FC2ブログ

ペルー・ナスカ~リマ

2012/01/26 (8日目) 続き

ナスカのマリア・ライヘ空港を出て、パン・アメリカン・ハイウェイを走ります。
10:55 地上絵研究の第一人者マリア・ライヘが建てた地上の観測塔ミラドールに到着。周辺の景色はこんな感じ。

パンアメリカンハイウェイ


こちらが、ミラドール。思っていた通り簡素な造りです。地上絵を間近に見るにはナスカまで足を運びここまで来ないとダメなわけですね。10人までと書いてあったけど、25人が2組に別れて上がる様に管理者に指示されました。

マリア・ライヘのミラドール


で、私にはセスナよりこっちの方が問題でした。私はどうしても最初の踊り場までしか上ることができませんでした。透けてる階段、腰まで覆われていない手すりはどうしてもダメです。
高所恐怖症の人はむしろセスナに乗ることをオススメします・・・。

ミラドールの階段


仕方ないので、最初の踊り場で地上絵を観測。といってもこの高さでは絵には見えません。
どうやら木(海藻)の手前の方だというのがかろうじてわかる程度です。

ミラドールの下の方から見た地上絵


絵の線はまるで化石化しているかのように見えました。地上絵をどうやって、そして何故描いたのかというのには諸説ありますが、豊穣祈願とか天体図とか宇宙人が書いたとか、謎のままの方がロマンがあっていいかもしれません。

地上絵の線


ズームで見ると線はこんな感じ。線上の石をどけてある、というだけですが、子供の頃に校庭にゲームのため足で線を引いたような感じです。雨が降らない不毛の土地だったからこそ、今日まで絵が残ったのでしょう。

地上絵をズームで見ると


ミラドールの下ではお土産に、石に書いた地上絵のキーホルダーなどが売っています。1つ1$、ナスカAPTの土産物屋は2つで1$でしたが、ここのは売り手が自分で彫ったのだと言っていました。やり取りして記念に買う方が楽しいでしょうね。(私は置物は買いませんが)

ミラドールの土産屋


11:35ペルー最後の観光も終わり、リマへ向けてまた長いドライブです。
往路は海側でしたが今度は逆なので、車窓はこんな感じです。自然が多くて目にはいいですが、住み難い土地のようです。

リマへの帰り道の車窓


今日もLunchはボックスです。ジュースはいつもピーチネクター。好きじゃないのでゲンナリです。手をつけなかったものは、回収してガイドが現地の方に差し入れると言っていました。私が思っていた以上に、まだまだ貧しい国なのですね。

ランチボックスはハムチーズサンドが定番


16:45 2度目のトイレ休憩で日本人経営のお土産屋に寄ります。周囲には何もないところに高い塀と有刺鉄線がはられています。少しお土産は高めですが何でもそろっているようです。私はお土産に興味がないので、ビール2$を飲んで50分もの休憩を待ってました。

ビールで休憩


このツアーでは参加者一人につき一つエケコ人形がプレゼントされました。同じものは現地では3~4US$で売られていました。火曜と金曜にタバコなどをお供えすると願いが叶うと言うことで、TVで紹介されて以来、日本人にも人気の人形です。10cm前後、サイズはいろいろあります。

願いをかなえて下さるエケコ人形


日も暮れてからリマに戻ってきました。やっぱり賑わいが違います。東南アジアの雰囲気にも似ていますね。

リマの夜


19:30 DNR@RST
Centtollaというレストラン。すごく賑わっていました。こちら前菜。
ドリンクは、ピスコサワー6$、葡萄の蒸留酒ピスコを使ったレモンの入ったもので、爽やかな味、すごく好みのカクテルです。

前菜とピスコサワー


メインはシーフード。御飯がついていて、最初はちょっと不思議な取り合わせで、食べたことない感じでしたが、なんだか懐かしいような気もしました。

シーフード料理


23:55 LA-0600、リマ発ロサンゼルス行でペルーを出国です。いろいろ大変だった分忘れられない旅になりました。

次回は、ペルー旅行の番外編ロサンゼルスをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れさまでした!

こんばんは。
高所、高山、セスナなど色々苦手なものの多い旅だったようですが、大変な部分は終了しましたね。お疲れさまでした。
南アメリカもアフリカと同じで荒涼とした土地が広がっている所が多いです。アメリカ合衆国内も色々な所に砂漠、砂漠に近い土地がたくさんあります。乾燥が進んでいると云う研究もあり、これからも気がかりなことが残りますね。

Re: お疲れさまでした!

こんばんは!

苦手なものにチャレンジしたのには、自分を褒めてあげたい気分ですね。
自分を打ち破ることも旅の大切な要素ですもの。

私が好きな荒涼とした大地や砂漠は、長い目で見ると憂慮すべき光景なのでしょうけど
それがまたいろんなことを考えさせられ、またその地に立ったときには無心になれる
不思議な場所。あまり偏りすぎず、地球が訴えていることを敏感に受け止めることが
大切なのでしょうね。

No title

こんなに石ころだらけで、カサカサしている大地。

「なんかつまんないから、なにか創ってみようかな?」

一人が初めて、その内に思い思いに人々が始めた。
ニャンて。
そんなだったら面白いね。

Re: No title

そうなんですよ、石ころ転がっているだけの、何も育たなそうな土地。
お絵描きするには絶好のキャンバスかもしれませんが、私には何かの
目印に見えましたね・・・。
やっぱりいろいろ想像できるのが楽しいですね♪

ペルーおつかれさまでした

いろいろ大変だったペルー・・・おつかれさまです。
帰りはなんとなく少し寂しい感じしたのでは?
私は高所大好きなので、この階段上がってみたいですe-348
ネクターは美味しいですが後が口の中が.ネバネバするので私もあまり飲みませんね・・・e-263
けどエケコ人形いいですね~e-414

Re: ペルーおつかれさまでした

階段の上からは絵に見えたようですよ・・・。
ペルーはいつかまた行くことがあるような気がして、そんなに寂しく
感じませんでした。チチカカ湖は行きませんけどね(笑)

エケコ人形にお供えするタバコがなくて、ご機嫌が取れないので
何もかなえてもらえないかもしれません(泣)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR