ペルー・マチュピチュ遺跡①

2012/01/22 (4日目)

8:30 ホテルを出発し、歩いてすぐの乗り合いバス乗り場からバスで遺跡へ出発します。乗り合いバスと聞いて私が思い浮かべていたのは昭和の路線バスのようなものでしたが、きれいな中型の観光バスでした。ほどなくウルバンバ川を渡り、ハイラム・ビンガム・ロードを上ります。
下からは遺跡はもちろん、ジグザグの道も全く見えません。

乗り合いバスにてマチュピチュ遺跡へ


乗り合いバスはグングンと斜面に作られたハイラム・ビンガム・ロードをあがっていきます。あっという間にウルバンバ川も眼下の存在。道は舗装状態もあまりよくないし、カーブも急なので、私は酔いやすいのですが、期待でテンションあがっているのと、窓下の絶壁に気をとられ酔っている暇はありませんでした。

ハイラム・ビンガム・ロードからウルバンバ川を見下ろす


25分で、遺跡入り口前、マチュピチュ遺跡唯一のホテル、サンクチュアリロッジの前でバスを降ります。山の天気は変わりやすいと防寒と雨対策ばかり考えてきたのに、晴女発揮で、快晴です。

サンクチュアリ・ロッジ


左手は帰りのバス乗り場、正面建物にはトイレ(1ソル)。遺跡内にはトイレが全くありません。
左手の階段をあがって、ちょっと上に見えるのが中央の屋根が遺跡入場口です。チケットは1日券になり、再入場可能です。入場には、チケットとパスポートの提示が必要です。

遺跡入り口前


9:30 遺跡へ入場。遺跡内は順路がほぼ決まっていて好き勝手に歩き回れるわけではありません。午前中はガイドと一緒に皆と見学です。まずは、絶景ポイントへ向けて坂をあがります。歩き始めてすぐ、ヒートテックがうらめしく感じました。

貯蔵庫脇の道をあがる


最初の上りはかなりきつく、山登りのようです。森の中からやっと視界が開けたところが、第一の写真スポット。テレビや写真で何度も目にした光景が目の前に広がります。第一印象としては、コレコレという感じで、感動というよりは、やっとたどりついた安堵感だけだったような気がします。

マチュピチュ遺跡の最初の絶景ポイント


もう少し上へ移動し、見張り小屋の辺りが第二の写真スポット。遺跡を見下ろすことに夢中な観光客の背後にはマチュピチュ山と儀式の石。なにやら人工的に加工された大きな石だけがそこにあります。山に捧げ物でもするための台だったのでしょうか。

マチュピチュ山と儀式の石


こちらが見張り小屋。屋根が葺いてあって当時の様子そのままなの姿に復元されているのでしょうか。マチュピチュ一番のビューポイントでもあり、確かにここからは360度見晴らすことができるので、インカの時代にも見張りをするのに最適だったでしょうし、関所のような役割があったかもしれません。

見張り小屋


見張り小屋周辺からのマチュピチュ遺跡の全景。ワイナピチュ山を背景に遺跡全体が写真にすっぽり収まります。この高台は広いので、山ほど観光客がいて、どれだけ記念撮影に時間を費やしていても順番待ちすることなく、いくらでもこのような写真が撮れます。

見張り小屋周辺からのマチュピチュ遺跡全景


皆が存分に記念撮影をし終わってからガイドが遺跡の説明を始めました。そんな頃、空を見上げると不思議な虹が出ていました。

青空と虹


見張り小屋があるあたりは、段々畑(アンデネス)の上の方なのですが、段の間にはところどころ、階段がついています。今でも上ることができます。

インカの階段


絶景ポイントで十分な時間を費やした後、下へ降りて市街地の中へ入ります。最初の上りで疲れた年配の方は、えっ、あそこへ行くの?と寝ぼけたことを言っていました。有名な光景を目にしたので、もういいという事なのでしょうか。見学はこれからなのに。

眼下に広がる段々畑はかなり急な作りになっていてこれにはちょっとびっくりしました。

断崖に作られた段々畑


段々畑の間に作られた道を下っていくと、市街地入り口の門です。市街地はまるで城壁かと思うような石垣で囲われていて、中に入るための門はここ唯一つです。門にはかつては扉もあったようです。

市街地入り口の門


振り返ると、先ほど市街地を見下ろしていた見張り小屋と段々畑が市街地を見守るようにそこにありました。段々畑の第一の目的は山を固定するため、第二が食物を栽培するためだったそうです。雨の多いマチュピチュで土砂崩れから街を守る役割が一番だったのでしょう。

街を見守るマチュピチュ山と見張り小屋と段々畑アンデネス


見学コースにそって作業小屋などを見ながらどんどんと下りていきます。街が山の上に作られたということもあり、中央の広場を除けば起伏の激しい街だったようです。

作業小屋


こちらはインカ時代の人骨が見つかったことから墓地跡と呼ばれているところです。どうやらインカは生者と死者が一緒に生活するような文化を持っていたようでちょっとその生活は想像が難しいです。

墓地跡


マチュピチュ遺跡の旅レポートはまだまだ続きます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

素敵だなあ。。。

よくテレビとかで観てはいるけど。
ほんとうにこんな風になっていて
いたるところに石の。。
なんだろう物があるんですねえ。。

すばらしいなあ。。

マチュピチュ

いよいよ憧れの場所に到着ですね。
三日もかけて行ったのですから、感動したことでしょう。
私は日帰りでしたが、遺跡の近くで二泊されたのですね。
お陰でゆっくりとできたことでしょう。

あの写真の所に行くと感動しますが、
本当あれだけで私は充分だったような気がします。
この遺跡を見学すると高い所の苦手な人としては、
ちょっと怖くて近づけない所もありますからね。

でもお天気が良くて良かったですね。
レポートの後半楽しみです。

Re: No title

ちわわんさん

テレビでみるまんま、ですね。
石の階段や、道、建物の壁、緑もきれいで、遠めに見るには素晴らしい
遺跡です。もっとも、年代的には600年前とかだから、そんなに大昔の
文明ではないのですが。でも保存状態がよく、少しは当時の様子が想像
できますね♪

Re: マチュピチュ

takechan0312さん

それが、、、思っていたほどは感動できなかった自分自身にがっかりしたというか・・・。
やっぱりあまりに事前にテレビや写真を見すぎていて、そのまま過ぎたせいだと
思いますけど。

確かに高所恐怖症にはちょっと、という場所がありましたね。
雨季なので、雨を想像していたのに、お天気が良すぎて拍子抜け、後で
大変なことになりました。
続きもお楽しみに♪

No title

マチュピチュがとても身近に感じられました

不思議な虹もステキ

なんだか自分がその場にいるような…

続きを楽しみにしています

Re: No title

日本人にも最も有名な観光地ですよね。
それだけにテレビでも度々紹介されるので、私もなんだか初めて行った気が
しませんでした。写真も撮りすぎて選ぶのも大変。何回かにわけての
レポートになる予定です♪

No title

山の空気が清々しそう。
緑が美しいなぁ~
有名な写真のまんまですねぇ。
インカの人たちもこうして、街を一望したのかなぁ~

Re: No title

マチュピチュ遺跡の高度は2400mほどだし、とても気持ちよく
すごせましたね~
強い日差しを除けば。

目の前にあるのは写真じゃないのか?っていうくらい、まんまの
光景でした。見通しいいので、いいところに見張り小屋作りましたよね。

No title

こんばんは。

絶景ですが高い所苦手な人には
この高低差は恐怖を感じそうですな。

因みにこの標高差はどのくらいですか?

Re: No title

こんばんは!

マチュピチュ村があるのがウルバンバ川がある2000mくらいのところで
マチュピチュ遺跡は2400~2500くらいなので、ざっと400mってとこですかね。
順路では、割と端っこをあるくところもあって、なかなか怖いですが、かなりの
高所恐怖症の私でも耐えられる程度でしたよ♪

No title

今日今テレビで丁度マチュピチュも古代遺跡全部が
クフ王のピラミッドからずうっと地球上の
同じ一直線上にあって・・
って。人類にメッセージを送っているんだそうです。

けっこう真実味がありましたよお。

Re: No title

私も見ました!
直線が太かったのでちょっと笑えてしまったけど(笑)。
ただ紹介されていたあたりの遺跡では場所がいいのか
春分秋分などの観測ができていたところが多かったのは
事実ですよね。
直線状に並んでいるってのはさすがに偶然というより
こじつけだと思いますけどね♪

No title

ふふふ。まさか観られていたとは。。

面白かったですね。

また春分秋分があの古代遺跡でもあるっていうのが
面白いなあって。
知らないことばかりで。。

No title

ココは一生に一度は行ってみたいと
思っているところです!
レポート楽しく読ませて頂いてま~す!

aya1103さん

┏━━━━━━━━★┃
(。・∀・)ノ゛おはよーございます~

主人が見たら 涎が出そうな旅レポートです(^o^)v
どーしてもマチュピチュは行きたい!!
と言ってから何年経ったでしょう(*∀*)
ワタシも 是非行きたいと思います

次回のレポートも楽しみです♪               
  ┃★━━━━━━━━┛

Re: aya1103さん

皆様コメントありがとうございます♪


ちわわんさん

かなり昔から正確な太陽の観察ができていたのはおどろきですよね。
インカはそれほど古くはありませんけど、それでも太陽の動きから
いろんな生活や儀式の日取りを決めていたんでしょうね!


オレンジヘアーさん

是非にもご自身の足でこの場に立ってみてくださいね。今後は、遺跡保存の
目的で見学コースが制限されることもあり得そうですからお早め目に!


komamichiさん

どうしても行きたい!人はできるだけ早くいくことをオススメします!
そのうち入れる場所ももっと制限されるでしょうし、入場人数も制限されるような
気がします。そして、何より行くだけで体力気力が必要です。特に、チチカカ湖や
ナスカにも行きたければ相当ハードですよ~

No title

ayaさん こんにちは。

楽しい旅を一緒にしている気分で、見させて頂いております。
私も昨日のテレビ見ました~(笑)。
見ながらayaさんのブログ思い出していました(^^)。

マチュピチュ、見たいですね~体力か。。。
標高、高いですものね・・・。しかし素晴らしい遺跡ですね。

後半も楽しみにしています(*^^)。

Re: No title

こんにちは!

マチュピチュでは高山病の心配はまずないですよ。
問題は遠いってことと、途中通るクスコでの高山病ですかね。
絵になる遺跡なので、ぜひご自身での訪問を検討してみて下さいね♪
この遺跡の紹介はまだまだ数日にまたがりそうですので、お楽しみに!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR