ペルー・マチュピチュ遺跡②

2012/01/22 (4日目) 続き

墓地跡を過ぎるとなだらかな斜面にゴロゴロと大きな岩が転がる石切り場が広がります。マチュピチュは険しい山の尾根の上にできているのですが、空中都市の建設に使われた石は下から運んだものではなく、もともとここにあった花崗岩を使ったようです。

マチュピチュの石切り場


花崗岩は大理石より固いけど、切り出しやすい性質があるので、大した道具もない時代にも割ったりするのは思っているより簡単だったようです。それでも、車輪をもたなかった文化において、運搬は大変だったでしょう。写真は階段の作りかけのようです。

作りかけの階段


聖なる広場へ向かう途中には、ミニ植物園があります。木の周りには、マチュピチュ周辺に生息する植物が植えられています。

マチュピチュのミニ植物園


こちらはコカの木。ちょっと写真だと見づらいですね・・・。コカは高山病にもいいというので、コカ茶はレストランなど出されたとき積極的に飲んでいます。味はまぁお茶の一種だなというだけでどうという特徴もないのですが、ちょっと匂いが変です。

品種改良されたコカの木


聖なる広場にやってきました。ここには重要な建物がいくつかあります。まず3つの窓の神殿です。インカの創世伝説のひとつに出てくるタンプ・トッコと推察されている場所です。タンプ・トッコという3つの穴から湧き出た8人兄弟姉妹のうちの一人が初代皇帝になったという話ですが、7、8代目までの皇帝は伝説上の人物ではないかとも言われています。

3つの窓の神殿


こちらは同じ広場にある主神殿。創造神ビラコチャを祭ったとされる神殿。右側は地震による地盤沈下のためか崩れかかっています。やたらと大きい石が使われているので、重要な建物だったに違いありません。

主神殿


このあたりは遺跡の端にあたるので、この街を支えている段々畑の様子などもよくわかります。雨水を逃し、熱をため、地震にも耐えられる見事な石垣にはただただ脱帽です。ビンガムは1911年、こちら側の斜面を登ってきたそうです。

マチュピチュの段々畑アンデネス


こちらの石は主神殿の左に何気なくあるのですが、真南を向いているそうです。ガイドがそう説明すると、iPhoneアプリの方位磁針で確かめるなど、今回はいつもより20歳以上平均年齢が若いと思われ、皆のリアクションも楽しめました。

真南を向く石


主神殿の裏にあるエコーの部屋。四角い窪みに顔を入れて声など出すと、反対側の窪みにきれいに共鳴するように作られています。

エコーの部屋


市街地の一番高いところに置かれている大きな石、インティワタナ。太陽をつなぎとめる石という意味があり、日時計と見られています。パワースポットとしても知られており、皆手をかざして何やら願いごとなどつぶやいていまますが、触ると監視員に怒られますので要注意。

インティワタナ


日差しが強く、日陰がほとんどないので汗ダラダラ。どうして遺跡に来ると毎回こうして晴れるのかっていうくらい強力な晴女です。今回は日焼対策をまったくしてなかったし、帽子もクスコのホテルに預けたスーツケースの中で、日射病の兆しがでてきて心配になってきました。

インティワタナは高いところにあるので、眺めもいいです。今まで歩いてきたところ全てを見渡すことができます。

インティワタナから見たマチュピチュ峰


メイン広場、農業試験場を過ぎて、ワイラナまでやってきました。ここには三方を壁で囲まれた小屋が2つあり、その日陰で皆休んでいます。遺跡の一番奥の箇所にあたります。

ワイラナ準備室


こちらは小屋の脇にある聖なる岩。なんと高さ3m、幅7mもあります。
聖なる力が宿っていると信じている人も多いようですが、何をかたどっているか、何のための石だったのかは諸説あるようです。

聖なる石


こちらはワイナピチュ山の登山道入り口。ちなみに、ワイナピチュは、7:00と10:00にそれぞれ200名ずつの入場で以前は早いもの勝ちだったのがInternetでの予約制となったとのことです。
ワイナピチュは若い峰という意味、マチュピチュは老いた峰という意味のケチュア語です。

ワイナピチュ山入り口


カメラを望遠にしても、登山道と思えるような道も見えず、わずかに人影か?と思う色が動くのが見える程度。高所恐怖症の私が登る可能性は将来においてもゼロと言わざるを得ません。急な斜面に段々畑や貯蔵庫などの建物があるというから驚きです。かなり険しい山なので、興味ある人でも万全の準備が必要と思われます。

絶壁にしか見えないワイナピチュ峰


次回もマチュピチュ遺跡観光の旅レポートが続きます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空気の質が。。。

こんばんは。
高度のせいもあるのか、空気の質が違いますね。
ここまで到達するのに要する時間、かなり大変。
頭痛と闘いながらのレポート、感謝です!
それにしてもまだまだ???の要素が多い遺跡が多いですね。

Re: 空気の質が。。。

こんばんは!

マチュピチュでは暑さではまいりましたが、一番体調はよかったような
気がします。もちろん、観光後は筋肉痛と日焼にすごく悩まされたのですけどね(笑)

謎が多い遺跡ほど人気が高いような気もしますし、実はこの遺跡の調査はまだまだ
進んでいないとも言えます。地下にまだいろんなものが眠っていると言われています。
真相はどうなんでしょう。まだまだ楽しめそうですね。


No title

石をどうやって運んだんでしょうねえ。。

不思議な建造物多いですよね。
真実の解明が聞いてみたいな。

強烈な晴れ女募集ってテレビでやっていましたよ
晴れ男さんも。
なんの番組だったか。。
ここずうっと募集していたのは。。

矛盾の番組だったかな。。
いかがですか?(笑)

Re: No title

建物っていっても自然の石を利用していたりして、なんだか
超古代文明の遺産みたいにも見えるのが不思議です。

晴女募集?雨男と対決とかさせられるのかな(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR