FC2ブログ

ペルー・マチュピチュ遺跡④

2012/01/22 (4日目) 続き

インカの橋が作られている絶壁は写真に収まらないほどのもので、そこにどうやって作ったか目を疑うほどの道が作られています。その道が寸断できるように丸太で橋がかけられているわけです。奥の山はマチュピチュ峰だと思います。インカの橋が左下に小さく見えるでしょうか。

インカの橋があるマチュピチュ峰西側の絶壁


橋の近くまで行くには、橋付近と同じような道を通らなくてはいけなくて、絶壁の壁際にはロープが張られています。あまりに怖くて橋の近くまでは進めなかったので、旅ともさんに写真をとってきてもらいました。崖にへばりつく様に石で道が作られ、丸太が渡されている様子がよくわかります。橋は現在、手前で通行止めになっています。幅は人一人分しかありません。

どうやって造ったのかと目を疑うインカ道とインカの橋


インカの橋の先で、現在は道が崩壊し途絶えているように見えました。マチュピチュへは8本ほどのインカ道が通じていたということですが、想像を絶する道があったことに深い感銘というかショックを受けました。そして、怖さで近づけなかったけれども、途中怖いながらもこの橋を見に来たことにすごい満足感を感じました。

インカの橋からは来た道を戻り、記帳所で戻り時間を記して、おなじみになったマチュピチュが見渡せるところまで戻ると、なんだか地に足がついたような気持ちになりました。

インカの橋から戻ってみるマチュピチュ遺跡


次は太陽の門へ向かいます。さっきのインカの橋の絶壁の裏側方面です。段々畑を下りずに、畑の棚にできたうっすらした道を歩いていくと遺跡の管理人が太陽の門へのインカ道へ案内してくれてショートカットできました。

段々畑アンデネスを横切る近道


14:50 太陽の門を目指し、インカ道を登りはじめます。なだらかに見えますが、かなりきついです。2000mを超えているので、感じないけど体に負担が大きいと言うこともあるかも知れません。道は石畳で、振り返るとワイナピチュ峰が姿を変えながら見守っているようです。

太陽の門へ続くインカ道


途中で休み休み進みます。左手には高い山々が見えます。ここが山に囲まれたとんでもない場所なんだということを思い知らされます。バスだ列車だと乗り継いでマチュピチュまで来たわけですが、昔はこのインカ道を何泊もかけて来るしかなかったある意味秘密で神聖な場所だったと推察できます。そして長い間忘れられていたことも納得です。

高い山々に囲まれている秘境


14時に出発したグループの人たちから恐らく40分ほど遅れているので、どこかで帰ってくる彼らとすれ違うはずと思い歩くも一向に気配を感じません。途中で、タンボ(宿泊施設、休憩所)を通ります。大きな石は儀式用の石です。

タンボで一休み


行けども太陽の門が見えて来ないので疲労感を余計に感じます。そんな時、後ろを振り返るとマチュピチュ遺跡が小さくなって見えてきました。遺跡に上るハイラム・ビンガム・ロードのジグザグがはっきりと見えます。

インカ道から見るマチュピチュ


15:15太陽の門へ着き、少し前に到着したというグループに追いつきました。遺跡入り口からだと1時間以上かかったようですが、私たちはかなりのペースで上がってきたようです。遺跡から登って来た人とインカ道トレッキングでここまでやってきて初めてマチュピチュ遺跡の姿を見る旅人でにぎわっています。皆、達成感ですがすがしい顔をしています。

太陽の門インティプンク


裏側のインカ道から見た太陽の門インティプンクです。この石造りの門を左に曲がれば、マチュピチュの遺跡が見渡せます。この道を逆に降りていけば、その先には今も4000m級の峰を越えて伸びる長いインカ道があるわけです。3泊4日かかるトレッキングでここをあがってくるトレッキングは人気で予約が取りにくいそうです。

太陽の門インティプンク


こちらが太陽の門インティプンクから見たマチュピチュ遺跡の眺めです。

太陽の門インティプンクから見る景色


実際に目で見るとこのような感じ。ウルバンバ川もマチュピチュ遺跡もここからは小さく見えます。

太陽の門から見たマチュピチュ遺跡


十分景色などを楽しんでから、グループと一緒にインカ道を下ります。足がガクガクです。私の目の前で転んだ人もいたので、シップなど持って歩いた方がいいかもしれません。

見張り小屋近くへ戻ってきて、まだ時間があったので、皆と別れて太陽の神殿の方へ行くことにしました。雨も完全にあがりました。

マチュピチュ遺跡市街地へ


市街地入り口の門はもう空いていて、人がいない状態で写真が撮れました。門の向こうに市街地とワイナピチュ峰がうまくおさまります。皆が通る小さい門なのでなかなか混雑時には無理な1枚です。

市街地入り口の門


市街地入り口の門をくぐらずに、右側の急な階段を降りて、太陽の神殿へ向かいます。
既に筋肉痛が出始め、下り階段がきついです・・・。

市街地南側の急な長い階段


次回、マチュピチュのレポート完結です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凄すぎです。

こんばんは。
凄いです、凄すぎです。
高山病も心配でしたが、インカ道も怖い!
本当に危ない思いをしてまで見たかった。。。その意味がわかります。
神秘的なところですね。
私は一生いけないと思いますが、ここで楽しませてもらいます。
水路も・・・全部自分の目で見たい!
ayaさん頑張りましたね。

Re: 凄すぎです。

こんばんは!

太陽の門へ続くインカ道は怖い場所はほとんどない分、ずっと登りで
きつかった・・・。
インカの橋は、ガイドブックでも小さく載っている程度で、ちょっと気になる
そんな存在でした。でもなんとなく心にひっかかっていたので、行くことにした
のですが、いやぁ、道はかなり怖かったです。旅ともさんに目の前を歩いて
もらい視界をできるだけふさいで歩きましたが、最後は無理でした。
でも、この旅一番の衝撃だったので、頑張った甲斐があったと思います!
こうして写真で振り返ると、よく歩けたなって思う道ですね!

No title

すごいものを見せてもらったわぁ。
感嘆しかない。

Re: No title

こんなにインカ道を歩くことになるとは思っていなかったので
想定外にいいものみたという満足感が得られました!
運動不足がたたりましたけどね(笑)

No title

いや。。。おそろしい。。なあ。。

ちょっとあのがけっぷちは駄目かも。。

近くに行くのがやっとかもしれません。

しかし。素晴らしい。

Re: No title

私もこの日はテンションがあがっていたからか
引き返さなかったのかもしれません。
でも、一人だったらたぶん、道が細くなった段階で
引き返したと思います。
橋のすぐ近くまでいった旅ともさんを待っている間も
だいぶ恐怖感が高まりましたから(笑)

凄すぎます

aya1103 様へ こんばんは!

 何回もブログは拝見させて頂いていますが、はじめまして!!

 皆さんおっしゃっていらっしゃるように、凄すぎて、感動して
 初コメントさせて頂きました。

 いやあ・・見させて頂いているだけで感動します。
 一回は生でその空気を味わってみたいですが・・・ sn

Re: 凄すぎます

はじめまして!コメントありがとうございます♪

気に入っていただけたら嬉しいです!
私の旅の体験をそのまま時系列にダラダラ書いているだけなのですが
それがかえってリアルに追体験できる感じになるんだと思います。

もちろん行ってみないとわからない事っていうのはいっぱいあるはず、
だから、いつか自分で見るぞって夢は持ち続けて下さいね♪
私も何年いえ何十年て憧れ続けた場所にやっと行くことができたのですから!
それでは、今後ともよろしくお願いしますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR