スペイン・バルセロナ<サグラダファミリア>

やっと直近の旅に着手!早春を感じるバルセロナと南仏の旅レポートスタートです♪

2012/02/21 (1日目)

10:25 Dep NRT、LH-0711 フランクフルト行きで出発です。昨年2度乗った便ですが、最新情報ということで、ルフトハンザ搭乗記の記事も後日書く予定です。フランクフルトでは待ち時間も少なく、バルセロナ行きに乗り継げました。

17:35 バルセロナ到着です。飛行機から見たバルセロナ市街。翼の下にはモンジュイックの丘。そして目を凝らせばサグラダファミリアらしき建造物も見えます(この写真じゃ無理です!)。

飛行機から見たバルセロナ


18:20 バスにて近郊のサバデルへ。19:00前くらいまではとても明るく、春の到来を感じさせられます。

19:15 Arr HTL。カタロニアサバデルヴェルディ。サバデルはとてもきれいな町で、バルセロナまでは遠いですが、ホテルは大通りに面していて、すぐ近くにエル・コルテ・イングレス(デパート)があり地下のスーパーマーケットには何でもそろっていて便利でした。

カタロニアサバデルヴェルディ


部屋はいたって普通。Free Wi-FiはID/PW有。ミニバーはロックされていました。団体向けにはトラブル回避のためかミニバーがロックされているケースは結構ありますね。

カタロニアサバデルヴェルディの部屋


2012/02/22 (2日目)

9:30 Dep HTL、10:20 サグラダファミリア(聖家族教会)から観光スタートです。道を挟んだガウディ広場の池の向こう側が写真スポット。5年半ぶりに見るサグラダファミリアは足場のせいかもしれませんが、着実に完成に近づいているようにも見えます。

サグラダファミリア全景


ガウディ広場方面から見えているのは、キリスト生誕から幼少期の物語で埋め尽くされた生誕のファザード。ガウディ自らが指揮をとって最初に完成させた部分になります。敷地内から見上げるとほとんど見えない美しい彫刻の数々。右上は聖母マリアの戴冠、その下は受胎告知、このあたりは遠くからズームでないとせっかくの美しい彫刻が見えません。

生誕のファザード


生誕のファザードの中心に立つ生命の木。糸杉に鳩がとまる彫刻は大理石で作られています。純潔のシンボルなのだそうですが、こんな彫刻を教会に施すなんてすごい発想です。

生命の木


さて、いよいよ入場です。団体なので、生誕のファザード側から。中央、愛徳の門の上部の彫刻は圧巻です。楽器を持った「奏楽の天使たち」の彫像は日本人彫刻家、外尾悦郎氏が手がけたものです。それにしても曲線だらけで建造物として大丈夫なのと少し心配になります。

生誕のファザードの彫刻


礼拝堂に入ります。天井が完成した2010年11月にローマ法王ベネディクト16世が訪問し、正式にカトリックのバジリカ(大聖堂)として認定されました。はめ込まれたステンドグラスの色合いが真っ白な内部の壁に映え見事です。

大聖堂内部


36本ある柱は木をイメージされ、まるで森のようです。内部もまだ完成しているとは言えません。窓にはこれからステンドグラスが入れられるのでしょうし、天井や柱にもきっと飾りがつくことでしょう。

柱と天井は森のイメージ


生誕のファザードの反対側は受難のファザード。キリストの受刑、死と復活を表し、生誕のファザードとは対照的で、抽象的で直線的な彫刻で飾られています。

受難のファザード


簡単に現地ガイドの案内で回った後は少しのフリータイムがありましたが、鐘塔に登るには時間が足りないので断念しました。エレベータで上がった後、高所恐怖症にはちょっと怖い通路や階段を通るので内心ほっとしましたが、上からだと小尖塔のガウディらしい彫刻や建築現場などがよく見えるので時間のある方はオススメです。

かわいい野菜やフルーツなどが乗った小さな塔


地下博物館に足を運びました。まずはガウディの写真がお出迎え。天才であると共に、奇人としてもいろんなエピソードが残っています。骸骨を模型に使ったとか・・・。路面電車に轢かれて亡くなったのは1926年。今も彼の残した模型などを元に建築が進んでいるのだけど、自分が生存中に出来上がらないようなものを後に託すというのはどんな気持ちだったのでしょうか。

ガウディ肖像画


地下博物館では、たくさんの模型などが今も使われている場面を見ることができます。
また、さらに地下にガウディが眠っている場所があり、この地下博物館からもそっと見下ろすことができます。

設計図代わりの模型の数々


こちらはこれから建設予定の栄光のファザード、正面入り口にあたる部分です。こんな近代的な建物ではなく、もちろん塔も建つし彫刻もされるはずです。どんなものが出来上がるか楽しみなのと共に、こんな姿を写真に収められるのも建築中ならでは、と思うと感慨深いものです。

栄光のファザード


現在のところ、サグラダファミリアはガウディの没後100年にあたる2026年に完成する見込みと言われていますが、今から14年後です。完成したら是非また訪れたいです。

次回はグエル公園をメインにレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この気の長さもいいですよね。
ゆっくり時間をかけて納得の行くものを創り上げていくようで。
でもたまにイラッとしないんでしょうかね。

完成したら見に行きたいなぁ~

Re: No title

完成が本当に14年後ならば、見にいけそうですよね。
以前は後100年かかるとか言ってましたが、果たしてどうなんでしょう?
完成とまではいかなくても、中央塔が出来て、クレーンが外れるまでは
生きていたいなぁ。

サクラダファミリア

日本人なら、完成が何年後ってなるとまだかまだかってソワソワしそうですが、ここの地元の人は、のんびり構えているんですね(笑)
そのくらいゆったりした気持ちを持ちたいです。しかし塔の先端初めて見ましたe-465

No title

4年前に行きました。
懐かしいです。
完成が、2026年ですか?
私は、。。歳。
まあ、120歳までは、生きて居られそうな雰囲気だから
もう1~2度は、行けるかしら?

それにしても、よく動きますね。

Re: サクラダファミリア

はまち娘さん

写真載せたのは、小さい塔の先端で、大きい塔はまた全然違ってそちらも
すごいんですよ。塔に登るかズームじゃないと、細かくは分からないんですけどね。
今も寄付と入場料だけで工事が進んでいるらしく、実際にはいつできるやら
想像つかないです(笑)

Re: No title

monalisaさん

数年ぶりに行って、一番変わっていたのは内部ですね~。
とてもきれいでした。
2026年であれば、病気や事故に合わなければ生きていられる
かもしれないので、なんとか完成した姿をみたいです。
そのときブログやってるとは思えませんけども(笑)

No title

この教会を観るたびに・・
なんの映画だったか。。
ジーザス・クライストなんとか???
一人の神父様がひとつひとつ石を拾ってきて
積み重ねて大きな教会を作る・・っといったような映画を
思い浮かべます。。

なんでだろう。。

Re: No title

そうですねぇ、コツコツと途方もない時間をかけて作る、という
部分が似ているから、でしょうか。今では建築技術や機材が発達して
だいぶ工期を縮めることができるようになったでしょうが、それでも
まだ10年以上はかかる見込みですものね。
地下トンネルの工事などで揉めたりすることもあるようですが
完成まで見守れればと思います♪

No title

ayaさん こんにちは。

今度は、スペイン・バルセロナ~♪。
サグラダファミリア14年後に完成の予定ですか!
うわぁ~ならば絶対健康で災難にも逢わず見に行きたいなぁ~。

礼拝堂、美しいですね~。
この先も楽しみに拝見します(^^)。

Re: No title

こんにちは!

全体の完成模型が、受難のファザード側の入り口付近にあるんですが
それを見る限り、今出来ている部分は半分にも満たないように思うのですよね。
本当に後14年でできるかは疑問です。
なにしろ作り始めたのは1882年、今から130年も前なのに、今やっとこれですものね(笑)

奇才/天才

こんばんは。
スペインは奇才を産み出しますね。
この10年位、料理の世界でもこれまで無かった手法で新しい料理を作り出している奇才/天才たちが大西洋のこちら側まで進出して活躍しています。
サグラダ・ファミリアは1人の人間の内部を見るような感覚を覚えます。
本当に面白いですね。

Re: 奇才/天才

こんばんは!
ヌエバ・コシーナ!
ツアーだと残念ながら縁遠い存在です(泣)
どちらかというとB級グルメ派の庶民なので、実際食べたらどう思うかな?
スペインの天才・奇才たちはこだわりが尋常じゃないなと思いますね。
それが国全体の強烈なイメージと通じるものを感じます。
あの太陽のまぶしさのせいかもしれません。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR