンターに行くことに。

搭乗後、出発が遅れるということで機内で待たされます。しばらくすると飲み物が出されたので、これはしばらく飛ばないぞ、乗り継ぎ時間が1時間しかないのに!とあせります。CAにあとどれくらいで出発するのかと聞いたら、まったくわからないという回答。これは、ニースかフランクフルトで一泊か?という状況が頭をよぎります。

飛行機恐怖症なので、この待ちの時間が一番嫌いです。だからファイナルコールで搭乗しているのに、ただ待つしかなく、どれだけ待ったらいいかも不明というのは本当に落ち着きませんでした。通路側に席を移していたので、旅ともさんも離れた席で不安がつのります。

飲み物も片付きしばらくするとCAが笑みを浮かべてまっすぐ私のところへやってきました。「日本人グループのツアーリーダーですよね。」同じ便には団体2組と個人の人も含め多数の日本人が載っていたのに、まっすぐ私の所へ来たので面食らいました。

あーまたかと思いながらも、「いえ、違います。彼女の席は前の方ですが、シート番号がわからないので探しましょう。ところで、何が起きているんですか」と席を立ちながら聞くと、ルフトハンザがストをやっているのだと言う。つまりフランクフルトの問題で、到着便を制限されているようなのです。

添乗員さんのところまで案内し、添乗員さん達が、成田への乗り継ぎができることを確認して、その旨を日本語で機内アナウンスしました。まぁ、遅れることは確実だけど帰国便には乗れるみたいで皆安堵です。

ニースの空港はゲート付近でInternetが使えるので、機内待機の間Internet接続して気を紛らわせました。

結局、1時間のディレイで出発。フランクフルトに着くと、係員が待っていて全員を成田行きのゲートまで連れて行きます。フランクフルトの空港は広く、ターミナル間の移動はすごく時間かかるのですが、係員付きなので、もう乗り遅れるという心配はなくなりました。

そんなこんなで、一時間遅れで成田に到着。短い乗り継ぎ時間で荷物が心配でしたが、無事着きました。ルフトハンザはそういうところはすごいです。エルフラとか他のヨーロッパのキャリアならこうはいきませんよね。

春の南仏カーニバルの旅レポートはこれでおしまいです。
最後までお付き合い下さりありがとうございました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Twilight

こんばんは。
お疲れさまでした!
昼と夜の変わり目の時間、Twilight、魔法の時間でもありますね。
かなり早いペースの旅なのでどうなるかと思いましたが、素敵な時間も過ごされて体験満載でしたが、次回はお気に入りの場所でじっくり,と云うのも良いかもですね。
楽しませていただきました。感謝。
(昨日からアリゾナのペイジにいます。週末は30度を超える気温予報が出ていますよ!)

Re: Twilight

こんばんは!

ツアーは忙しく、短い日程に盛りだくさんに詰め込みますからね~
ゆっくり楽しみたい人には向かないですよね。
ペイジ!いい雰囲気の町でしたね!もう30℃ですか!びっくりです!

No title

イギリス人の散歩道 私も歩きました。 こんなに綺麗な景色は見てないよ~・・・
夕暮れはロマンチックですね。 いいな~・・・

Re: No title

あれれ?キレイじゃなかったですか??
昼間の天気が良かったから夕暮れもきれいだったのかも。
旅は本当に天気次第ですね♪

aya1103 さんへ!!

何時も、居ながらにして世界旅行をさせていただいて感謝です。!

ご健康に留意され長く、楽しませてくださることをお願いいたします。お礼まで!

Re: aya1103 さんへ!!

応援ありがとうございます!
ご期待に沿えるよう、なんとか頑張ります!!

写真が美しい…

昨年フランスに行きましたが、行ってない所ばかり
だったので、こんなところがあるんだ!と興味深く
見ておりました。

特に最後の夕暮れのニースの写真がすごく綺麗ですね!!
いつも写真等楽しみに見ています♪

Re: 写真が美しい…

南フランス、結構いいところたくさんありますよ~
次の機会にはぜひぜひ。
南の方へ行くとのんびりしたムードがあっていいですよね♪

写真は、オートで修整なしですから、同じ景色が見られるはずです!!
いつもありがとうございます♪

フランス旅行記

 毎日拝見するのが楽しみでした。あたかも自分がその場にいるような臨場感を味わわせていただきました。
 さて、先日エズの写真から絵を描かせていただきましたが、これに味をしめて、勝手にマントンの街の風景も描かせていただいています。まもなく完成の予定ですが、また、拙ブログへの掲載をご許可いただけますでしょうか?出来はイマイチですが、自分なりに一生懸命に描いたつもりです。
 次回からのアメリカ便りも楽しみにしております。

Re: フランス旅行記

もちろんOKですよ!きっとマントンの旧市街も気になったのじゃないかなと
思っていました!!
スペインの白い村や、チュニジアのシディ・ブ・サイドあたりもお好きじゃないかと
思います。

それでは次の旅レポートもお楽しみに!今度は旧市街はないですけどね(笑)

素敵な夕景ありがとう

私も34年前のほぼ同じころにニースに行きました。
でも、熱を出して1日ホテルの部屋で寝ていました。
あんなにきれいなたそがれの景色だったのですね。
aya1103さんのおかげで、見られなかった夕景が34年後に見られたような気がします。
ありがとうございました。

Re: 素敵な夕景ありがとう

旅先で寝込んじゃったのは残念でしたね・・・私もよくありますが
悔しくても旅先では安静第一、無理は禁物ですものね。
もっとも、元気で動き回れても、いろいろな条件で、いい景色とめぐり合えるかは
運次第。だからこそ、素敵なものにめぐり合えたときは感謝しなくちゃ。
私の見慣れたかった素晴らしい景色をきっと見たはずですよ!!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR