ペルー・ナスカの地上絵

2012/01/26 (8日目)

昨夜遅くに着いたのに5:30起き。朝食は少なめに、柑橘系の飲み物は避けたほうがセスナの乗り物酔いには良いなどと言われたのに、私は無意識でセスナに乗らないと決めてかかっていて、何も考えずパクパク食べてしまいました。

6:50 ホテルを出発、バスで15分のナスカのマリア・ライヘ空港へ。地上絵遊覧のための空港でセスナしかとまっていません。

ナスカのマリア・ライヘ空港


セスナには、カバンなど持ち込めないということで、必要最低限の貴重品だけもち、バスを降ります。小さな空港の建物に入るとすぐに、次々に名前を呼ばれて体重測定。あれ?体重量っちゃったということは、乗らないと申し出るタイミングを逃しちゃった?

ナスカのマリア・ライヘ空港のアエロディアーナ社カウンター


今回利用するのは12人乗りの中型セスナ。グループは25PAXなので、体重で3回に振り分けられます。朝は通常、人気があって待たされることも多いそうですが、この日は空いていたので、すぐに1組目が搭乗に呼ばれました。私は2組目。同じ機体を使うので合計3時間はかかります。

アエロディアーナ社12人乗り中型セスナ


名前を呼ばれたらセキュリティチェックを受けて、搭乗口へ。パイロットさんが迎えに来て、まずは地上絵を見る順番を説明してくれます。地図に番号も振ってあって分かりやすいです。他の国の個人客3人が一緒に同乗したので、片言の日本語と英語で説明してくれました。

搭乗券、地上絵遊覧の説明


こちらが12人乗り中型セスナの機内。以前レンソイスで乗った4,5人乗りの小型セスナに比べたら、小さな飛行機といった感じで、なんだかほっとしました。小型セスナは身動きできないくらい滅茶苦茶狭いし、暑かったし、怖かったし、あれには二度と乗りたくありません。

中型セスナ機内


操縦席。小型セスナの時は副操縦席にも客を乗せていましたが、今回はちゃんと副操縦士が乗ります。ちなみに、パイロットさんは「地球の歩き方GEM STONEナスカの地上絵完全ガイド」に載っていた方でした。今回はアエロディアーナ社(Aerodiana)社のセスナです。

中型セスナ操縦席


さぁ、離陸です。酔い止めも乗ると決まったときに飲んでおきましたが、不安はまったくの杞憂に終わりました。中型セスナだということと、パイロットの腕も良いのでしょう、大型の飛行機に乗っているのとなんら変わりないくらい、まったくと言っていいほど揺れません。

地上絵遊覧飛行へ


機内でも上手に説明をしてくれるので地上絵を見逃すということは寝てない限りはありえません。最初は「くじら」です。え?って思うほど小さく見えました。写真だと薄くてわかりずらいでしょうか?中央やや右に下を向いているのですが線にかぶって見難いです。この写真で見つけられたらスゴイ・・・。

くじら


次は宇宙人(フクロウ人間)。これは他の地上絵と違って山肌に浮き上がるように描かれているのではっきりと見えます。やぁって言っているように見えてかわいいですね。

宇宙人


さる。ぐるぐる円を描いた尻尾が特徴的です。そして指は4本。セスナはゆっくり旋回し、右側と左側の人が見えるように回ってくれるので、地上絵はとても見やすいです。旋回もうまくて機体がまったく揺れないので気持ち悪さはまったくありませんでした。

サル


ハチドリ。地上絵と言えばこれかな、っていう図柄です。くちばしの長さがデザイン性を高めていますね。セスナの旋回中、逆側のサイドの人に見せるために傾いているときも、自分と反対側の窓の下にくっきり絵を見れますし、自分側の時は羽のちょうど下に絵が来るよう回ってくれます。

ハチドリ


手と木(海藻)とパン・アメリカン・ハイウェイ沿いの地上の観測塔ミラドール。地上絵は年々消え行く状態にあると言われていますが、思ったよりもはっきりよく見えたというのが感想です。ほとんど雨が降らない地域で、ときおり雨が降って洪水とか起きるそうで、水が流れた後も確認できました。

手と木とミラドール


いくつか省略しましたが、地上絵はセスナから見ると案外小さく見え、地上絵以外の景色もなかなか素晴らしかったです。こちらは空港近くナスカの町の上空です。あんなにセスナに乗りたくないとか、乗る乗らないとぐちゃぐちゃ言っていた事がバカらしく感じました。

ナスカ上空


遊覧時間は30分ほど。最後の組が遊覧に出ている間は、空港建物の外にあるお土産物屋を物色。値段は高くないけど交渉が必要です。

ナスカのマリア・ライヘ空港の駐車場と土産物屋


地上絵柄のTシャツ6$などを購入。お土産物は地上絵をデザインしたものがほとんどです。

数々の地上絵グッズ


ナスカの地上絵遊覧観光は、ナスカの他、ピスコやイカ、パラカスからもセスナに乗ってくる場合がありますが、その場合は飛行時間はもっと長くなります。ナスカはリマから遠いけど、セスナが心配な方はナスカ発着のものを選択するのがオススメです。そして個人の方は、中型セスナや新しい機材を使う会社を選択することをオススメします。

次回は、ペルー旅行最後の旅レポートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すごいです!

セスナに乗られたんですね!
マチュピチュのレポートも少しずつ拝見してますが、
やはり時間も体力もいりそうですね。
ayaさんの詳しいレポートで充分いった気持ちになれたので、これで満足しておきます。

後になりましたが、お帰りなさい。
今回のニースのレポートも楽しみにしています。

Re: すごいです!

ただいま!
え?行った気になっちゃいました?それは困りましたね。
といっても私もパンフレットなど見ていると、もう行ってきた錯覚に
おちいることもありますけどね(笑)。
南米は体力いるので、できるだけ早く行った方がいいですよ~
人それぞれの感性がありますから、やっぱり自分の目で見て
空気を感じないとね!!

No title

やっぱり不思議だわ。

空からしか確認できない。
それに一筆書きなわけなんだよねぇ。
それも面白い。

Re: No title

空からも意識してみないと識別は難しそうでした~
流水の跡や、多数の直線。曲線の絵は線も薄いし
空からだと小さいので、偶然見つけるってのは難しいかも。
謎は謎のままだからみんな惹かれるんでしょうね♪


No title

地上絵・・・。宇宙人はくっきりわかりました。一生懸命くじらを見てますがわからない・・・e-350
このセスナなら怖くないかな。しかし、この地上絵はどうやって.作ったんだろう・・・。だんだん消えてってるのはなんだかさみしいですね。ひとつの歴史がなくなるみたいな・・・

Re: No title

くじら、わかんないですよね~。いえ、セスナからは見えましたよ。
写真では、元のサイズでなんとか、サイズ調整したら自分でも
あれ?どこいった?って感じになりました(笑)。

次回、地上からの観測?もレポートしますね♪

No title

この地上絵をホントに見て来たんですね!なんか自分で見てきたような迫力がありましたよ!

しかし、地上絵はホント地球外生命体が作ったものなのか、大昔に発達した文明をもった人たちが作ったのか?考えるだけで楽しくなってきます!

ほんと素晴らしいレポートありがとうございます!

Re: No title

写真だと小さくなっちゃうし、自分でみたよりぼやけているので
イマイチだなって思ったんですけど、ちゃんと見れたってわかって
もらえましたか~?
自分でもセスナに乗らないから見れないと半分諦めていたのですが
勇気をもって(諦めて?)セスナに乗って、お陰で自分で見れたので
大満足です。もっと見えないとか見逃すものだと思っていたので(笑)

No title

一生に1回は見てみたいナスカの地上絵。
流石に数100年前(もっと前?)のものだけあって、
くっきりはっきりとは行かないですね・・・

ひょっとしたら観光局の人が定期的に線を引いているのかも!?

見たいですね!

こんばんは。
クジラ、これかな、と思ったのがそうだと思いますが、他の線があるので惑わされますね。
これを守ろうとした女性の話なども含めて、不思議で魅力的なナスカの地上絵。実際に空気を、土地のエネルギーを感じてみたいですね!
小型機は気がかりなことも多いですが、今回は「快適」で良かったですね。

Re: No title

なごやんさん

ナスカの地上絵は約2000年前のものと言われています。
私はもっとうっすらとしたものだと思っていたので、あれ?案外
見えるじゃないの、って思いました。写真だと実際見たときより
一回り小さく薄く見えてますけど、まぁもうちょっと見えると
思ってください(笑)

Re: 見たいですね!

yokoblueplanetさん

おはようございます!
クジラ、見えました?すごいです。そう、実際の地上絵はあちこちに線のようなものが
あって一瞬どこどこ?って惑わされます。書いた時代に、既に上から線が重ねられる
こともあったようですね。

マリア・ライヘの話は省いちゃいましたが、彼女がドイツに生まれ数学を修めた人
だったことを知り、同じ学問をした私は、なんとなく地上絵に魅せられた気持が
わかるような気がしました。見える前はなんとも思わなかった地上絵ですが、
マリア・ライヘの思いを感じる見学になりました♪

No title

中学生の時から一度見てみたいと思い続けて来ました。
でもずっと平行して持っていた疑問
「どうやって見るんだろう?」

セスナに乗って見るんですね。
納得しましたー。

羨ましい!

雑誌や写真集ではなく、身近な方が(こちらがそう思っているだけで、失礼)撮られた写真に感動しています。

私が35年前から行ってみたかった場所。
そのころはデニケンに傾倒していて、どうしてもこの目で見たかった・・・・・・・・
今回見せていただいてとてもうれしいですよ。
ありがとうございます。

ナスカの地上絵は不思議で満ち満ちていますね。
ああ、、、、行ってみたいです~

No title

出たー!!
ナスカの地上絵。
行ってみたい箇所のひとつです。
でも、海外旅行は一度もしたことがないです。
私もいつかは………。いけるかな?

Re: No title

皆様、コメントありがとうございます♪
今週末遠出していたので返信遅くなりました!


koaporoさん

どうやってみるか、高いところから見るしかないんですよね。
きっとセスナによる遊覧飛行は稼ぎどころなのでしょうから、
近代的な観測塔をたてたりしないのでしょうね。
思っていたよりよく見えましたが、それでも消えかかっている
わけで、できるだけ長く次代の人にも楽しんでもらいたいですね♪


白秋マダムさん

身近な方です(笑)
どうしても、と思っていたのであれば是非ご自身の目で見てもらい
たいですね!肉眼でっていっても、飛行機の窓越しに見るのを肉眼
というのはちょっと?というのであればミラドールからはオススメ
です。近くで見たら、直接見たって感じがしますものね!


からくりオムさん

地上絵はTVなどでもよく紹介されますもの、たくさんの方が
行ってみたいと憧れる場所だと思います。
海外旅行は是非チャレンジして下さい!そして、遠いところから
行くのがいいと思います。南米がデビューって方は聞いたことが
ないですが、でも衝撃的で感動の思い出ができると思いますよ♪

No title

実際に見られるってすばらしい。。

ただセスナが恐いな。。

でも本当に謎が多いからこそ魅力なんだろうなあ。。
だれか過去に出かけていって
謎を解明してくれないものkしら。。。

Re: No title

セスナ、むしろ大型の飛行機より揺れなかったかも。
私は高いところがダメですが、飛行機は高さの点では何故か
大丈夫なんですよ。他の点でダメだから結局同じだけど・・・。

謎が解明されちゃったら人気が落ちるような気もするけど
こっそり自分だけ聞きたいです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR