FC2ブログ

ペルー・クスコ①

お待たせしました。ペルー旅行から帰国すると帰国便に乗っている間に義父が亡くなっていて、翌日疲れた体で片道7時間かかる帰省、葬儀をすませて先ほどやっと帰宅しました。ようやくゆっくりできます。それでは、ペルー旅行の旅レポートスタートです。

2012/01/19 (1日目)

今回は羽田空港から出発。深夜00:05発の全日空NH-1006ロサンゼルス行きでまずロスまで飛びます。飛行機の搭乗レポートは旅レポートの後にしますね。

16:35 ロサンゼルス到着後は、空港の目と鼻の先ラディソンホテル ロサンゼルス エアポート
にて一泊。

2012/01/20 (2日目)

11:50 ロサンゼルス発、LAN航空LA-601、リマ経由サンティアゴ行きで、リマまで移動。
23:45 リマ到着。ペルー入国に時間がかかると聞いてましたが、飛行機が空いていたからかスムーズに入国できました。

ターンテーブルの脇で両替。3箇所くらいあるけど、それぞれレートが違います。ペルーをツアーで周るなら米ドルが通用するというので、20$を両替。51.3ソル(1ソル約31円)。ちなみに、空港では日本円も両替できるけど、1000円が22ソル(1ソル約45円)、日本円からのレートが極端に悪いので要注意です(両替所によるかも知れないけど)。

00:10 やっとペルーに足をつけました。空港を出ると何とも言えない干物の匂いがしました。東南アジアの魚市場に行ったような匂いです。近くの港付近にある魚粉工場から風向きによって悪臭がリマを覆うそうです。

リマ空港


00:45 ホテル到着。ベストウェスタン エンバハドーレス。といっても、宿泊というよりは休憩。それでもパスポートはHTLへ預ける必要があります。シャワーのみ、ミニバーあり。シャワーをあびて、大きい荷物を持ち込めないマチュピチュ行きの為の2泊分の荷物を作ります。

ベストウェスタン エンバハドーレスの部屋


2012/01/21 (3日目)

4:00 寝る暇もないままホテルを出て再びリマの空港へ向かいます。
6:45 LA-2015 リマ発クスコ行き。南米の旅行は飛行機の乗り継ぎが多い上、早朝出発とか多くて本当にしんどいです。

8:25 クスコ着。空港が街の中にあるようで、飛行機を出たら、どこかで見たような景色に囲まれています。山肌に張り付くように立つ家々が特徴的な街です。

クスコ空港


標高3400mもあるクスコでは、空港のターンテーブルの脇でもう携帯酸素缶が売っています。私はやはり高度にものすごく敏感なようで、着く早々頭痛と体の重さを感じました。

クスコ空港では携帯酸素缶が売っている


クスコの空港はインターナショナルとか書いてありますが、日本から行く場合、結局のところ飛行機3本乗り継ぐのが普通です。ここで、JSG(菅野美穂さんの弾丸トラベラーのガイドさんでした)とミート。

クスコ空港


小さめのバスに乗り、予定を変更して5日目にするはずだったクスコ観光へ。まだ体内に酸素が残っているし、時間があるので先に観光してからマチュピチュへ向かうことになりました。
9:15 サントドミンゴ教会(コリカンチャ/太陽の神殿)前でバスを下車。

サントドミンゴ教会(コリカンチャ/太陽の神殿)


バスを降りて、教会へあがっていく途中、道路につまずいて靴のゴム底がべろんと取れてしまいました。靴紐で応急手当をします・・・。なんだか幸先悪いです。
サントドミンゴ教会は入場見学。現在は教会&修道院なので、入るとヨーロッパ調の建築と中庭が姿を見せます。

サントドミンゴ教会中庭


ここは元はインカの黄金の太陽の神殿があったところで、土台だけ残し取り壊され、後に教会が建てられました。中庭を囲む回廊に、古いインカ時代の石組みなどが残されていて、インカの巧みな石の細工を見ることができます。写真は使用された最も小さな石、が組み込まれていますが、一緒に写したボールペンと比べてもその小ささ、回りの石との接合の見事さがわかるでしょうか。

組み込まれた最も小さな石


こちらは3つの窓が同じ高さに作られている壁です。インカでは3と言う数にこだわりがあります。カイパチャ(地上の現世界)、ウクパチャ(地下の世界)、ハナンパチャ(天上世界)という3つの世界観を表しているようです。

3つの窓が重なる


インカ時代に作られた石組み建築は、地震にも強く、建物の内側に10度ほど傾斜しています。耐震設計がしっかりしていたからこそ、現代にまで姿をとどめているものが多いわけですね。

内側に傾斜したインカの時代の壁


インカ時代に加工された石がゴロゴロと置いてある場所があります。どうやって作った?という形のものばかり。見事な細工ですが途方もない時間をかけているんでしょうね。

見事に加工された石


教会のテラスのようなところから見たクスコ市内の眺めです。だんだん頭痛が増し、立って説明を聞くのがしんどいくらい体に負担がかかってきました。後半の太陽の神殿、月の神殿といった部屋の見学は説明も上の空、座り込んだり、という状況でした。

サントドミンゴ教会から見たクスコ市内


小さな庭で、長細いトランペット型の花にハチドリが来ていました。高速で羽ばたき、ホバリングする鳥です。このときみたのは青いきれいなハチドリで、写真中央やや右、上から1/4くらいのところにいるのですが、はばたきが高速なので、写真に収めるのが大変です。そして飛ぶのも早いのでホバリングしている時以外は目で追うのも大変でした。

きれいな花によってくるハチドリ


11:00バスに戻り、アルマス広場へ移動します(歩いても近いはずですが・・・)。
次回もクスコ観光の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

心よりお義父様のご冥福をお祈りいたします。

唯でさえ長時間の旅行だったのに、本当にお疲れ様でした。
インカ時代の壁はものすごく興味があるので嬉しい。
こんなに小さな・・言葉もでない。
接着しているとしか思えません。

無理しないようにね。

Re: No title

ご丁寧にありがとうございます。
皆覚悟していただけに、こっそり旅行に行ってたことがバレないよう
ヒヤヒヤしました・・・。

インカの石組みは剃刀の刃もはいらないくらいとよくいわれますが
神殿などの建物では、その通り、紙一枚入る隙間がなかったです。
たいした道具もないのに、時間と労力は問題じゃなかったのでしょうね。

No title

aya1103さん、こんばんは。

大変でしたね。
お義父様のご冥福をお祈り申し上げます。
お疲れを癒してくださいね。

自分では行ったことのない知らない外国の土地。
きれいな写真に魅せられております。

aya1103さんさん、体調を崩されませんように。

ゆっくりされてくださいね^^

Re: No title

ありがとうございます!
長ーい新幹線の中でブログの準備はしたので、更新したら
ほっとしました。明日は起きるまで寝ます!!
(寝すぎで頭痛くなっちゃうかも・・・)

No title

ayaさん おかえりなさい。

お義父様、残念でしたね・・・ご冥福をお祈りいたします。

お葬式に間に合って良かったです。

「こっそり旅行に行ってたことがバレないよう ヒヤヒヤしました・・・。」
こんな時になんなんですが・・・その気持ちよ~く分かります。

高山病を心配しておりましたが、無事に帰国できて良かったです。
読んでいても、かなりハードな旅で大変なんだろうな~って感じました。
セスナにも乗れたみたいで良かったですね。
旅レポートの続きを楽しみにしています。

まずは体力を回復させて下さいね!

帰国されて

帰国されたばかりで義父さまの葬儀と大変でしたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ペルーは私の思い出の国のひとつです。
日本人の方がとっても好きな国のひとつですが、
遠いので移動だけで2つか以上掛かるわけですね。
体力が必要だと思います。

しかしすぐに観光とは日本のツアーは弾丸ですね。
個人で行けばクスコで数泊してお天気の良い日に、
マチュピチュに行くこともできますが、、、。

このあとはもちろんペルー観光のハイライトですよね。
楽しみにしております。

Re: No title

T・Kさん

ありがとうございます!
ここからどんどんハードになりますよ~
でもその価値ありますね!

自分のベットで寝たらすっかり回復しました~♪

Re: 帰国されて

takechan0312さん

ありがとうございます。

マチュピチュは行きたい場所No.1にいつもあがる場所ですものね。
簡単に行けないという点も、行きたい度を増す理由なのかもしれません。
私は、内心、クスコの観光なんてどうでもいいから、さっさと標高の低い
マチュピチュへ向かおうよ~という気持ちでした。
それでもクスコやチチカカ湖は別として、また行きたいともお思いました♪

No title

大変だったのですね。
お義父さまのご冥福をお祈りいたします。

冬の寒い日のお葬式は
お見送りされる方々も大変でしたでしょうね。

お体をお大事にしてくださいませな。
今インフルエンザが流行っておりますよ~

ゆっくり楽しみに見させていただきますから。

Re: No title

寒い時期に亡くなる身内が多いので寒いお葬式は慣れっこですけどね。
でも、疲れからか風邪ひいたかも・・・

旅レポートはおいおいゆっくりやりまーす。
写真のチョイスが大変です(笑)


お疲れさまでした。

こんばんは。
スケジュールを見ただけで、これで高山病に襲われなかったら超人!と思いました。もっとゆっくり移動する旅があると良いですね。
大分前にアメリカのPBSのドキュメンタリーでインカの石細工の研究をしている学者を特集したものが有りました:その時点では石細工をこれだけ精密に出来たのは何故か、という疑問への答えは推測だけで確定的な答えは出ませんでした。見る度に、感心すると同時に、一体どんな方法で?って考えざるを得ません!
これからのレポート、楽しみにしています。

お義父さまのご冥福をお祈り致します。

Re: お疲れさまでした。

こんばんは!
これでも少しはスケジュールがゆったりめのツアーを選んだんですけど、でも
きつかったですね。いえ、辛かったのは後半ですけど・・・。

インカの石には驚かされますね。たかが石なんですが、何もひとつの石をこんな
形にする必要があるのか?というものがたくさんありました。
時間と労力だけは豊富だったんだろうなとわかりますが、どうやって?の謎は
簡単には解けそうにないですね!

ついに行かれたのですね。

大変な旅の後、お義父様が亡くなられたのですね。
お義父様のご冥福をお祈り申し上げます。

お疲れなのにアップありがとうございます。
ついにマチュピチュに行かれたのですね。
ツイッターでフォローしていたのなら、書き込めばよかった。

私の次回が最後の渡米。。。。ここに行きたいけど。
まだ決断できません。
高山病が怖いんで・・ついでにパニック症もでそうですが、この機会を逃したら一生みれないかな?
更新楽しみにしていますが、まずは体を休めてくださいね。


Re: ついに行かれたのですね。

疲れより風邪うつされちゃったみたいで、ちょっとしんどいですが
旅レポートはライフワークになりつつあり、更新しないと安心して
休めません(笑)

ところで、マチュピチュですけど、ここはやっぱり行っておくべき
場所でした。高山病ですが、チチカカ湖に行かなければ、クスコは
素通りするという手もあります!マチュピチュオンリーでもいく価値
あると思いますよ!!(それでも遠いけど・・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

お返事遅くなりました。
マチュピチュへの移動のときの二泊分の荷物は、普段機内に手荷物で持ち込んでいる
バックを使っています。スポーツ用のボストンバックみたいなものかな?
列車内で置く場所がないので、小さいスーツケースとか、固い素材のバックは向かないと
思いますよ。
持っていった食料は、カップ麺(ミニサイズ)にアルファ米の乾燥おにぎり、もしものときの
お粥。ですが、クスコで頭痛がひどくて外に出られなかったときのみ、これらが役立ちました。
飴は高山病対策になるかわかりませんが持っていくといいでしょうかね。
現地で仕入れられますけどね。
また何かあればお気軽に聞いてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR